So-net無料ブログ作成
検索選択

暦の上では

「梅の花が咲いたよ」と、母からの電話。
「今年は早いねえ。だけどまあ、暦の上では春だからね」
「まだ2月だよ」
「立春過ぎたら春なのよ。暦の上ではね」
「ふうん」
「ところであんた、帰ってくる気はないの?」
いつもの会話。こっち(東京)で就職するって言ったはずなのに。
田舎が嫌で東京の大学を選んだのに、何が悲しくて地元で就職するんだよ。
電話を切って、スマホをベッドに放り投げた。

就職はまだ決まらない。だけど絶対帰らない。
こっちには付き合って2年の恋人もいる。
彼女は大学のゼミが一緒で、やはりまだ就職が決まっていない。
でもお互いにバイトをしているし、いざとなったら一緒に暮らしてもいい。
僕はあまり焦っていなかった。

ところが、母から電話があった数日後、彼女から突然別れを告げられた。
「ごめんね。私、札幌に帰ることになったの」
「え? どうして」
「地元で就職するの。実は、もう決まってる」
最初からそういう約束で東京の大学に通わせてもらったと、彼女は泣きながら何度も謝った。
「なかなか言い出せなくてごめんね。今までありがとう」

僕はワンルームの小汚いアパートで、ごろんと寝ころんだ。
シミのある天井を眺めながら、ここにいる意味を考えた。
就職は決まらない。彼女はいない。こっちに残る意味ってあるかな。

そんなとき、再び母から電話があった。
「梅の花が咲いたよ」
「この前聞いたよ」
「この前よりたくさん咲いたのよ。このところ暖かいでしょう。なにしろ…」
「はいはい、暦の上では春なんでしょ」
「その通り」
いつもは鬱陶しい会話が、なぜか優しく思えた。

「ねえ母さん、俺、帰ろうかな」
思わずぽろりとつぶやいた。
「あら、梅の花は東京でも咲いているでしょう。それに帰ってくるなら、もっと満開になってからの方がいいわよ」
母が望んでいる言葉を口にしたのに、軽くスルーされた。
2泊3日の帰郷とでも思ったのだろう。ちょっとウケる。
苦笑しながら電話を切った。

そんなわけで、僕は今日も面接に行く。
住宅街の片隅に、梅の木があった。
いつもは気にも留めないのに、立ち止まって花を数えてみた。
思ったより多くの花が咲いている。
「暦の上では春なんだな」
誰にともなくつぶやいて、背筋を伸ばす。
風はまだ冷たいけれど、僕は前を向いて歩き出した。


にほんブログ村
nice!(11)  コメント(11)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 11

ひと休み

いいですね!
ほっこりあたたまりました。
「帰ろうかな」のあと、お母さんにずれた返答をさせるのが心憎いです。
うまいオチもいいけど、ショートショートって本来、短い小説なんだよね、と思わせられます。

うん。もうしばらく東京でがんばってみるのもいいよね!
by ひと休み (2017-02-06 21:08) 

まるこ

リンさん、こんにちは!

このシーズン(卒業)ならではの
それぞれの道を歩みだす寂しさと同時に新しく何かが
始まる光の、両方が感じられた物語でした。
何だか私もこれからやってくる春に向けて
気持ちが前向きになれました。

何気ない母親の言葉っていいですよね。
あったかい。
by まるこ (2017-02-07 15:10) 

りんさんへ

父の体調がすぐれず、しばらくご無沙汰いたしておりました。

それで本日、りんさんのご尊父様のこ訃報を知りました。

遅ればせながら 心よりお悔やみを申し上げます。

りんさんの御作品の根底に流れる温かさを、私は好きです。

また改めてご訪問させていただきますね
by りんさんへ (2017-02-08 09:35) 

あべせつです

すみません
先程のコメントは私です。
アメブロの方は無記名でも名前が自動的に出るので
名前を入れるクセがついておりませんでした

今後は気をつけますね
by あべせつです (2017-02-08 09:49) 

dan

心やさしいこんなリンさんの作品も魅力的です。
はらはらどきどきもいいけれど個人的には
こういうのが好きです。
by dan (2017-02-08 17:55) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
予想外のとぼけた会話で、逆に元気になることってありますよね。
特に親子って、そういうところがあるように思います。
少し気が楽になって、面接も上手くいくといいですね。

by リンさん (2017-02-08 19:25) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
春は別れの季節でもありますけど、やっぱり前向きに頑張りたいですね。
こういうときは、深刻なことを言われるより、軽く笑えるほうがいいですね。
by リンさん (2017-02-08 19:27) 

リンさん

<あべせつさん>
お気遣いありがとうございます。
今日でちょうど1カ月が過ぎました。
まだバタバタしていていますが、ふとしたときに「いないんだな」と思ってしまいます。
せつさんも、お父様を大切にしてくださいね。

最初のコメント、名前がなくても何となくせつさんからだとわかりました。
by リンさん (2017-02-08 19:30) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
danさんに好きだと言われると、またこういう話を書きたくなります。まあ、こういう話ばかりだと、飽きられてしまうかもしれませんけどね^^

by リンさん (2017-02-08 19:35) 

海野久実

りんさんにしか書けないほっこりした世界。
僕が主人公だったら札幌で就職先を探すかなあ(笑)
あっけらかんと別れちゃう二人がちょっと悲しかったり。

TO-BE小説工房の最優秀、おめでとうございます。
公募ガイド買いに走らなくっちゃ。
by 海野久実 (2017-02-09 13:54) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
学生時代の恋は、意外とあっさり別れてしまうものかもしれません。

TO-BEの最優秀、嬉しかったです。
読んだら感想聞かせてください。

by リンさん (2017-02-09 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0