So-net無料ブログ作成
検索選択

12月の結婚

どうも、カレンダーです。
残すところ、あと3枚になりました。
スリムになって嬉しいですが、あと3ケ月でお払い箱だと思うと、やはり寂しさを隠せません。

ところで私は、日付の下にスペースがある、いわゆる書き込み式です。
持ち主の女性A子さんは、1月1日に私をリビングにかざってくれました。
そして書き込みました。

『12月23日/結婚』

12月23日は天皇誕生日ですが、A子さんの誕生日でもあります。
30歳の誕生日。
この日までに結婚したいという願望でしょうか。

しかしA子さんに彼氏の影は微塵もありません。
毎日判を押したように同じ生活です。
朝7時50分に家を出て仕事に行き、夕方6時半に帰ってきます。
帰ってからは、録画した海外ドラマを見て過ごします。
もう10月なのに、デートのひとつもしていません。
12月の結婚は……はっきり言って無理じゃね?

A子さんに、焦る様子はまるでありません。
せめて合コンの予定くらい入れましょうよ。
そうこうしているうちに、ハロウィンも終わりです。
仮装パーティーもなしです。
そろそろ婚活でもしたらどうですか?
12月の結婚は……本当に無理じゃね?

11月になっても、A子さんの生活は変わりません。
真面目に仕事をして、まっすぐ家に帰り、土日もデートしている様子はありません。
相変わらず海外ドラマ漬けの日々です。
最近は、それに加えて英会話の勉強を始めました。
結婚よりもスキルを上げて、キャリアウーマンを目指すことにしたのでしょうか。
それとも海外ドラマ好きが高じて、旅行にでも行くのでしょうか。
いずれにしても、12月の結婚は……完全に無理じゃね?

いよいよ12月になりました。
私もついに残り1枚です。
A子さんは、小さなクリスマスツリーを飾りました。
最近は英会話に加え、料理の本を読んでいます。
まだ諦めていないのでしょうか。しぶとい人ですね。
しつこいようですが再び言います。12月の結婚は無理じゃね?

12月23日がやってきました。
A子さんは、ちょっとだけおしゃれをしていますが、出かける様子はありません。
誕生日くらい、せめておしゃれをしたい女心は、わからないではありません。
私が人間の女子だったら、女子会を開いて差し上げますのに。
「大丈夫だよぉ。30歳なんて若いよぉ。急いで結婚することないよぉ」
と慰めて差し上げるのに。
ああそれよりも、私が人間の男子だったら、迷わずあなたを選びます。

夕方、突然ひとりの男が訪ねてきました。
バラの花束とケーキを抱えています。
A子さんは、笑顔で彼を迎えました。
「待っていてくれたんだね」
「あんなに熱烈な年賀状をもらったのは初めてよ」
だ…誰ですか?

彼は、A子さんが10年前に別れた彼でした。
ふたりは同じ大学で、とても素敵な恋をしていましたが、彼が研究のためにアメリカに渡ることになりました。
彼について行くには、A子さんは若すぎました。
彼もまた、A子さんを縛ることは出来ずに別れを決意しました。
彼は、アメリカに旅立つときにA子さんに言いました。
「30歳を過ぎても、お互いにひとりだったら、そのときは結婚しよう」

もちろんA子さんは、その言葉を鵜呑みにしたわけではありません。
だけど心のどこかで待っていたのです。だからA子さんは、学生時代からずっと同じアパートに住んでいます。
そこへ今年の元旦、アメリカから年賀状が届いたのです。
『この住所にはがきが届くということは、きみはまだひとりでいるということかな』
そんなふうに始まったはがきには、熱烈な想いが綴ってありました。
彼もまた、A子さんを忘れられずにいたのです。
「誕生日に逢いに行く」という言葉は、すなわちプロポーズです。
A子さんは、すぐさま私をめくり、12月に『結婚』の文字を書き込んだのでした。

ふたりは、楽しいクリスマスを過ごし、互いの親に挨拶をしました。
A子さんはもうすぐアメリカへと旅立ちます。
残念ですが、私はA子さんの幸せを見届けることは出来ません。
最後にひとこと、言わせてください。
よかったじゃん。幸せになれよ!

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(11)  コメント(12)  トラックバック(1) 

nice! 11

コメント 12

みかん

読みながら先が気になって仕方ないお話でした♪
カレンダーが見守ってくれてるなんてビックリ!
無理じゃね? ツボでした~(*^。^*)
by みかん (2016-10-06 19:47) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
カレンダーさんのつぶやきがすばらしいです。特に冒頭の始まりが最高でした。カレンダーさんも気がつかなかった素敵な恋だったのですね。
by SORI (2016-10-07 06:25) 

海野久実

例のフェブラリーちゃんとかが出て来るシリーズの総決算かと思いきや。
>無理じゃね?
のくり返しがおかしくて、ちょっとしたオチを想像していたのが何と素敵な結末が。

しかし、お話を書く人間の悪い所。
彼女の誕生日に自分の嫁さんを紹介する無神経な男を想像してしまって、どうかそうならないでくれ~、と思いながら読み終わりました。
めでたしめでたし。

左手のマウスでポチポチ


by 海野久実 (2016-10-07 10:30) 

dan

話の内容はありふれた恋物語なのに、それをカレンダーの目を
通して描いているのが、いかにもリンさんらしくて素晴らしいと
思いました。
ついカレンダーさんのひとり言に付き合ってしまう読者の姿が
リンさんには最初から当然のように見えているのでしょう。

by dan (2016-10-07 16:26) 

まるこ

こんばんは。

カレンダー視点が面白かったです。
どういうオチになるのか、ワクワクしながら
読みました。
10年経ってもお互いの気持ちが変わらないっていうも
ロマンチックで素敵です。
A子さんの幸せを見届けるのが出来ないっていう
カレンダーの思いにちょっぴしキュンとなって
しまいましたけれど^^
by まるこ (2016-10-07 23:07) 

雫石鉄也

私はよく「少し伏線をはった方がよかった」なんていいますが、この作品の場合、伏線がないのが良かったです。
まさか、12月23日に生身の彼氏がやってくるとは思いませんでした。
たいへんにすなおなストーリーでしたが、そのすなおさが良かったです。
by 雫石鉄也 (2016-10-10 13:29) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
きっとカレンダーさんも先が読めなくてヤキモキしていたでしょうね^^
by リンさん (2016-10-11 21:50) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
予定が何も書きこまれないと、カレンダーも寂しいのでは…というところから発想しました。
使い捨てだけど、1年間をちゃんと見ているかもしれません^^
by リンさん (2016-10-11 21:53) 

リンさん

<海野久実さん>
左手で…不自由なのにありがとうございます。
早く治って~

ああ、12月の結婚が、元カレの結婚だったというオチですね。
なるほど、それはそれで面白いけど、A子ちゃんが可哀想なので、やっぱりハッピーエンドがいいですね^^
by リンさん (2016-10-11 22:13) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
カレンダーって、1年限りの付き合いだけど、その人の予定をいちばん知っているんですよね。
なんだか面白いですね^^
by リンさん (2016-10-11 22:33) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
お互いに好きなのに別れてしまうと、想いは残ってしまうんですね。
さっさと次に行く人も、もちろん多いと思いますけどね(笑)
by リンさん (2016-10-11 22:36) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
最初は、結婚の日にちだけ決めて、色々奮闘する女性を書こうと思ったんですが、途中でこちらの話に変えました。
のんびりしすぎてカレンダーがヤキモキするのが面白いかな、と思ったんです。
うまくまとまってよかったです^^
by リンさん (2016-10-11 22:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: