So-net無料ブログ作成
検索選択

ミス白雪姫 [名作パロディー]

白雪学園高等部では、毎年恒例の『ミス白雪姫コンテスト』を迎えようとしている。
目下2連覇の白雪姫子は、3年生の生徒会長。
美人で頭がよく、しかも理事長の孫娘であった。
「今年もわたくしがミスの座を射止めますわ」

姫子は鏡を見ながらいつも問いかける。
「この学園で、いちばん美しいのは誰かしら?」
「はい、もちろん姫子さんです」
鏡が答えるわけはなく、取り巻きの生徒会役員が代わりに答えるのである。

そんなある日、姫子が廊下を歩いていると、
「小雪ちゃん、めっちゃ可愛いよな」
「見つめられただけでメロメロだよ」
と話す男子学生に遭遇した。
「ちょっとあなたたち、小雪って誰ですの?」
「1-Eに編入してきた白浜小雪だよ。色が白くて目が大きくて、唇がふっくらで超カワイイ!」
これはうかうかしていられないと、姫子は1-Eの教室に向かった。

「ちょっと、白浜小雪さんってどなたかしら」
ざわめく教室で、ひときわ輝く美少女が立ち上がった。
「生徒会長どの。拙者が白浜小雪でござる。以後お見知りおきを」
小雪は、時代劇で日本語を学んでいる帰国子女であった。
「変わった方ね。まあいいわ。あなた、ミス白雪姫コンテストに出場する気はあって?」
「何でっか?白雪姫コンテストゆうのは」
小雪は、上方落語でも日本語を学んでいた。
「学園一の美女を決めるコンテストですわ」
「そんなもん出るかいな。興味あらへんわ」
「あらそう」
「だいたい女性をランク付けするなんざ、許せねえ。たとえお天道様が許しても、この白浜小雪が許さねえ」
「つくづく変わったお方」

姫子が背を向けると、クラス中の女子が呼び止めた。
「生徒会長、小雪ちゃんの言うことはもっともです。どうして女性だけをランク付けするんですか?」
「それなら男子もやりましょうよ。ミスタープリンスコンテストなんてどうですか?」
「あ、それいい。ミス白雪姫とミスタープリンスはカップルになって壇上でキスするの」
「キャー、それ素敵。やりましょう、生徒会長」

ミスタープリンス?
姫子は考えた。ミスタープリンスといえば、間違いなく2-Aの王子君だ。
王子君と壇上でキス?胸キュンの少女漫画みたいだ。
「やりましょう」

ということで、今年はミス白雪姫とミスタープリンスコンテストが行われることになった。
姫子は立候補。小雪は多くの推薦を受けて出場することになった。
「本場ベルギーのチョコレートよ。さあ召し上がれ。これを食べた方は、白雪姫子に投票なさってね」
姫子が着々と根回しをする中、小雪は何もしなかった。
相変わらず時代劇と上方落語で日本語を学ぶ毎日であった。

コンテスト当日、思った以上に小雪が優勢であることを知った姫子は、取り巻きたちに命令して、小雪を初等部の体育倉庫に閉じ込めた。
会場にいなければ棄権とみなされるからだ。
「てめえら、こんなことしてただで済むと思うなよ。叩き切ってやる!」
どんなに叫んでも、外から鍵をかけられて開けることが出来ない。

一方、ミスタープリンス間違いなしの王子君は、日課であるジョギングをしていた。
彼はサッカー部のエースなので、日々体を鍛えているのである。
初等部の前を走っていると、7人の小学生が体育倉庫の前で困っていた。
「君たちどうしたんだい?」
「あのね、この倉庫の中に誰かいるみたいなの。だけど鍵がなくて開けられないの」
「職員室にも鍵がないんだ。だからね、僕たち石で鍵を壊そうとしていたの」
「ふーん。南京錠か。よし、おにいさんが壊してあげよう。子供じゃ無理だよ」
王子君は大きな石を振り下ろして鍵を壊した。
中には、泣き疲れた小雪がマットの上で寝ていた。
「お姫様みたい」「めっちゃきれいな人」
「この人、1年の白浜さんだ。たしかコンテストに出ていたな」
王子君はようやく、コンテストのことを思い出した。そうだ、俺も出ていたんだ。

コンテスト会場では、投票が終わり、発表が始まった。
「ミスタープリンスは、圧倒的な得票数で、2-Aの王子君です」
「すみません。王子君はトレーニング中です。もうすぐきます」
姫子が「もう少し待ってあげて」と言ったものだから、しばらく中断となった。

「遅くなりました」
爽やかな笑顔で王子君が走ってきた。
その後ろにぴったりと寄り添う白浜小雪。手までつないでいる。
「あ、ちょうどよかった。改めて発表します。ミスタープリンスの王子君、そして、ミス白雪姫の小雪ちゃんです」
拍手喝采で迎えられたふたりに、姫子の怒りはマックスになった。
「何よ、遅れてきたくせに。無効だわ」
手を振りあげた瞬間、体育倉庫の鍵が落ちた。
すべての悪事がばれた姫子は、祖父である理事長に、こっぴどく叱られることになる。

「さあ、ミスとミスター、壇上でキスを」
「あっ、おれ、もうしちゃった」
「え?」
「寝顔があまりにも可愛かったから」
まさに王子様のキスで目覚めた白雪姫だ。

「白浜小雪さん、ひとことお願いします」
「ごっつあんです」
相撲でも日本語を学んでいる小雪であった。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(20)  コメント(14)  トラックバック(1) 

nice! 20

コメント 14

SORI

リンさんさん おはようございます。
展開が気になって物語を楽しく読ませていただきました。めでたしめでたし、はやっぱりいいですね。小雪ちゃんの時代劇と上方落語で学んだ日本語がインパクトがあって、これまたよかったです。
by SORI (2016-06-29 05:02) 

たまきち

弱肉強食の世の中でこれはまた 痛快至極です。ハッピぃエンドいいなぁ。
by たまきち (2016-06-29 08:10) 

雫石鉄也

面白かったです。軽快なコメディですね。
by 雫石鉄也 (2016-06-29 14:06) 

みかん

やっぱり意地悪しちゃうやつですよね~
あぁ 女って怖い(笑)
by みかん (2016-06-29 23:00) 

まるこ

こんばんは。
「現代」が舞台になっても
イジワルな女王様はやっぱり最後はギャフンと
言わされるんですね(笑)
スカッと出来てとても面白かったです!
そして小雪の見た目と話口調のギャップも笑いました(笑)
by まるこ (2016-06-29 23:18) 

はる

とっても面白かったです。
一気に読んでしまいました。
by はる (2016-06-30 19:57) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
小雪ちゃんは普通の美少女にする予定でしたが、面白くないので変えました^^
書いてて楽しかったです。
by リンさん (2016-07-01 17:29) 

リンさん

<たまきちさん>
ありがとうございます。
白雪姫と同じで、やっぱり最後はハッピーエンドですね^^
紹介いただきありがとうございます。
by リンさん (2016-07-01 17:30) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
コメディはやっぱり書いていて楽しいですね。
by リンさん (2016-07-01 17:31) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
そうですね~、女は怖い。
毒を盛らないだけいいですけどね^^
by リンさん (2016-07-01 17:32) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
白雪姫を現代に置き換えると、こんな感じ?
おとなしいだけのお姫様より楽しいですよね^^

by リンさん (2016-07-01 17:34) 

リンさん

<はるさん>
ありがとうございます。
私も楽しくなって一気に書きました^^
by リンさん (2016-07-01 17:35) 

海野久実

これはドタバタ喜劇ですね。
>手を振りあげた瞬間、体育倉庫の鍵が落ちた。
何だよそれは?
ダサイばれ方だな~と、普通の小説なら思うところですが、ドタバタ喜劇なら許せる感じ。
ばかばかしくて、面白い。

by 海野久実 (2016-07-02 16:19) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
そうなんです。
ドタバタだからこそ許される内容ですね(笑)
一応白雪姫の話に沿っています^^
by リンさん (2016-07-05 21:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1