So-net無料ブログ作成
検索選択

おとぎ話(笑)17 [名作パロディー]

おむすびころりん

「どれ、お昼にするか」
おじいさんが弁当を広げると、おむすびがころころ転がって、穴に落ちてしまいました。
「まてまて」
追いかけたおじいさんも穴に落ちました。
「ねずみさんたち、わしのおむすびを知らんかね」
「ああ、そこに転がってるよ」
「だれも食べんのか?」
「だって消費期限過ぎてるし」
……コンビニおにぎりだったのか!



浦島太郎

乙姫から玉手箱をもらって竜宮城を後にした浦島太郎。
しかし戻ってみれば村はすっかり変わっていた。
浦島は役場に行き、自分の家を聞いてみた。
「すみません。私の家はどこでしょう」
「調べますので、マイナンバーカードを提示してください」
「なんですか、それ」
「マイナンバーカードがないと調べられません」
時代はすっかり変わり、もう生きているのも嫌になった浦島は、乙姫にもらった玉手箱をあけた。入っていたのは紙切れだった。
「なんだ、紙くずか」
そこには、12ケタの番号が…。



おやゆび姫

あたしは、おやゆび姫。
お花の中から生まれたの。
花びらの上にちょこんと座っているのよ。
可愛いでしょう。
ほら、みんながスマホをかざして、あたしを撮影してるわ。
あれ? ちがうの?
ポケモン探してるって? なにそれ。
あたしの方がずっとレアよ!



かぐや姫

かぐや姫が月に帰って、おばあさんは悲しくて仕方ありません。
「おじいさん、竹やぶに行って、また赤ん坊を連れてきておくれ」
そんなわけで、おじいさんは竹やぶに行きました。
数時間後、おじいさんはニコニコしながら帰ってきました。
「おかえり、おじいさん、赤ん坊は見つかったかい?」
「いや、そのかわり新しいポケモン3匹つかまえた」
じいさん、おまえもか!


*****
暑い、暑い
本格的な夏に、創作意欲が低迷しています。
こんなときは、おとぎ話シリーズがいちばん。
さて、ポケモンでも探しに行くか。
(暑いんじゃなかったの?)

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 8

コメント 12

ぼんぼちぼちぼち

世の中ポケモンで大騒動でやすね。
さすがリンさんさん、タイムリーo(◎o◎)o
by ぼんぼちぼちぼち (2016-07-30 14:12) 

海野久実

おむすびころりん

「どれ、お昼にするか」
おじいさんが弁当を広げると、おむすびが落ちころころ転がりはじめました。
「まてまて」
追いかけて行くおじいさん。
転がり続けるおむすび。
息切れしたおじいさんは追いかけるのをあきらめておむすびを見送りました。

三か月後。
「どれ、お昼にするか」
おじいさんが弁当を広げようとすると、カビだらけでかちこちになったおむすびが地球を一周して転がりながら戻ってきました。
「あ~あ、賞味期限切れちゃってるし」


浦島太郎

乙姫から玉手箱をもらって竜宮城から帰ってきた浦島太郎は送ってくれた亀にロープを付けて松の木に結わえました。
「ちょっと待ってておくれ」
住んでいた村はすっかり変わり果て、見知らぬ人ばかり。
「やっぱりそう来たか」
浦島太郎は近くで遊んでいた幼い女の子の前で玉手箱を開けました。
すると女の子は美しい娘に変身。
その娘に自分が体験した竜宮城の素晴らしさを話して聞かせました。
「海の底に帰って一緒に竜宮城に居候でもしようか?」
娘はうなずきました。
浦島太郎は子供の頃、浦島太郎のお話をよく聞かされて育ちました。
それが自分の事だと分かっていたのでした。


おやゆび姫

「あたしは、おやゆび姫。お花の中から生まれたの。みんなあたしを見て可愛い可愛いって言ってくれるわ」
「あたしは、ひとさしゆび姫。お花の中から生まれたの。おやゆび姫よりスマートで可愛いでしょう」
「あたしは、なかゆび姫」
「あたしは、こゆび姫」
「あたしは、くすりゆび姫」
こうやってみんな並ぶとおやゆび姫はずんぐりむっくりで、あまり可愛くありません。
花の王子様たちがそれぞれフィアンセを探しに来て、姫たちはみんな旅立って行きました。
おやゆび姫だけが売れ残ってしまいましたとさ。


かぐや姫

月に帰って来たもののかぐや姫は、おじいさんとおばあさんの事を思い出し、悲しくて仕方ありません。
そこに月の世界の従者がやって来て言いました。
「この近くの竹やぶの中の一本の竹からおじいさんとおばあさんが生まれましてございます」

-----------------------------------------------------------

ごぶさたしております。
そうですよねりんさん。
創作意欲減退。
前はなるべく無理してでも書こうとしていましたが、最近はきっぱり書かないと決めると気が楽になりました。
でもでも、こういうのは書いてて楽しくて、再び書きはじめるきっかけになってくれるかも。

by 海野久実 (2016-07-30 16:22) 

ふう

中でも浦島太郎が面白かったです。こういう発想ってスゴいですね。
by ふう (2016-07-30 16:28) 

SORI

リンさんさん こんにちは
消費期限に、マイナンバーに、ポケモンがおとぎ話に絡む時代になったのですね。
by SORI (2016-07-31 18:38) 

みかん

創作意欲が低迷しててもこのお話ですよ!
ぜんぜん低迷してませんって♪
やっぱり最後のじいさん おまえもか!で
吹き出してしまいました(笑)
by みかん (2016-07-31 19:57) 

まるこ

こんばんは。
現代の様子がうまくオチに使われていて
どれも楽しかったです。
ショートショートなお話で、こんなに
たくさんのユニークな物語を創られるって
ホント、凄いです!!


by まるこ (2016-08-01 22:32) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
新しい物好きなもので、よくわからないのにポケモン始めました。
やってみると楽しいです^^
by リンさん (2016-08-04 19:44) 

リンさん

<海野久実さん>
またまた勿体ないほどのコメント、ありがとうございます。
浦島の話が、ちょっと素敵なラブストーリーになって、いいですね~。海野さんらしいです。
私もこのシリーズは、ときどき無性に書きたくなります。

by リンさん (2016-08-04 19:47) 

リンさん

<ふうさん>
ありがとうございます。
もともとパロディがきっかけで始めたブログなんです。
こういうのは楽しいですよ。
by リンさん (2016-08-04 19:49) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
おとぎの国の住人達も、行きずらい世の中になりましたね(笑)
by リンさん (2016-08-04 19:51) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
梅雨が明けて一気に暑くなりましたね。
冷房の効いた涼しいところで書きたいですね~
コメダ珈琲とか行きたいな~
by リンさん (2016-08-04 19:53) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
このシリーズも17になりました。
こういうのを考えているとき、ホントに楽しいんですよ。
by リンさん (2016-08-04 19:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0