So-net無料ブログ作成
検索選択

玉手箱の秘密 [名作パロディー]

竜宮城の乙姫は、永遠の若さを持っていました。
先祖代々伝わる不思議な箱が、あらゆる老いの現象を吸い取ってくれるのです。
乙姫は「老い」を箱に入れて蓋をして、封印しているのです。
しかし箱は、もうすぐ一杯になります。収納の限度を超えることは出来ないのです。
一度蓋を開けて、すべての「老い」を受け入れなければなりません。
そして箱を空にして、次の姫へと引き継ぐのです。
それは乙姫が箱を受け取ったときからの決まり事でした。覚悟しているとはいえ、乙姫は怖くて仕方がありません。
一瞬にして若さが奪われ、皺だらけの老人になってしまうのです。そしてその時期は、すぐそこまで近づいているのでした。

そんなとき、竜宮城にひとりの男がやってきました。
名前を、浦島太郎と申します。
乙姫は浦島に恋をしました。最高のもてなしをして彼を引きとめ、いつまでも一緒にいたいと思いました。

しかし浦島は帰ると言いました。
「郷のおっ母が心配だ。いったん帰って、また逢いに来るだ」
「わかりました。約束ですよ。絶対逢いに来てくださいね」
そう言いながら、乙姫は不安でした。
もしも浦島が逢いに来た時に、私がしわくちゃの老婆だったら、彼は私を愛してくれない。
そう思った乙姫は、箱を浦島に持って行ってもらおうと思ったのです。
彼が帰るときに箱を渡して、手の届かないところに運んでもらうのです。
箱がなければ開けられない。開けなければ一瞬で老婆になることはないのです。

「浦島さま、お土産の玉手箱でございます。ただし約束です。決して開けてはいけませんよ」
浦島は「わかりました」と箱を受け取り、自分の郷へ帰って行きました。
箱がなくなったので、乙姫は少しずつ年を重ねるようになりました。
だけど一瞬で老婆になるよりは、はるかにありがたいことです。
乙姫は鏡に姿を映しながら「大丈夫、まだ美しい」とつぶやき、浦島に逢う日を待ちました。

浦島が、絶望の果てに箱を開け、一瞬で老人になってしまったことなどつゆ知らず、今日も海のずっとずっと上の彼に想いを馳せているのです。
「ああ、浦島さん、早く来てくれないかしら」

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(11)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 12

SORI

リンさんさん こんばんは
浦島太郎には、このような話が隠されていたのですね。
ワンピースの玉手箱も楽しかったけれども、老いを吸い取ってくれる玉手箱もすばらしいファンタジーです
by SORI (2014-04-04 19:56) 

はる

なるほど、そんな事情が隠されていたのですか。
りんさん、このお話朗読した~い!
お願いします。(._.)ペコリ
by はる (2014-04-04 22:01) 

みかん

玉手箱にそんな秘密があったとは!
でも浦島太郎に持たせちゃダメよね~(笑)
by みかん (2014-04-05 21:22) 

かよ湖

玉手箱にはこんな秘密があったのですね。
昔話の浦島太郎と、ちゃんと違和感なくリンクしていて面白かったです。
年老いた浦島が竜宮城に戻って来ても、乙姫様は好きでい続けるのかな?ちょっと心配。。。
by かよ湖 (2014-04-06 01:03) 

海野久実

浦島太郎のお話ではあの玉手箱の存在が謎ですよね。
何のために太郎に渡したのか?
それの新解釈に果敢に挑みましたね。
なるほど、そう来ましたか。
でもまだ謎は残りますね(笑)
>箱がなければ開けられない。開けなければ一瞬で老婆になることはないのです
でも、次の乙姫様になる人に渡さないといけないんですよね。
渡さないとどうなるんでしょ。
ちょっと浅はかな考えのような。
浦島には「この箱をあなたがまた来るときに必ず開けずに持って来てください。そうでないと、もう二度とお会いは出来ません」とか言って帰らせればよかったように思うんです。
ただ手の届かないところに運ぶだけなら、カメさんにでも頼めばいいでしょうしね。

しかし、この玉手箱の謎をきっちり矛盾なく解明できる説を考えるのって面白いかも。

by 海野久実 (2014-04-06 17:13) 

dan

玉手箱ひとつでここまでお話を面白くしていくリンさんさすがです。
そうなんだ、と納得している私がいます。
それに自分の望みも叶えつつ、無心に浦島さんを待っている
乙姫さん可愛いね。
その愛しい人がおじいさんになってしまったのも知らずに。
by dan (2014-04-06 23:28) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
乙姫さまは何故、開けてはいけない物を土産にしたのか。
不思議だったんですよね。
本当は浦島太郎自身の時間が入っていたんですよね。
確かそうだったように記憶しています。
by リンさん (2014-04-07 21:07) 

リンさん

<はるさん>
ありがとうございます。
朗読ぜひぜひお願いします。
はるさんの声に合ってるかも^^
by リンさん (2014-04-07 21:08) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
そうだよね~
浦島さん、かわいそうだよね^^
by リンさん (2014-04-07 21:11) 

リンさん

<かよ湖さん>
ありがとうございます。
こんな裏話があったら面白いな~と思ったら書いてて楽しかったです。
ふたりで同じように年を重ねたいものですねよ^^
by リンさん (2014-04-07 21:13) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
そっか~^^
箱がなくなったら、次の姫は反乱起こしちゃいますね。
「持ってきてください」と言って渡すのがベストですね。
それで持って来たら、ふたりで煙を浴びて老人になる。
それがいちばん幸せな結末かも。。。
でも、お伽噺って意外と残酷なんですよね。
by リンさん (2014-04-07 21:17) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
こういうことばかり考えています(笑)
乙姫さん、可愛いですね。
実年齢は、何歳なのでしょうね^^
by リンさん (2014-04-07 21:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0