So-net無料ブログ作成

桜が見える部屋 [公募]

南側の窓を開けると、桜の花びらがふわりと舞い込んできました。
川向こうの桜並木から、はるばる風に乗ってやってきたのでしょう。
小さな花びらは、しばらく空中で遊びながら、あなたの写真の上にちょこんと舞い降りました。
桜が好きだったあなたが、写真の中で笑っています。

一緒に暮らすことになったとき、あなたはいつになくはしゃいだ声で言いました。
「いい部屋を見つけたよ。窓から素晴らしい桜並木が見えるんだ」
年に一度の桜より、駅に近い方がいいと正直思いましたが、あなたがあまりに嬉しそうなのでこの部屋に決めました。
桜が見えるこの部屋で、あなたと生きると決めました。

あなたは居酒屋で働き、私は図書館で働いていました。
昼と夜、すれ違いの毎日でしたが、私が出かけるとき、あなたは必ず布団の中から顔を出して「いってらっしゃい」と言ってくれました。
伝えたいことを手紙に書いておくと、疲れて明け方に帰ってきても必ず返事をくれました。
『子供たちに読み聞かせをすることになりました。上手くできるか心配です』と書けば、『君の優しい声を聞けば、子供たちはきっと、もっと読んでとせがむでしょう。僕も子供に混ざって聞きたいくらいだ』と書いてくれました。
本当に優しい人でした。

互いに仕事が休みの日は、一緒にお散歩をしました。
河原に座って、ただ風に吹かれるだけで幸せでした。
言葉がなくても気持ちが通じる人に出会ったのは初めてでした。
春にはこの部屋で、桜を見ました。
「やっぱりこの部屋にしてよかったね。家の中で花見ができるなんて贅沢だろう」
桜を見るたびに、あなたは得意げに言いました。
私は少しうんざりして「はいはい」と笑うのでした。
私たちは、この先何年も何年も、一緒に桜を見ると信じていたのです。

この部屋で見る三度目の桜が満開になった夜、ひとりの女性が訪ねてきました。
彼女は目に涙をためて、あなたの名前を呼びました。
「どれだけ探したと思っているの」と泣きながらあなたにすがりました。
「マキもパパを待っているわ」と、彼女が子供の名前を出すと、あなたの表情が少し揺れました。

五年前に家族を捨てて失踪したのだと、あなたは話してくれました。
仕事が上手くいかず、心のバランスを崩したのだと。
住処を転々として、小さな町の居酒屋に落ち着き、そこで私と出会ったのです。
やっと居場所を見つけたのだと、あなたは言ってくれました。
だけど事情を知ってしまった以上、もうあなたと暮らすことは出来ません。
私はあなたを追い出しました。
罵って、泣きわめいて、あなたを切り捨てました。
あなたを「パパ」と呼ぶ子供には、どうしたってかなわないと思ったからです。

あなたがいなくなったこの部屋で、私は何度桜を見たでしょう。
「今年も咲いたわ」と、あなたの写真に何度話しかけたでしょう。
虚しいだけだと知りながら、私はあなたの抜け殻と暮らし続けているのです。

あなたの写真に貼り付いた桜の花びらを指でつまんで、風に乗せてあげました。
やはり川向こうから来た花びらたちと一緒になって、気持ちよさそうに空を漂っています。
私はあなたの写真を持って外へ出ました。
あなたの抜け殻を捨て、歩き出そうと決めました。
思い出にすがって生きるのはやめて、桜の木の下に写真を埋めることにしました。

桜並木を歩いていると、肩や髪に花びらが舞い降りてきます。
「満開の桜も好きだけど、散り際の桜もいいね」
捨てようと思っているのに、写真のあなたが話しかけてきます。
振り切るように一本の桜の木を選び、その下にしゃがみこみました。
あなたの笑顔を、ここに埋めます。
それであなたへの想いが消えるわけではないけれど、気持ちにけじめをつけたいのです。

硬い土を掘り起こそうとしたときです。
風に乗ってあなたの声が聞こえました。懐かしいその声は、私の名前を呼んでいます。
顔を上げると、ひとつ先の桜の下に、あなたが立っています。
ついに幻を見てしまったと、不自然な瞬きをくり返す私を見て、あなたは照れたように頭を掻きました。
「妻に追い出されてしまったよ」
不器用に笑いながら、少しずつ私の方に近づいてきます。
「娘がこの春社会人になってね、もう僕は、あの家に必要ないんだってさ」
桜の花びらが、雪のように絶え間なく降っています。
その光景はまるで、夢と現実の境目のようで、私は思わずつぶやきました。
「これは夢なの?」

懐かしい腕が、私を抱きしめました。
「またふたりで、桜を見よう」
何もかもが薄紅色に染まっていく景色の中で、私は小さく頷きました。

******

公募ガイド「TO-BE小説工房」で落選だったものです。
テーマは桜でした。
書きやすいテーマだっただけに、難しかったですね。
後から読み直して、この作品はハッピーエンドじゃない方がよかったかも と思いました。
どうでしょうか?


にほんブログ村
nice!(10)  コメント(23)  トラックバック(0) 

nice! 10

コメント 23

hitoyasumi-hiro

「写真のあなたが話しかけてきます」とか「あなたの笑顔をここに埋めます」とか、いつもながら、本当に文章がうまいですね。一つ一つの言葉、音がきれいです。

最後は正直なところ、このハッピーエンドじゃない方がいいと思いました。
泣いてすがっていた奥さんが、何年か経ったにしろ、「必要ない」となるのは唐突だし、このハッピーエンドもあちらの母子の犠牲の上に成り立っているように思われて、後味がさほどさわやかではなかったからです。
男を忘れて新たな一歩を踏み出すという前提で、何か、桜に関係する印象深い(驚きのある)絵をおいてエンド、というのがいいような気がしました。(偉そうにすみません<(_ _)>)
by hitoyasumi-hiro (2017-04-11 21:21) 

たまきち

落選とか関係ないです。
私はりんさんのショートが好きです。

現実も作品もいろんな結びつきがあっていいと思います。
私が奥さんだったら 探して見つけて 結果的にかえって来てくれたものの 魂がここにないようにみえる だんなさんはやはり いらないと思います。

by たまきち (2017-04-12 08:20) 

雫石鉄也

正直、釈然としません。
この男、なんと身勝手なんでしょう。
主人公が好きなら、どうされようと、なんといわれようと、ここに残るべきです。
で、追い出されたて、向こうで用なしとなって帰ってくる。妻に追い出されたそうですが、主人公への未練が断ち切れなかったのでしょう。
なんとも未練がましく煮え切りません。どのツラ下げて帰って来たのでしょう。主人公も受け入れず、また追い出して、一人で生きるか別の男をさがすべきです。

「妻に追い出されてしまったよ」
不器用に笑いながら、少しずつ私の方に近づいてきます。
「娘がこの春社会人になってね、もう僕は、あの家に必要ないんだってさ」
桜の花びらが、雪のように絶え間なく降っています。
その光景はまるで、夢と現実の境目のようで、私は思わずつぶやきました。
「あ、そう。私も必要ないわ」
 桜の根元から立ち上がりました。足もとには埋めようとしてた彼の写真。踏絵のように、それを踏んで、そこを立ち去りました。
振り返らずに歩きました。私の歩くスピードで、私の肩についた桜の花びらが舞い飛んで行きました。

というラストを考えました。

by 雫石鉄也 (2017-04-12 13:37) 

まるこ

リンさん、こんにちは。

私はてっきり「あなた」は死んじゃったんだとばかり・・・^^;

「あなた」の行動が正直、あまり共感出来なかったのだけれど、
でもだからこそ私はハッピーエンドで良かったかな。
男性への好感度がどうであれ(笑)、「私」はこの男性が本当に
好きだったんだなーって思うし。
そんな「私」の思いが最後に報われた事が、桜という優しい季節に
ピッタリだと思いました。
by まるこ (2017-04-12 15:38) 

あべせつ

私も初め、男性が亡くなったのだと思いながら拝読しておりました(笑)

主人公の女性が追い出した時も、その罵り方泣きわめき方で、本気で愛想を尽かして追い出している訳ではないとわかっていたから、男は戻って来たのでしょうね。

このシチュエーションとは少し違いますが、
浮気しては出ていき、破局すると戻る彼氏を、いつも責めもせずに受け入れる女友達がいたのですが、

なぜ許すのか?と問いましたところ
「最後に戻って来てくれたら、それでいいの」と。

ああ、そういう菩薩様みたいな人もいるのだ!
と驚いたことを思い出しました。
by あべせつ (2017-04-12 21:10) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
私としてはハッピーエンドが好きですが、もっともっと驚くほどのハッピーエンドも面白いかもしれません。
by SORI (2017-04-13 12:04) 

海野久実

主人公が帰って来た男を受け入れてしまうと言うのはやはり疑問を感じますね。
あべせつさんのおっしゃるような、菩薩の様な女性であると言う描写が初めの方にあれば、こういう結末でもすんなり受け入れられたかもしれませんね。

ところで、僕はこの二人は結婚して一緒に暮らし始めたんだと思いながら読んでいました。
だから奥さんが訪ねて来たと言う事で、あれ?この二人、籍に入れてなかったのか?と思いましたね。
読み直すと、結婚したとは一言も書いてない(笑)

まあ、結末はともかく桜の花の描写や主人公の気持ちはとても心に響いてきました。

by 海野久実 (2017-04-13 23:22) 

dan

テーマーとしての桜は作品の中でとてもいい感じで
生きていると思います。それぞれの桜に関わる描写が素敵です。
それでいいのではと思うのですが。
難しいですね。個人的にはこのだらしない男も、それを許して
しまう主人公も私は嫌いです。
ハッピーエンドでない方がよかったと思います。
ちょっと偉そうでごめんなさい。
by dan (2017-04-14 17:53) 

リンさん

今回のコメント、友人も含め、ハッピーエンドがいいという人、違う方がいいという人、賛否両論で面白かったです。
みなさん、ありがとうございました。

by リンさん (2017-04-15 10:10) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
そうですか。ハッピーエンドなのに後味が悪くちゃダメですよね。
アドバイス感謝です。
たしかに、主人公がいくらかすっきりした感じで終わるのもアリですね。

by リンさん (2017-04-15 10:14) 

リンさん

<たまきちさん>
ありがとうございます。
いつも褒めていただいて嬉しいです。
そうなんです。奥さんからすれば、夫より子供の父親が欲しかったというところだったんですね。
愛はなかったのかな。寂しいけど。
by リンさん (2017-04-15 10:17) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
世の中にはダメンズ好きの女性もいますからね^^

このラストは、かっこいいですね。
強い女性ですね。
私には思いつかなかったです。
しかしこの男、追い出されてばかりですね(笑)
by リンさん (2017-04-15 10:21) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
前半は、彼が死んでしまったような演出をしました。
引っかかってくれて(?)ありがとう^^
ハッピーエンド派ですね。
やはりすごく好きだったんでしょうね。
そういうのが伝わって嬉しいです。
by リンさん (2017-04-15 10:23) 

リンさん

<あべせつさん>
ありがとうございます。
そんな菩薩のような方が本当にいるんですね。
その人にとっても、この女性にとっても、たった一人の男なのでしょうね。
今月は「ボタン」ですね。
いろいろに解釈できて、却って難しいです。
by リンさん (2017-04-15 10:35) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
もっと驚くハッピーエンド^^
思いつかないです(笑)
by リンさん (2017-04-15 10:41) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
この女性も、なかなかに不幸な過去を持っているという描写を入れたかったのですが、枚数制限があって難しかったです。
散々苦労して出会った男性と思えば、執着するのも無理がなかったかもしれませんね。
難しい。。。
by リンさん (2017-04-15 10:45) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
今回の主人公と男には、厳しい意見が多いですね。
私はそれほどだとは思わずに書いていました。
落選だったけど、いろいろ勉強になった作品でした。
本当にありがとうございます。
by リンさん (2017-04-15 10:50) 

SORI

リンさんさん こんばんは
これからの人生、好きな人と暮らせるのは最高の幸せなのかもしれません。
by SORI (2017-04-15 19:42) 

みかん

>あなたを「パパ」と呼ぶ子供には、どうしたってかなわないと思ったからです。
だけどこちら側にも子どもがいるわけですよねぇ。
やっぱりこの男性は許せないわ~
by みかん (2017-04-15 22:50) 

海野久実

うーん、しかし、今月は「入選作品読み放題」の「TO-BE小説工房」がなかなか更新されませんね。
毎日覗きに行ってるんですけど。
by 海野久実 (2017-04-18 18:49) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
やっぱり、ひとりより二人ですね。
by リンさん (2017-04-19 14:32) 

リンさん

<海野久実さん>
遅いですよね。
どうしたんでしょうね。
by リンさん (2017-04-19 14:33) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
あ、こちらの女性には子供はいません。
設定は40代前半で、出会ったことになっています。
いずれにしても、この男性は不評ですね^^
by リンさん (2017-04-19 14:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0