So-net無料ブログ作成
検索選択

水を求めて [SF]

わたしたちウォーター族は、水がないと生きていけません。
皮膚が渇くと、干からびて死んでしまうのです。
わたしたちは、水の惑星で暮らしていました。
小さな星には、シンボルとなる「永遠の泉」があり、そこから絶え間なく湧き出る水が、わたしたちの体を常に潤していました。

ところが突然異変が起こり、泉は永遠ではなくなりました。
水の量が徐々に減り、ついには底が見えるほどになりました。
仲間はたくさん死にました。このままでは、絶滅してしまいます。

優れた技術者が、なんとか生き残れる方法を考えました。
それは、水に入ると体が小さくなるという薬です。
その薬を飲んだわたしたちは、少ない水でも生きられるようになったのです。
それでも水がすっかり枯れたら終わりです。
時間はありません。
生き残ったわたしたちは、わずかな水を容器に詰めて、新しい星を探す旅に出たのです。

水が豊富な星を見つけました。
地球という大きな星です。
たくさんの生物が暮らしています。
わたしたちはさっそく、水を求めてさまよいました。

「うみ」という巨大な水がありました。
しかしそれはしょっぱくて、わたしたちの体質に合いません。
「かわ」は流れが早くて危険です。
「みずうみ」は、しょっぱくなくて流れも穏やかだと聞き、そこへ行くことにしました。
ところが長旅の疲れと、持ってきた水が濁ってきたことによる体調不良で、みんな動くことができません。

あたりはもう真っ暗で、右も左もわかりません。
こんなところで死にたくありません。
「水の匂いがする」
仲間が言いました。
フェンスに囲まれた四角い堀の中に、たっぷりの水がありました。
「ぷーる」と呼ばれるものです。

わたしたちは、フェンスをよじ登り、ふらふらになりながら水の中に飛び込みました。
「ああ、生き返った」
薬によって体が小さくなったわたしたちにとって、「ぷーる」はとても広くて快適でした。
わたしたちは、「ぷーる」の中にぷかぷか浮きながら、空を見上げました。
なんてきれいな空でしょう。
たくさんの星がまたたき、ゆるやかな風が吹いています。
ずっとここにいたいと思いながら、わたしたちは久しぶりにゆっくり眠りました。

翌朝目覚めると、おおぜいの地球人が「ぷーる」のまわりを囲んでいます。
ああ、わたしたちは侵略者として、捕まってしまうのでしょうか。
しかし、地球人たちはなぜかとても楽しそうです。

「どうして学校のプールに金魚がいるんだ?」
「すげえ、おれ、金魚すくいやりたい」
「あたし、おうちで飼うわ」

どうやら、薬を飲んで小さくなったわたしたちは、「きんぎょ」という生物に似ているようです。
地球人たちはわたしたちを、きゃあきゃあ言いながらつかまえました。
子供のようですが、なかなかに狂暴です。
元の姿に戻るのは危険だと、誰もが思いました。

そしてわたしは今、地球人の家の中にいます。
きれいな水槽に入れられて、水草たちと一緒に静かに暮らしています。
「キンちゃん」なんて名前で呼ばれています。
水から出ない限り、元の姿に戻ることはありません。
わたしは「きんぎょ」ではないけれど、「きんぎょ」として生きるのもいいと思い始めています。
だってここにいれば、死んでしまう心配はありませんもの。

ところで、わたしの仲間、あなたのおうちにいないかしら?

1469433588425.jpg
うちの金魚たち。ま、まさか!

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(18)  コメント(12)  トラックバック(1) 

nice! 18

コメント 12

たまきち

りんさんのSF 
ユーモアがあるので 好きです。

金魚の宇宙人が話しかけてきたりしたら楽しいかも(^^♪なんて思いました。
私の家のたまは ニャーニャーいろいろうるさいので
人間の言葉でしゃべってみよ!とか思わず言ってしまいます。

でもそれはそれで うるさいかもしれないですね。

by たまきち (2016-07-25 18:59) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
金魚たちにまぎれて暮らす宇宙人たち、不幸な事件で地球人たちが絶滅する頃には大繁栄して元の姿に戻れるのかもしれません。
by SORI (2016-07-26 05:07) 

ぼんぼちぼちぼち

ラストの予測がまったくつかなくて面白かったでやす。
もとの姿は巨大なのでやすね。
バレないように うっかり跳ねて金魚鉢から飛び出さないように気をつけなくちゃ でやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2016-07-26 11:43) 

まるこ

どこに落ち着くんだろうと思いながら
読みましたが、ホッとしました^^
長く、ゆっくり、のんびりと暮らしてほしいなー^^
ワタシも前は金魚を飼っていたんですよ。
その頃にこの物語を読んでいたら
絶対に見る目が変わってました(笑)
by まるこ (2016-07-26 22:40) 

雫石鉄也

これではSFではなく、ファンタジーです。SFなら、読者を科学的に納得させる必要があります。この場合の科学は、実際の科学でなくてもOKです。作者が独自に考えた科学理論(でっちあげた)でもいいのです。
この作品の場合、オチでいきなり金魚といわれてもとうとつな印象を受けます。「水の惑星」で、そこの住民が、なぜ地球の金魚そっくりになったのか、科学的に納得させなければいけません。

by 雫石鉄也 (2016-07-27 14:59) 

リンさん

<たまきちさん>
ありがとうございます。
いつも紹介いただき、重ねてありがとうございます。
ネコのたまちゃん、いつかしゃべるといいですね(笑)
by リンさん (2016-07-30 12:17) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
地球人がいなくなった後、元の世界に戻るなんて面白いですね。
地球は水が豊富だから、生き延びることが出来るでしょうね^^
by リンさん (2016-07-30 12:19) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
うちの金魚、元気すぎて飛び出すことがあるんです。
もしかしたら…(笑)
by リンさん (2016-07-30 12:20) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
マメな人に飼われたら、水もきれいで安心ですね。
ずぼらな人なら夜中に元の姿に戻って、自分で水を替えるかもしれませんね。
by リンさん (2016-07-30 12:22) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
なるほど。やっぱりそうですか。
科学的なことになると、お手上げですが、自分で考えたものでもいいんですね。
それにしてもSFは難しいですね。
いつも勉強になります。
by リンさん (2016-07-30 12:25) 

海野久実

なんだか、スケールが大きいようでいて小さなお話ですね。
宇宙船で地球までやってくる科学力を持っていた生命体が、小学生が水槽の水を替えるのを忘れたら絶滅なんてことになったりして。
そのちぐはぐさがちょっと面白いかも。
by 海野久実 (2016-07-30 16:29) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
水がないと生きていけないところが、まず弱いですよね。
きっと半魚人みたいな民族なのかな。
いっそ魚になってしまった方が、生きやすいのかもしれません。
by リンさん (2016-08-04 19:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: