So-net無料ブログ作成

はつゆき [ファンタジー]

はつゆきさんと初めて逢ったのは、まだ小学生の頃だった。
遊び過ぎてすっかり暗くなった帰り道。
肌を切るような冷気に身を縮めて立ち止まると、どこからか声が聞こえた。
「早くお帰りなさい。雪が降るわよ」
見ると木の枝に、白いドレスの美しい女性が座っていた。
「雪なんか降るもんか。まだ11月だよ。出来るなら降らせてみろよ」
僕が言うと、女性はクスリと笑って、白い指を空にかざしてくるりと回した。
途端に、空から無数の雪が舞い落ちてきた。
灯りがともり始めた夕暮れの町が、あっという間に冬景色に変わった。
「わあ、雪だ!おねえさん、すごいね」
はしゃいで上に目をやると、木の枝には、もう誰もいなかった。

僕は彼女を「はつゆきさん」と呼んだ。
はつゆきさんは、初雪の季節になると必ず現れた。
ほんの一言、言葉を交わすだけだったけど、いつの間にか僕は彼女に恋をしていた。
1年に1度、わずかな時間を過ごすだけなのに、僕にとって彼女はかけがえのない存在になった。

僕は20歳になった。
今日あたり逢えるかもしれない。そんな予感がしていた。
イルミネーションが輝く街を抜け、いつもの場所に向かった。
寒さが足元からじわじわと伝わってくる。

はつゆきさんは、やはり来ていた。
木の枝で静かに微笑みながら僕を待っていた。
「今年も逢えたね」
はつゆきさんは嬉しそうに頷いて白い指を空にかざした。
「ちょっと待って!」
彼女が指をくるりと回す前に、僕は慌てて声をかけた。
「ねえ、ちょっとだけ話さない?こっちに降りてきなよ」

はつゆきさんは、少し戸惑った素振りをしながらも、枝を離れ、僕のとなりにふわりと舞い降りた。
子供の頃は、ずいぶんと大人に見えたはつゆきさんだが、今は可憐なか弱い少女に見える。
その細い肩に触れようと手を伸ばすと、彼女はひらりと身をかわした。
「触れてはだめ。溶けてしまうわ」
ああ、そうか。君は雪のように儚いんだね。

僕たちは少し離れてベンチに座った。
時々話して、時々笑って、風に踊る枯葉をながめた。
明日も逢う約束をして別れた。
その日、初雪は降らなかった。

それから僕たちは、毎日逢った。
天気予報に雪マークが付いても、「今日は初雪が降るでしょう」とお天気キャスターが自信満々に言っても、雪は降らなかった。

逢瀬を重ねるたび、はつゆきさんは少しずつ痩せていった。口数が少なくなりとうとう何も言わなくなった。
7日目、弱っていくはつゆきさんを見るのが辛くて、「もういいよ」と言った。
「引きとめてごめん。もう帰った方がいい」
はつゆきさんは、悲しい瞳をして僕をじっと見た。
そしてすっかり細くなった手を伸ばし、僕の手を握った。
冷たくて柔らかい、弱々しい手だった。
僕の体温が、はつゆきさんの方に流れていく。
「溶けちゃうよ。早く離して」
はつゆきさんは首を横に振り、僕にそっと寄り添った。
溶けてしまう…溶けてしまう…
わかっているのに、僕たちは離れることが出来なかった。
彼女の唇が、さようならと動いた気がした。
そしてはつゆきさんは、まるで気配も残さずに、跡形もなく消えてしまった。

はつゆきさんが消えた翌日、初雪が降った。
きっと、はつゆきさんの代わりの誰かがやって来て、雪を降らせたのだろう。
その姿は、僕には見えない。
恐らく、やがて彼女と恋に落ちる、どこかの少年にだけ見えるのだろう。

手のひらに雪をのせてみる。
小さくて儚い雪は、やはり静かに消えて行った。

う.jpg

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 14

みかん

はつゆきさん 消えちゃったんだ‥
彼女は自分のエネルギーを消耗してまでも
彼と逢いたかった という解釈でよかったでしょうか^^;
初恋は儚い まさしくこれを表現しているお話でした^^

by みかん (2013-11-18 20:50) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
不思議なファンタジー 
子供から大人になった二十歳になった7日間は二人にとって、かけがえのない時間だったのですね。
by SORI (2013-11-19 05:18) 

dan

はつゆきさんとの切ない初恋。
でも姿はなくても今あなたの手のひらにある雪は
彼女なんですよ。と教えてあげたい。
「わかっているよそんなこと」と僕に叱られそうですね。
私こういうの大好きです。
by dan (2013-11-19 10:57) 

さきしなのてるりん

おお、あなたの名前は初雪!
なぜ初雪なのって
せつなく言いたくなるなぁ。
by さきしなのてるりん (2013-11-19 20:42) 

春待ち りこ

おぉ。。。切ない恋のお話ですね。
消えてしまうのをわかっていながら
離れられない。。。なんて。。。
小学生の頃から、毎年毎年はぐくんできた想い
きっと。。。溶けたはつゆきさんは。。。
また空へと登り、新しい雪に生まれ変わって
毎年毎年。。。それこそ何度も何度も。。。
僕の肩に降り積もるに違いありません。
。。。ということにさせてください。(笑)

素敵な作品でした。
今回も楽しみました。いつもありがとっ♪
by 春待ち りこ (2013-11-20 00:17) 

海野久実

あれ?
昼間にコメント書いたのが投稿されてない???

なんて書いたっけか~?(笑)

SORIさんの感想の「不思議なファンタジー」と言うのがピンときました。
ファンタジーはそもそも不思議なものなんでしょうけど、なんとなくファンタジーとしてちょっと不思議な感覚を感じました。
何ででしょうね。
はつゆきさんの正体がぼやかしてあるからかな。
雪の精だとか、そう言う物だと言いきっていないでしょ。
ストーリー的にはおさまる所に収まっていますがなんか不思議な読後感がありました。
by 海野久実 (2013-11-20 21:44) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
そうなんです。消えちゃうとわかっていても離れたくなかった。
恋っていいですねえ~^^
ちょっと切ないけど。。。
by リンさん (2013-11-21 22:22) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
素敵で悲しい7日間でしたね。
どのみち、消えてしまう運命だったのかもしれません。
by リンさん (2013-11-21 22:30) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
姿はなくても、雪が彼女だなんて、ロマンチックです。
きっと雪が降るたびに、彼女を思い出すんでしょうね。
by リンさん (2013-11-21 22:32) 

リンさん

<さぎしなのてるりんさん>
ホントですね。
はつゆきさんからすれば、「おお、あなたはなぜ人間なの?」となるんでしょうね^^
by リンさん (2013-11-21 22:35) 

リンさん

<りこさん>
ありがとうございます。
はつゆきさんにとっては、命をかけた恋だったんですね。
新しい雪に生まれ変わる…いいですね。
希望が持てますね。
きっとそうなんでしょう。そうしましょう^^
by リンさん (2013-11-21 22:37) 

リンさん

<海野久実さん>
2回もコメント書かせてしまってごめんなさい^^
認証コードがついてから、私もたまにやってしまいます。

はつゆきさんの正体は、もちろん雪の精ですが、あえて書きませんでした。
不思議な雰囲気になって却ってよかったかもしれません。
ありがとうございました^^
by リンさん (2013-11-21 22:41) 

haru

はつゆき [ファンタジー]この作品もクリスマス企画に入れさせてくださいね。
これは、もぐらさんにピッタリだと思うんです。よろしくお願いします。
by haru (2013-11-22 05:51) 

リンさん

<haruさん>
ありがとうございます。
ぜひぜひお願いします。
楽しみにしていますね^^
by リンさん (2013-11-22 16:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0