So-net無料ブログ作成
検索選択

ジョンの代わり

大好きだったジョンが死んだのは、寒い冬の夜だった。
僕はまだ9歳で、妹は7歳だった。

その夜は、何となく別れの予感がしたのだろう。
僕たち家族は、深夜を過ぎても誰も眠ろうとしなかった。
いつもだったら「早く寝なさい」という母も、眠い目をこすっている妹を抱きしめていた。
父はウイスキーを飲みながら、覚悟を決めたように何度か息を吐いた。
そしてジョンは、眠るように静かに逝った。
硬くなったジョンの感触は、今でも僕の胸に残っている。

その話をしたら、彼女は泣いてくれた。
「いい家族ね」と言ってくれた。
「ジョンは、何歳だったの?」
「たぶん、15歳くらいじゃないかな。僕が生まれたときはすでに家にいたんだ。僕と妹が背中に乗っても、ちっとも嫌がらないヤツでね」
「優しかったのね。でも、15歳なら長生きした方よ」
「そうかな。もっと生きて欲しかったよ」
「きっとジョンは幸せだったわね。いいご家族に見守られて」
「うん。そうだといいね」

「あなたがもうペットを飼いたくないという気持ちは、よくわかったわ」
「でもね」と、彼女は分厚いカバンから、パンフレットを取り出した。

「こちらの商品をご覧ください。最新のペットロボット『愛犬3号』です。毛並みも吠え方も肉球も、愛らしい目も、犬とまったく変わりません。その上エサはいらないし、排泄はしないし、なにより一生あなたの傍にいますよ」

いろんな種類のロボット犬が、パンフレットの中から僕を見ている。
「どうです? お安くしますよ」
「いや、でも」
「ジョンそっくりに造るオプションもありますよ。ちょっとお値段は高くなりますけどね。まあ、あまりこだわらないのであれば、こちらがお勧めです」

やり手のセールスレディは、もはや僕とジョンの想い出に興味はない。
僕は丁重にお断りして帰ってもらった。
彼女は、「泣いて損した」と言わんばかりに僕を睨んで帰って行った。
ちょっと美人だったけど、ペットの押し売りなんてごめんだよ。
そもそもジョンが犬だなんて、僕はひとことも言っていない。

大好きだった亀のジョンは、たった15年で死んでしまった。
一万年生きると信じていたのにさ。


にほんブログ村
nice!(12)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 14

海野久実

あ、これはいいですよ。
よく出来たショートショートです。
完全に最後の最後まで犬だと思い込んでいました。
気持ちいいほどやられました。
>彼女は泣いてくれた
の彼女が、最初は新婚の嫁さんだとばかり思っていました。
そこも意外な展開で、やられた感が増幅ですね。
ただ一言だけ言わせてもらうと、
カメにジョンなんて名前つけるなよ~(笑)

久しぶりに家のパソコンからのコメントです。

by 海野久実 (2017-01-24 23:37) 

まるこ

笑った!
でも私も「ジョン」って名前ですっかり騙された~。
思い込みってコワイわー(笑)

しかも「亀」って分かった途端
小さなミドリガメを想像してしまったけれど、
“背中に乗っても嫌がらない”って事は
海ガメくらい大きい亀さんだったのか!と
二重の驚きを頂きました(笑)
by まるこ (2017-01-25 09:20) 

ひと休み

おもしろかったです&ほっこりしみじみの読後感、でした。
初めに犬と書いてないので、ひょっとして犬じゃない?と思ったけど、「僕と妹が背中に乗っても」で、あ、やっぱり犬か、とだまされました。うまい。
「やり手のセールスレディは、もはや僕とジョンの想い出に興味はない。」という、結末部分への入り方はとくに秀逸。ぼくにはとてもこんな文は浮かびません.ρ(。 。、 ) ストーリー展開の妙だけでなく、文章力のすばらしさでいつもぐいぐい引き込まれます。
最後の一文も、ジョンを亀と設定したことの意味が生きていて(しかもこんなに平易な文で)ほんとに脱帽です。
by ひと休み (2017-01-25 11:11) 

雫石鉄也

海野さんのいうとおりです。
これは見事なショートショートです。
犬だと思わせておいて、××。
恋人か嫁さんだと思わせておいて、××。
見事な2重オチです。

それから、コメントなさるみなさんへ。コメントでオチをいってはいけません。
本文を読む前に、コメントを先に詠む人がいるかも知れません。せっかくのりんさんの傑作がだいなしになるおそれがありますよ。
by 雫石鉄也 (2017-01-25 13:55) 

dan

面白い。
ジョンって亀? 普通犬でしょう。それに背中に乗れるほど
大きい亀。
やられるやられると思いながら読んでいて、本当にやられて
痛快です。
by dan (2017-01-25 16:57) 

SORI

リンさんさん こんにちは
実家で最初に飼った犬の名前がジョンでした。だからジョンは犬だと思い込んでしまいました。もしかしたら猫かなとは思いましたが、亀さんだったとは! やられちゃいました。
下記の記事の最後にジョンが出てきます。
 http://makkurokurosk.blog.so-net.ne.jp/2015-03-28
by SORI (2017-01-26 13:06) 

リンさん

<海野久美さん>
ありがとうございます。
退院したんですね。よかったです^^

最初は、犬のままで行くつもりでした。
彼女が実は…というオチだけを考えていたんですが、途中で路線変更しました。
by リンさん (2017-01-28 10:51) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
ジョンって名前の犬は多いですよね。
なぜだろう? 私の知り合いの犬もジョンです。

このカメは、陸ガメで、お庭でお散歩とかできるんです。
友達の家で飼っていました。そこまで大きくなかったけど^^;
by リンさん (2017-01-28 10:53) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
最初は犬のつもりで書いていたので、このオチを思いついて犬という言葉を全部消して、「背中に乗る」というセリフを付け足しました。
上手く騙せてよかったです(笑)
by リンさん (2017-01-28 10:56) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
お気遣いありがとうございます。
私も以前、オチがわかるような画像を最後に乗せてしまって、
「画像が目に入ってオチがわかってしまった」
とコメントをいただいたことがあって、それから気を付けるようにしています。
by リンさん (2017-01-28 10:58) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
思い込みは怖いですね^^
そういう思い込みがあるから、こういうお話が書けて、私は「うひひ」といった感じです^^
by リンさん (2017-01-28 11:00) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
ジョン君の写真、拝見しました。
かっこよくてワイルドなワンちゃんですね。
SORIさん一家はワンちゃん好きなんですね。
みんな長生きで愛されているのが伝わります。
by リンさん (2017-01-28 11:02) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
ジョンの写真を見てもらえてうれしいです。
思い出がたくさんあります。
by SORI (2017-02-03 05:52) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
本当にカッコよかったです。
ムサシ君の足も、早く治りますように。
by リンさん (2017-02-04 21:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: