So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚届・婚姻届 [男と女ストーリー]

バツイチ同士の再婚で、彼も私も子供がいないし、双方の親も他界している。
障害は何もない。彼はちょっと頼りないけど優しい人だ。
とりあえず一緒に暮らし始めて、あとは籍を入れるだけだった。

ところがここで問題が起きた。
彼の離婚届が、出されていなかったのだ。
つまり彼はまだ、離婚をしていない。

彼は元妻に電話をした。
「え? 出し忘れたって、どういうことだよ。もう5年も経っているんだぞ。いや、確認しなかった俺も悪いかもしれないけど、出し忘れって、なんだよ、それ」
不機嫌そうに電話を切った彼は、ため息混じりに「ごめん」と言った。
「だらしない奴なんだよ。私が出すって言いながら、忘れたんだって。しかもどこかへ失くしたらしい。本当にダメな奴なんだ。だから別れたんだけどね」
「それで、どうするの?」
「明日、うちに来るって。離婚届をその場で書いてもらうよ」
「そう」
「会うのが嫌だったら、君は出かけてもいいよ」
彼はそう言ったけれど、私が留守の間に元妻が来て、あちこち見られるのも嫌だ。
私は、二人の離婚届の署名に立ち会うことにした。

翌日、午後6時に来るはずの元妻は、30分を過ぎても来ない。
「ルーズな奴なんだよ。だから別れたんだ。仕事が忙しいとか言って朝飯も作らないし、掃除もいい加減だし」
彼の元妻に対する悪口は、どんどんエスカレートする。
いつだって仕事優先で、妻としての役割を果たさなかったとか、車の運転が荒いとか、自分よりも高収入なのを鼻にかけていたとか。
なんだか、聞けば聞くほど、彼が小さい男に見えてくる。

元妻は、6時40分を過ぎたころにやっと来た。
「ごめんなさい。遅れちゃって」
彼が言うほどだらしない印象はない。
上品なスーツを着て、薄化粧だけど美人だった。
彼女は私に気づくと、丁寧にお辞儀をした。
「忙しい時間にごめんなさいね。離婚届を書いたらすぐに帰りますから」
感じのいい人だった。

彼女の後ろから、小さな男の子がひょっこり顔を出した。
彼女は子供の頭を撫でながら言った。
「この子を保育園に迎えに行ってたから遅くなってしまったの」
「君の子供? 結婚したのか?」
彼が驚いて聞いた。
「結婚するわけないでしょう。離婚していないんだから。さあ、ごあいさつして」
母親に促され、子供が可愛い声で挨拶をした。
「はるきです。5歳です」
「5歳?」
彼が青ざめた。確かめるまでもなく、はるき君は彼にそっくりだ。

「別れた後で妊娠がわかったの。でもね、捨てないでくれってすがりつくあなたを追い出しておいて、妊娠したから帰ってきてなんて言えないじゃないの」
すがりついた? 彼が?
「出産準備やら仕事の調整やらで忙しくてね、離婚届出し忘れちゃったのよ」
彼女はそう言うと、素早く離婚届に名前を書いて印を押して帰った。
「じゃあ、あとはヨロシク」

離婚届を見つめながら、彼は明らかに動揺している。
「わざとじゃない?」と私は言った。
「彼女、わざと離婚届を出さなかったのよ。あなたが帰ってくると思って」
「そうかな…」
「追いかけたら」
私は、離婚届を丸めて捨てた。今度は私があなたを追い出す。

彼が元妻、いえ、妻の悪口を言い始めたときから、わずかな嫌悪感を拭いきれない。
それは放っておいたコーヒーのシミみたいに、消えることはないような気がする。
抽斗にしまった婚姻届けを出す日は、もう永遠に来ない。
溜息をつきながら捨てた。ゴミ箱の中で、離婚届と婚姻届がぶつかり合って弾けた。


にほんブログ村
nice!(13)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 14

海野久実

最後の4行を読む前に、これは元の妻が、友達と共謀して元の鞘に収まるように画策したんじゃないかと思ってしまいました。
でもそれではあまりに無理のある設定かなと思ってたんですが、いやいやそこはさすがりんさん。
見事な結末が待っていましたね。
女性の心理を巧みに織り込みながら、最後の場面、映像的にも面白い作品になっています。
by 海野久実 (2017-03-29 09:01) 

雫石鉄也

これは見事です。最後の4行の表現力、うまいです。
ナオキ賞よりもアクタガワ賞という感じです。
子供の存在が分かれた夫婦を元のサヤ納める。
桂ざこば師匠が得意とする落語で「子はかすがい」というのがあります。
あの落語をおもいおこしました。
by 雫石鉄也 (2017-03-29 14:08) 

ぼんぼちぼちぼち

この主人公の女性の気持ち すごく解かりやす。
こんな男、結婚する気持ちうせやすよね。
結婚しないですんで良かったでやすよ(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-29 20:20) 

dan

現代の夫婦模様ですね。
離婚が珍しくない昨今、こういうことありそうな気がします。
読後感がすっきりして女性たちがカッコいいですね。

by dan (2017-03-31 17:31) 

まるこ

リンさん、こんばんは。

わぁ、何か上手く言えないけれど、
ズシーンってくるものありますね。

てか、男がちょっとダメダメですね。
結婚していたら苦労してそうです^^;
by まるこ (2017-03-31 23:23) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
かつて愛した人の悪口を言うというのは、いずれ自分も言われるのではないか。
主人公は、きっとそう思ったのでしょうね。。

by リンさん (2017-04-01 10:35) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
最後のゴミ場の描写は、あとから付け足しました。
主人公の潔さが伝われと思いました。

by リンさん (2017-04-01 10:40) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
嫌悪感を抱くきっかけとしては、ありがちだと思いますが、子供が現れなければ結婚したかもしれませんね。
by リンさん (2017-04-01 10:47) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
この男性は、プライドを捨てて主夫になって、子育てを頑張ればいいと思います。
新しい夫婦の形ですね。
by リンさん (2017-04-01 10:49) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
男にしろ女にしろ、悪口や愚痴が多い人は嫌ですね。
別れて正解です。
by リンさん (2017-04-01 10:55) 

hitoyasumi-hiro

これはショートショートというより、掌編の小説ですね。
りんさん、こういうものも書くんですね。これまで読んできたものと随分違うので驚きました。
こういう男って多いですよね。自分も若いときはそうだったような気が…(笑)
女性らしい(まっとうな女性の)見方に、なるほど、と思いました。

by hitoyasumi-hiro (2017-04-02 16:48) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
ブログの場合は、書き始めてから結末を考えたりすることが多いです。
だからいろんな話が書けるのかもしれません。
私は強い女性を書くのが好きです。自分があまり強くないので^^

by リンさん (2017-04-05 16:01) 

あべせつ

この皮肉な結末のお話、私の大好きなテイストです(*^^*)

私は、おそらくこの前妻は、別れた夫には微塵も未練はないのでは?と思いました。

籍を抜かなかったのは、子供のためにだけで。

しかし、やはり、よりは戻すだろうなとも思います。

やはり小学校に上がる子供のために。

とりあえず、私も元カノの悪口を言う男はキライです(笑)
by あべせつ (2017-04-06 19:56) 

リンさん

<あべせつさん>
ありがとうございます。
そうそう。この妻は、夫を必要としていないでしょうね。
だけど育児は協力してほしいと、密かに思っていたのでしょう。
いい主夫になりそうです^^
by リンさん (2017-04-07 18:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: