So-net無料ブログ作成

社長夫人と僕

社長夫人は、社長が不在の時を狙って会社に来る。僕に会うために。
今日は昼休みにやってきた。
「あら、あなたひとり?」
「社長は出張です(知ってるくせに)」
「まあ、愛妻弁当? ちょっとおかず少なくない?」
「放っておいてください」
「ねえ、今夜うちに来ない? あの人いないから」
「行きませんよ。嫁が待っているんで」
「朝昼晩、嫁の食事じゃ飽きるでしょ。たまには浮気しなさいよ」
弁当のプチトマトを、赤い口紅をたっぷり塗った口に放り込み、
「甘くないわね。安いトマトね」
「放っておいてください」

社長夫人は、ずっと社長の愛人だった。
2年前に本妻が亡くなって、正妻の座についたのが半年前だ。
社長と前妻との間に子供はなく、再婚に反対されることもなかったが、会社の中には、あまり快く思っていない社員もいた。
事務の中川さんが昼休みを終えて戻ってきた。
社長夫人が僕の隣に座っているのを見て、あからさまに嫌な顔をした。
中川さんは、社長の再婚を快く思っていないひとりだ。

「おじゃましました」
腰をくねらせて社長夫人が帰ると、中川さんは大きくため息をついた。
「狙われてるんじゃない? 浅田くん。誘惑された?」
「いえ、そういうんじゃないです」
「前の奥様は品のいい方だったのに、あのケバイ女が社長夫人だなんて、会社の恥ね」
中川さんは社長夫人の香りを消すように、窓を開けた。
ひんやりした風が入り込み、僕は少し身震いをした。
「浅田くん、社長夫人に気に入られるのもいいけど、誘いに乗ってクビにならないようにね」
「まさか」

僕はこの会社で経理の仕事をしている。
高卒だけど、会社の配慮で夜間の経理専門学校に通わせてもらった。
中川さんは、そんな僕を少しやっかんでいる。

数日後、社長夫人がまたやってきた。僕はコンビニで買ったパンを齧っていた。
「あら、今日は愛妻弁当じゃないの? ついに嫁に逃げられた?」
「ちがいます。ちょっと具合が悪いだけです」
「風邪?」
「いえ、つわりです」
「あらまあ、おめでたなの。やだ、早く言ってよ」
社長夫人が隣に座って、ささやくように顔を近づけてきた。
「じゃあ今晩うちに来ない? ほら、いろいろ不自由でしょ」
「不自由なんてしてませんよ」
「敬語やめなさいよ。ふたりきりなんだから」
社長夫人の指が僕の髪に触れたとき、中川さんが帰ってきた。
社長夫人は立ち上がり、「じゃあね」と手を振った。
中川さんは、軽蔑するように僕を見た。

社長夫人と僕が不倫をしていると噂が流れたのは、翌日のことだ。
僕と社長夫人が顔を近づけて親密そうに話す写真が、会社の掲示板に貼り出されていた。
おそらく中川さんの仕業だ。
「浅田くん、おとなしそうに見えてなかなかやるね」
「社長に特別扱いされて、いい気になってるんじゃね」
「浅田はクビだな」
うわさ話にうんざりしているところに、社長がきた。
「キミ、子供が出来たそうじゃないか。おめでとう」
ニコニコしながら僕の手を握った。
「困ったことがあったら言いなさい。家内も心配していたよ」
「ありがとうございます」

そんなやりとりを見ていた中川さんが、居ても立っても居られない様子で僕と社長の間に割って入った。
「社長、浅田くんは社長を裏切っているんですよ。奥様と不倫しています」
そう言って写真を見せた。
一瞬間を置いて、社長が大声で笑いだした。
「仲睦まじい写真じゃないか。不倫の訳ないだろう。妻と彼は親子なんだから」
「お、親子?」

そう。社長は母の愛人だった。
そういう関係に反発した時期もあったけど、金銭的な援助も受けたし、好待遇で社員にしてくれた。
何よりこの会社は、いずれ僕の物になる。
その日まで、せいぜい母と仲良くしてくださいよ、お義父さん。


にほんブログ村
nice!(11)  コメント(21)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 21

まるこ

(ネタバレコメントになってるかもしれないので
ご注意ください^^;)

リンさん、こんにちは!
ラストのオチ、面白かったです!
またまたリンさんに、ヤラレターって感じでした(笑)

浅田くん、腹黒いなー。
でもその強かさ、時には人生に必要かも(笑)
by まるこ (2017-02-15 11:27) 

あべせつです

りんさん! すごく面白かったです!

私はこういう「そう、来たか!!!」というお話が大好きなんです

そして、りんさんが、こうしたお色気ムンムンなストーリーを書かれることに驚きました。

勝手ながら、私はりんさんの御作品にいつも薫風や夕焼けや氷雨など自然界の香りを感じていたのですが、今回は何やらプワゾンのなまめかしい匂いを行間に感じました。

色々な作風を描かれる、りんさんはさすがだと思いました。

私の書くものは、いつも「淡々」とか「軽い」と言われます。

私も、りんさんのように行間から香り立つような文章が書けるようになりたいです

by あべせつです (2017-02-15 13:35) 

パッセンジャ

読めばシンプルで、別に奇想天外でもないオチなんですが、それだけに想像もせず思いもつかないものでした!
ちょっとブラックな浅田くんの顔も見えるようで、痛快な作品ですね。
社長夫人が社長の留守にくる、家に誘う理由もすっきり説明できて、申し分ありません!
りんさん、天才!


by パッセンジャ (2017-02-15 14:50) 

やられた!

まさかのオチでした。まじめそうな浅田君も……。
みごとにやられました。
せつさんのコメントどおり、りんさん、守備範囲広いですね!
ついでに、せつさんの“プワゾンのなまめかしい匂い”
……いいなぁ(笑)
by やられた! (2017-02-15 16:17) 

ひと休み

欄をまちがえました。
プワゾン好きコメントはひと休みでした(^^;)
by ひと休み (2017-02-15 16:19) 

海野久実

りんさんはバラエティーに富んだものが書けるんだなあ、と感心してしまいますよね。
これはなんというか、お色気コメディー?
面白いです。
意外な結末も良かったんですが、ちょっと一言。

一人称で、主人公がずっと『社長夫人』と書いているというのは、ちょっと不自然だし、読者に対してアンフェアかもしれませんね。
カン違いさせようという思いが見え見えで(笑)
これは三人称で書いた方がよかったかもしれません。
オチのある小説と言うのは、だましてやろうという作者と、それを見破ろうという読者の勝負なのかも。

by 海野久実 (2017-02-15 16:37) 

ぼんぼちぼちぼち

このオチは読めなかったでやす!
夢中で読み進んでしまいやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-02-15 21:02) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
関西に行っている間はネット環境の関係で訪問できませんでした。久しぶりに楽しい物語を読ませていただきました。最後まで親子とは思いつきませんでした。いいですね。
by SORI (2017-02-16 05:57) 

雫石鉄也

面白かったです。
見事なオチですね。
by 雫石鉄也 (2017-02-16 13:25) 

みかん

予想外! 親子はびっくりでしたね~

前回の最優秀賞のお話 読みました(*^_^*)
足がゾワゾワ~ってなりましたよぉ(笑)
by みかん (2017-02-16 21:52) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
浅田くんは実は腹黒かった(笑)
いちばん「しまった」と思ったのは中川さんですね^^
by リンさん (2017-02-17 20:22) 

リンさん

<あべせつさん>
ありがとうございます。
いつも褒めていただいて、恐縮しちゃいます^^
読んでくださる方に飽きられないように、いろんな話を書くように心がけています。

この社長夫人は、水商売をしながら息子を育てた設定です。
プアゾンの香り、ひと休みさんも気に入られたようですが、私も気に入ってます。
そんなふうに感じてもらえて嬉しいです。

by リンさん (2017-02-17 20:26) 

リンさん

<パッセンジャさん>
コメントありがとうございます。
社長夫人が、「奥さん」とか言わないで「嫁」と言っているところが、ちょっとヒントだったりします(笑)
楽しんでいただけてよかったです^^

by リンさん (2017-02-17 20:31) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
最初はコメディばかり書いていたんですが、いつか飽きられてしまうと思って、いろいろ書くようになりました。
オチで驚いてもらえると、頑張った甲斐があります^^
by リンさん (2017-02-17 20:34) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
浅田くんは、社長夫人との関係を社員たちに隠しているので、会社では「社長夫人」と呼ぶことにしていて、最後にはばれてしまったからもういいか…というつもりで書きました。

だけど言われてみればなるほどですね。
三人称は考えていなかったけど、そういう方法もありましたね。
ありがとうございます。
by リンさん (2017-02-17 20:39) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
楽しんでいただけて嬉しいです。
by リンさん (2017-02-17 20:40) 

リンさん

<SORIさん>
お忙しい中訪問いただき、ありがとうございます。
楽しんでいただけてよかったです。

by リンさん (2017-02-17 20:46) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
最初は、社長が父親という設定も考えましたが、こちらの方が浅田くんの内面が書きやすいので変えました。
by リンさん (2017-02-17 20:48) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
公募ガイド読んでくれたんですね~
嬉しいです。感想ありがとう^^
by リンさん (2017-02-17 20:49) 

dan

最優秀作品とてもよかったです。
目を閉じて物語の中にしばらくいたい感覚でした。
リンさんの得意な手法がちりばめられていて
心地よかったです。阿刀田先生の愛弟子になりつつありますね。
応援しています。


by dan (2017-02-17 21:56) 

リンさん

<danさん>
読んでくださったんですね。
ありがとうございます。
こんなうれしい感想いただけるなんて。
でも、阿刀田先生の愛弟子にはまだまだです。
日々精進です^^
by リンさん (2017-02-18 17:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0