So-net無料ブログ作成
検索選択

恋の松竹梅 [男と女ストーリー]

高木は、午後6時になると500円玉をにぎりしめて、弁当を買いに行く。
「幕の内の梅ですね」
高木が注文する前に、弁当屋の看板娘が言う。
毎日同じものを注文するから、すっかり覚えてしまっている。
「はい、485円です」
500円を渡すと、左手をそっと添えてお釣りを手のひらに乗せてくれる。
高木はいつもここでときめく。
笑顔が素敵で、キビキビ動く彼女に、高木はほのかな恋心を抱いている。

高木は漫画を描いて生計を立てている。
まったく有名ではないが、何とか食べていける収入はあった。
幕の内の梅は、高木にとってささやかな贅沢だった。

あるとき、「いらっしゃいませ」と元気に挨拶した彼女の顔がくもった。
「あら、ごめんなさい。幕の内の梅、売り切れちゃったの」
「え?ホント?」
「ええ、竹ならあるんだけど」
「じゃあ、今日は竹にするよ」
そう言って500円を出した高木だったが、幕の内の竹は590円だった。
「あ、足りない。家に帰って金持ってくるよ」
慌てて500円をひっこめた高木だったが、看板娘は竹を袋に入れて差し出した。
「500円でいいですよ。毎日来てくれてるから。あっ、パパとママには内緒ね」
そう言ってにっこり笑った彼女に、高木は大きな勘違いをした。
『もしかして、この子、オレのこと好きかも』
高木は夢心地で、少しだけ豪華な弁当を食べた。

いいことは続くもので、原稿を出版社に持っていくと、
「このまえの読み切り評判いいよ。連載にしようかって話が出てるんだ」
「本当ですか。やった!」
高木はすぐに思った。
きょうは、幕の内の松にしよう!

千円札を握りしめ、勇んで買いに行くと、弁当屋の前に高級な外車が停まっている。
すげーな。デラックス幕の内でも買いに来たのかな。
そう思っていると、看板娘のあの子がいつになく着飾って出てきた。
「お待たせしました」
よそ行きの声の彼女が、微笑みながら車に乗り込んだ。
弁当屋に不似合な外車が、スマートに走り出し、高木の横を通り過ぎた。
彼氏か…。そうだよな。あんなかわいい子に彼氏がいないわけがない。
うなだれながら高木は帰った。今夜はカップ麺でいいや。

それからしばらく、弁当屋へ行かなかった。
彼女のことがショックだったのもあったが、初めての連載が決まって、高木は急に忙しくなった。

高木は数週間後、久しぶりに弁当屋に行った。
「いらっしゃい。あら、久しぶりですね」
彼女の笑顔は、心なしか少し淋しげだった。
「梅ですね」
「いや、今日は、松にしようかな」
高木はそう言って、千円札を出した。
「毎日梅だと飽きるからさ、たまには贅沢しなきゃ」
彼女はクスッと笑いながら松の弁当を詰めた。
「はい、780円なので、220円のお釣りです」
いつものように手のひらに釣銭を乗せて、彼女はふっとため息をついた。
「松のお弁当も、毎日食べると飽きるものよ」
「?」

彼女は金持ちの御曹司に見初められて、つきあい始めた。
しかしデートの度に豪華なディナーやパーティ。
ブランドで身を固めたセレブの友人たち。会話は全く意味不明。
自分らしさを出せぬまま、彼女は御曹司と別れてしまったのだ。

そんなことはつゆ知らず、高木は松の弁当を食べながら思った。
「梅の方が好きかも」

高木は翌日、500円玉を握りしめ、弁当屋へ行った。
「いらっしゃいませ。今日は松竹梅どれにする?」
「梅にする。やっぱり俺には梅がいちばん合ってる気がする」
そう言って500円を差し出す高木に、なぜか不思議な安心感を覚える彼女であった。
「15円のお釣りです」
いつものように手のひらに釣銭を乗せて、彼女はふと思った。
「わたし、この人のこと、わりと好きかも」

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(15)  コメント(14)  トラックバック(1) 

nice! 15

コメント 14

雫石鉄也

うわあ。いいですね。かわいいですね。
私のような、おじさんから見ると、輝くばかりのお話です。
私、SFや大藪春彦やら西村寿行も好きですが、こんな話も大好きです。
なんか、みつはしちかこの「チッチとサリー」を想いだしました。
by 雫石鉄也 (2016-07-13 14:06) 

SORI

リンさんさん こんばんは
暖かいお弁当のように心温まる物語です。ほのかな思いが伝わってきました。
by SORI (2016-07-13 20:21) 

まるこ

こんばんは。

高木の思いが伝わるといいなーと
思いながら読んでました。
御曹司っていうのにも憧れるけれど、
でもやっぱり気を使わず、ありのままで
付き合える方が良いよね^^

by まるこ (2016-07-13 22:35) 

たまきち

平々凡々である庶民がセレブよりいいかもと思わせてくれる作品です。さいごにホッとしました。
by たまきち (2016-07-14 07:11) 

ぼんぼちぼちぼち

やっぱり身の丈に合った生活、相手が楽だしつまりはそれが一番幸せなんでやすよね。
by ぼんぼちぼちぼち (2016-07-14 15:04) 

dan

人間の本質を見極めるのは難しいですね。
この娘さんのそっと左手をそえて、手のひらに
おつりを渡してくれる....優しさが伝わってくる
わけですよ。
きっとお客さんみんなにそうしているのでしょう。
ほんわか気持のいいお話です。
by dan (2016-07-15 16:52) 

海野久実

コミカルでほのぼの可愛い恋のお話。
この二人が結ばれそうな予感だけ残して終わるのもいいですね。
ここまで幕の内弁当にこだわるなら、その弁当の内容にも触れてほしかった気がします。
松竹梅の差とか、それぞれのおかずの味とか。
そうすると、焼肉弁当とか、から揚げ弁当とかに行きがちなぼくが幕の内でも食べてみようかなと思うかもしれません。
小説にはそんな力もあるんではないかなあ。

by 海野久実 (2016-07-15 22:44) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
ずいぶん昔に、お弁当屋でアルバイトをしましたが、こういうことはありませんでした(笑)
若い人の、歯がゆい恋っていいですね^^

by リンさん (2016-07-16 15:14) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
温かいお弁当が売りの弁当屋で芽生えた恋だから、冷めずに続いてほしいですね^^
by リンさん (2016-07-16 15:15) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
そうですね。
玉の輿もいいけど、自分を殺してまで付き合うのは疲れますね。
by リンさん (2016-07-16 15:17) 

リンさん

<たまきちさん>
ありがとうございます。
豪華なディナーは、たまに食べるからいいんですよね。
いつも紹介ありがとうございます。
by リンさん (2016-07-16 15:18) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
そうですね。無理しても幸せにはなれません。
by リンさん (2016-07-16 15:19) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
お釣りを渡すとき、さりげなく左手を添えてくれる人、たまにいます。もし私が男で、その人が可愛かったら恋しちゃうだろうな~と思います。
ひとつの気遣いですね。
by リンさん (2016-07-16 15:21) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
このふたり、きっと上手くいくと思います。
彼の仕事も順風満帆だし。
お弁当の中身は、梅だとコロッケで、松だとエビフライかな?
ほとんど海苔弁しか食べないので、勉強不足でした^^;

by リンさん (2016-07-16 15:26) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1