So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆきおんなのはなし [名作パロディー]

あら、お客さん?
こまったねえ。もう民宿はやってないのよ。
2年前に夫を亡くしてね、私ひとりじゃどうにもならなくてねえ。
ちょっと先にペンションがあるから、そちらに連絡してあげましょうか。
どうしてもここに泊まりたいって?
あらそう。わかりました。
大したもてなしは出来ないけど、それでもよかったらどうぞ。

お客さん、寒くないですか?
こっちで火に当たりなさいよ。
「だいじょうぶ」
あらそう。
珍しいねえ。女の一人旅? しかもこんな雪山に。
顔色悪いけど、まさか自殺とか考えてないよね。
ダメだよ。生きたくても生きられない人だっているんだからね。

夕飯は? 食べないの? じゃあ、何かお話ししようか。
雪女の話とか、どう?
「ゆきおんな」
そう、雪女。夫がね、雪山で会ったのよ。もう40年も前の話だけどね。
怖かったらしいよ~。
つり上がった眼をして、氷みたいに冷たい息を吐いて、人間を凍らせるんだって。
だけどね、夫のことは殺さずに助けてくれたんだ。
どうしてだろうね。夫がイケメンだったからかね。ふふふ

夫はね、普段は無口だったけど、酔うとおしゃべりになってね、民宿の客にもよく雪女の話をしていたよ。
その話は雪女伝説なんて言われて、すっかり評判になってね、晩年はよく語り部なんかもしていたよ。
夫が話す雪女の話は、本当に怖かったよ。
何しろ自分の経験だからね、雪女の恐ろしさが手に取るようにわかったよ。

真っ白な顔に、目は血が滲んだような赤、長い髪をたらりと夫の首にからませて、地を這うような低い声で言ったそうだよ。

「わたしのことを、だれかにはなしたら、ころす」

そうそう。お客さん、よく知ってるね。夫の話聞いたことあるの?
上手いねえ。夫の後を継いで語り部やる?
夏の夜なんか、怪談話でひっぱりだこだよ。
「なつは、むり」
あはは、お客さん、暑いの苦手なの?
あれ、お客さんどうしたの? 泣いてるの?

「あのひと、しんだんだ」
あの人? 夫の事? お客さん、夫を知っているの?

「わたしが、ころしたかった」


にほんブログ村
nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 12

まるこ

リンさん、こんにちは!
“お客”の最後のセリフ。
この民宿に来たのも、偶然じゃなく
約束を破ったダンナさんに会いに
来たんですね。
そう思うとちょっとコワイのだけれど、
でも肝心のダンナさんがいなくてガッカリしてる感じが
クスッて笑えます。
ダンナさん、死に逃げ(笑)!!
by まるこ (2016-12-14 16:46) 

海野久実

まるこさんの「死に逃げ」うまい。
元のお話では雪山で父が殺されて息子が助かってその息子の所に雪女が姿を変えて嫁になるんですよね。
で、雪女の話をしてしまったけれど、子供が出来てたから殺さなかった。
雪女は身勝手ですよね。
自分の都合で、殺したり殺さなかったり。
この民宿の主人のところには雪女が嫁に来なかったんですね。

雪女のセリフが面白かったですね。
というか、奥さんとのやり取りが抱腹絶倒。
これってハリセンボンの二人が漫才でやると面白いかも。
by 海野久実 (2016-12-15 11:15) 

ひと休み

たしかに、やりとりが本当に絶妙。特に、
上手いねえ。語り部やる? 夏の夜なんかひっぱりだこだよ。
「夏は、むり」
のところ、笑い転げました。
ハリセンボンいいね。痩せてる方が雪女だね。
りんさんの文章、ほんとにむだがなくて、細かいところまで
計算されてる。すばらしい。すっかりファンです。
(ただ欲を言うと、オチが途中でばれてるので、もうひとつ意外性をかませたら完璧……という気もします。どうすればいいかわからないけど。)偉そうにごめんね(^^;)
by ひと休み (2016-12-18 15:53) 

SORI

リンさんさん こんばんは
しゃべったら殺すと言われていたのに、しゃべりまくったのですね。
確かに最後の言葉が出てしまうでしょうね。
by SORI (2016-12-18 20:40) 

雫石鉄也

う~む。みごとにだまされました。
私は、これ、奥さんが雪おんなだと思って読んでました。
お客が雪おんなだったんですね。
その雪おんな、雪おんなっぽくないセリフをしゃべらせると効果的でしたね。きのう終わった「真田丸」わたしも観てましたが、あんなかで、長澤まさみの、きり、戦国時代っぽいせりふなのが良かったです。
りんさんも三谷さんに負けちゃダメですよ。
by 雫石鉄也 (2016-12-19 14:21) 

海野久実

雫石さん。
それいただきました。
奥さんが雪女だったというオチででっち上げました(笑)

「吹雪の客」です。
http://marinegumi.exblog.jp/23486057/

よろしく〜
by 海野久実 (2016-12-19 17:37) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
雪女は年を取らないので、40年も経ったと思っていないんですね。
逢いに来たら、もう亡くなっていた。
しかもさんざん約束破って。
本当に「死に逃げ」ですね。ナイスです!

by リンさん (2016-12-19 23:22) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
雪女は、どうして若者を殺さなかったんでしょうね。
やっぱり好みのタイプだったのかな(笑)

ハリセンボン、いいですね。
はるかの雪女、似合いすぎです^^
by リンさん (2016-12-19 23:26) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
ファンだなんて言っていただけて、木に登ってしまいそうです(笑)
今回は、客が雪女だとバレてもいいと思って書きましたが、最後で「そうだったのか」というオチもいいですね。
難しいですけど^^;
by リンさん (2016-12-19 23:33) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
しゃべりまくってしまいましたね~
語り部まで(笑)
だけど雪女は、結局殺さないかもしれません。

by リンさん (2016-12-19 23:37) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
雪女のセリフは、最初普通の言葉だったのですが、あとから全部ひらがなに直したんです。
普通の方がよかったでしょうか。

真田丸のきりちゃん、私も好きでした。
きりちゃんが出ることで、あのドラマの面白さが倍増していましたね。三谷さん、すごいです。
by リンさん (2016-12-19 23:43) 

リンさん

<海野久実さん>
わあ、ありがとうございます。
早速読みに行きます。
by リンさん (2016-12-19 23:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0