So-net無料ブログ作成
検索選択

記憶研究所 [公募]

「大丈夫、眠っている間に終わります」
初老の医者が祥子の顔を覗き込んだ。
医者の顔に並んだホクロを、祥子は薄れていく意識の中でぼんやり見た。

「人間は間違いを犯します。しかしそこで躓いて、たった一度の人生を棒に振るのはよくありません。いいですか」
初老の医者は、紙に鉛筆で丸を書き、すぐに消しゴムできれいに消した。
「間違った文字を消しゴムで消すようなものだと思ってください。祥子さんの人生の悲しい記憶を、すっかり消してしまうのです」
祥子の母は、祈る想いですがりついた。記憶を操作する研究は、まだ開発途中で合法ではない。
しかし祥子は悲しみの淵に沈み、自殺さえしかねない。
祥子を苦しめる記憶を消して、以前のように楽しく暮らせるだろう。

施術は無事終わり、祥子は眠っている。
「成功しました。ただ、何かのきっかけで思い出してしまうことがないとは言えません。身の回りの物を出来るだけ処分して、新しい環境で暮らすことをお勧めします」
医者はそう言うと、眠っている祥子を一般病棟に移す手続きをした。
「記憶研究所」に来たことも、祥子の記憶から消えているからだ。

目覚めた祥子は、以前のようなあどけない十七歳の少女に戻った。
「どうして私病院にいるの?」
「ただの検査入院よ。ほら、貧血で倒れたでしょう。もう大丈夫よ」
母親は何事もなかったように振る舞い、祥子が入院している短期間で新居を決め、高校の退学届を出し、新しい生活の準備をした。

母親は祥子を連れて、遠く離れた田舎町で暮らすことにした。
元々不登校気味だった祥子は、高校に未練もなく、すぐにこの暮らしを受け入れた。
母親はスーパーで働き、祥子は近くの農園でアルバイトを始めた。
土いじりに向いているようで、学校に行っているときよりもずっと生き生きしている。

祥子は、農園で知り合った青年と親しくなった。今どき珍しい素朴な青年だ。
「祥子は、お母さんと二人暮らしなのか?」
「うん。生まれたときから二人なの。父親は、顔も知らないわ」
「そうか。だからアルバイトで家計を助けているのか。えらいな、祥子は」
青年は大きな手で祥子の頭を撫でた。その仕草が好きで、祥子は頬を染めた。

「土曜日に、星祭りに行かないか」
トマトの収穫をしながら、青年が言った。
夏休みに近所の小学生を集めて、星を見るイベントだ。
過保護すぎるほど祥子の外出を規制する母親だが、最近明るくなった祥子を見て夜の外出を許可した。
信用できる青年だし、祥子のよいパートナーになりそうだ。
この町で平穏に暮らすために彼は必要だと思った。

星祭りの夜、小学生に交じって、祥子は青年と星を見た。
都会ではありえない星空だ。今にも降ってきそうなほど近い。
宇宙に手が届きそうな感覚に、祥子は息をのんだ。
「すてき。こんな星空初めて見た」
「すごいだろう。ほら、あれが北斗七星だ」
七つの星を、青年の指が辿る。
それを目で追いながら、祥子はふと、頭の中で何かが弾けるような気がした。
何かが祥子の記憶の蓋をこじ開けようとしている。
なんだろう。難しい数式を思い出すように、祥子の脳が急激に動き出した。
星座の説明をする青年の声は、もはやまるで聞こえない。
もやもやしたまま、星祭りが終わった。

会場の出口で、スタッフが参加賞を配っていた。
星型の消しゴムだ。それを受け取り、祥子は小さくつぶやいた。「消しゴム……」
不思議な感覚と共に、記憶がじわじわと染み出してくる。『初老の医者』『記憶研究所』。
祥子はあんなに好きだった青年の手を振りほどき、走り出した。
「お父さん」と叫ぶ声が、震えていた。

祥子には父親がいた。酒を飲むと人が変わったように暴力をふるう父親だった。
月も星もない真夜中、祥子は母親と一緒に、マンションのベランダから父親を突き落とした。
泥酔して母親を殴った後だった。

祥子の記憶がすべて戻ってしまったことを知った母親は、ひどく動揺した。
「祥子、落ち着いて。もう済んだことよ。警察も事故で処理したじゃないの」
「私は憶えてる。お父さんを押したときの手の感触も、全部憶えてる」 
この町で穏やかに暮らせると思ったのに、いったいなぜ記憶が戻ってしまったのだろう。力なく座りこむ母親の耳に、テレビニュースの音声が滑り込んだ。

『……無認可の治療を行ったとして、記憶研究所の医者が逮捕されました』

テレビ画面に映し出された初老の医者の顔には、星座のようなほくろが七つあった。

*******

公募ガイドTO-BE小説工房で、落選だったものです。
テーマは「消しゴム」でした。
まったく自信がなくて、アップするのもやめようかな~と思ったのですが、まあいいか。
ちょっとテーマとずれたかな?
みなさまの意見をお聞かせください。


にほんブログ村
nice!(13)  コメント(22)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 22

ぼんぼちぼちぼち

とても面白く、一気呵成に読んでしまいやした。
記憶が戻ってしまったなんて悲しいでやすね・・・・。
僭越ながら意見させていただくと、内容は大変よい出来だと思いやしたが
「消しゴム」というテーマからはちょっとズレがあると思いやした。
テーマが「星座」だったらばっちりだったと思いやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-06-09 22:43) 

傍目八目

 た、確かに「消しゴム」は、あまり関係なかったかも。記憶を消す施術方法が、祥子に日記のように事件を書かせて、それを消しゴムで消させて暗示をかけると言ったものにすれば……
 ただ、このお話の場合は、消しゴム要素は排除して「星座」と七つ星のほくろに絞った方が成功したと思います。(まさか、後から消しゴムを填め込んだ、ということは無いですね?)

 それと、私がTOBE選者だったら、りんさんの作品が最優秀賞に届かなかったら、佳作、選外佳作には入れず落としますね。中途半端な所で来発表になるのは勿体無いです。(あ、もちろんご自分でアップするのは別ですよ)りんさんは既に、落選作が財産というレベルに来ていると思うので。
by 傍目八目 (2017-06-10 14:22) 

たまきち

北斗七星で記憶が戻るとはすごい。
ブラックジャックを連想しました。
(^ω^)
手塚漫画好きなもので。
テーマに関係なく りんさんのショートになってると思います。


by たまきち (2017-06-10 17:05) 

dan

記憶研究所という発想も、記憶を消したい原因も
怖いなあと思いながら読みました。
消しゴムというテーマもとらえているし複雑な内容にも
合っていてよかったと思います。
佳作だったのでは?
by dan (2017-06-11 23:24) 

hitoyasumi-hiro

ぼくもちょっと似たモチーフで書きました(いや、似てないか(^^;))
よく出来た作品だと思います。安定したうまさです。
あえて疑問点を指摘すると(落選常連のぼくが言うのも僭越ですが)、

賞品の「消しゴム」が記憶の戻るきっかけになるというのは、どうでしょ。
>医者の顔に並んだホクロを、祥子は薄れていく意識の中でぼんやり見た。
のあとに消しゴムの話があるので(そこで描写されるのは医者とお母さんなので)、祥子はそのたとえ話を知らない、と読みました。

となると、「消しゴム」の意味自体がおかしくなり、テーマから外れてしまうという理屈になると思います。

それに、医者のほくろが「北斗七星みたい」というのは、ちょっと無理矢理な感じがしました。
お話の底に流れるトーンは、せつなく、心地よかったんですが。
by hitoyasumi-hiro (2017-06-12 13:22) 

雫石鉄也

なかなか良いできでしたよ。
ただ、祥子が記憶を取り戻すきっかけかが、星型の消しゴムとするのなら、前半、初老の医者との面談のシーンでなんらかの仕掛けが欲しいですね。
この作品、SFのカテゴリーでいうのならば、マッドサイエンティストものということになりますね。ワンポイントでいいです。初老の医師のマッドサイエンティストらしさしを表現する記述が欲しいです。
by 雫石鉄也 (2017-06-12 14:35) 

海野久実

>医者の顔に並んだホクロを、祥子は薄れていく意識の中でぼんやり見た。
のあとに消しゴムの話があるので(そこで描写されるのは医者とお母さんなので)、祥子はそのたとえ話を知らない、と読みました。

この、ひとやすみさんのおっしゃる通りの事を僕も思いました。
>、医者のほくろが「北斗七星みたい」というのは、ちょっと無理矢理な感じがしました。
と言うのも全く同感。

また、最後に医者が逮捕されると言うエピソードも要らないような気もします。
消されていた真実が、驚くべきものなので、それが明らかになるだけで十分ショッキングな結末ですからね。
基本的なアイデアはとてもいいと思います。

by 海野久実 (2017-06-12 18:16) 

SORI

リンさんさん こんばんは
今までにない発想の物語だと思います。さすがです。
思い出すきっかけが星座のように並んだホクロだったのもユニークです。
by SORI (2017-06-12 20:42) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
テーマが普通名詞って簡単なようで難しいです。
違う視点で書こうとすると、ずれてしまいますね。
星座だったら…。確かにそうですね。
ご意見ありがとうございます。
by リンさん (2017-06-13 18:29) 

リンさん

<傍目八目さん>
ありがとうございます。
ぜったい言われると思ってました(笑)
最優秀作品を読んで、こういう何気ない話がいいのね~と思いました。
落選作が財産だなんて、嬉しいですね。
でもまあ、落選は落選ですしね(笑)
次、頑張ります。
by リンさん (2017-06-13 18:35) 

リンさん

<たまきちさん>
ありがとうございます。
ブラックジャックっぽかったですか。
嬉しいです。
私も漫画大好きですよ。
by リンさん (2017-06-13 18:38) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
嫌な記憶をきれいに消してしまえたら、どんなにいいでしょうね。
でも、この場合はまだ未完成だったのですね。
これは本当に自信がなくて、面白かったと言ってもらえるだけで嬉しいです。
次、頑張ります。
by リンさん (2017-06-13 18:43) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
ひと休みさんもブログにアップしていますね。
読みました(あとでちゃんとコメントします)
最優秀を読むと、もっと何気ない話の方がよかったみたいですね。(お互いに)
ご指摘の点ですが、一応祥子も一緒に説明を聞いたうえで施術したことになっています。
医者の顔にホクロさえなければ、いや、やはり何かのきっかけで思い出したかもしれません。

by リンさん (2017-06-13 19:03) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
そうですね。カテゴリー的にはSFでしょうか。
本格的な表現は、なかなか勉強不足で難しいですね。
正直書きながら、5枚の作品ではないなと、思いました。

by リンさん (2017-06-13 19:08) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
消しゴムというテーマを見たとき、最初に記憶を消すという話が浮かび、何かのきっかけで思い出すことにしようと思ったのです。
冒頭に「医者の顔の7つのほくろ」と書いたのですが、星座を見るシーンでネタバレすると思って消しました(消しゴムだけに)
残した方が無理がなかったのかも…とこのコメントを見て思いました。
いずれにしても、ちょっと無理があったのは否めません。
次、頑張ります。
by リンさん (2017-06-13 19:13) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
人と発想が被らないように書きましたが、テーマとは少しずれてしまいました。
たくさんの方にご意見を頂けてありがたいです。
by リンさん (2017-06-13 19:20) 

まるこ

リンさん、こんばんは。
穏やかで幸せな空気から一変した瞬間、ゾクっとしちゃった!
まるで「世にも奇妙な・・・」で流れる話みたいで面白かったです。
ただ、そんなに簡単には犯してしまった罪からは逃げられないっていう教訓も物語から感じました^^;
by まるこ (2017-06-13 22:46) 

hitoyasumi-hiro

あ。
ぼくも似たモチーフで書いた、なんて言ってしまいました。
似てるのは「落とし物」に出したやつでした(´ω`)。
あとうださんが「TOBEにはプロレベルの人がいるね」と感心していたとか(編集長のツイッターだったか)。
りんさんのことかな、と思います。
なんか、自分がほめられたみたいでうれしい( ̄▽+ ̄*)


by hitoyasumi-hiro (2017-06-14 12:41) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
確かに、そんな簡単に罪から逃げてはいけませんね。
でも、こういう機能があったら、ちょっと欲しいかもって思ってしまいますね^^

by リンさん (2017-06-18 23:22) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
いえいえ、私はまだまだです。
また最優秀が取れるように頑張ります^^
by リンさん (2017-06-18 23:23) 

みかん

おもしろいお話です!
次の展開がどうなのか気になってしまいましたね~
まさかそんな理由で記憶を消すなんて思わなかった。
娘が学生だからいじめとかかなって^^;
by みかん (2017-06-22 11:13) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
この先も、ずっと罪を引きずって生きていかなければなりませんね。
こういうものに頼るのは、結局娘のためにはなりませんね。
by リンさん (2017-06-24 07:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0