So-net無料ブログ作成
検索選択

おじさまと人魚 [ファンタジー]

子供の頃、冒険家のおじさまの話を聞くのが好きだった。
海賊に襲われて、命からがら逃げた話や、どこかの民族の酋長に気に入られて、危うく婿養子にされそうになった話。
大きな熊と闘った話もあった。

私がいちばん好きだったのは、おじさまが人魚と恋に落ちた話。
船が遭難して、人魚の国にたどり着いたおじさまは、ひとりの人魚と恋をした。
だけどおじさまは海の中では生きられず、人魚は陸では生きられず、悲しい別れとなった。
おじさまは、とてもつらそうに話してくれた。
その話を聞くたびに、私は切なくなった。
おじさまは、きっとその人魚が忘れられないから、誰とも結婚しないのだろうと思っていた。

月日が流れて、おじさまはすっかり年を取った。
幼かった私も、すっかり大人になった。
いくつかの恋をして、社会に揉まれ、おじさまの冒険話を素直に信じる子供ではなくなった。
おじさまは冒険家などではなく、定職を持たずにふらふらしていただけだと母から聞いた。
親戚中から疎まれていたことも、今は知っている。

おじさまは、海辺の施設に入っている。
訪ねて行っても、もう私が誰だかわからない。
窓辺の椅子に座り、静かに海を眺める横顔があまりに悲しそうだから、私は思わず言った。
「おじさま、人魚のことを考えているのね」
おじさまは、ハッとした顔で私を見た。
「なぜ人魚のことを知っている」
「おじさまが話してくれたのよ。私が小さいころにね」
おじさまは目を細めて私をじっと見た。
「あんたは信用できそうだ。ちょっとそこのジュラルミンケースを取ってくれんか」
おじさまがいつも持ち歩いていた銀色のケースが、ベッドの横に置かれていた。
おじさまが首から下げた鍵で扉を開けると、中に缶の箱があった。
「それを持ってついてきなさい」
杖をついて歩き出したおじさまを、私は慌てて追いかけた。

「おじさま、どこへ行くの?」
おじさまは答えない。まるで恋人にでも逢いに行くように、頬が微かに紅潮している。
施設の前は海だった。おじさまは歩きづらそうに砂浜を歩き、テトラポットに腰を下ろした。
「その缶を開けてくれ」
おじさまに言われて止め金を外し、蓋を開けた私は、「キャッ」と小さな悲鳴を上げた。
中には、干からびてミイラになった魚が入っていた。
もはや何の魚かわからないが、完全に水分が抜けてシシャモくらいの大きさになっている。
「そいつを海に返してやってくれ」
「おじさま、海に返したところで、もう泳がないわよ」
「いいんだ。さあ、彼女を海に返してやってほしい」
彼女…? おじさまは、愛おしそうに魚のミイラを見た。

私は、魚のミイラをそっと波に乗せた。
魚のミイラは、寄せては返す波に身をまかせ、やがて沖へと姿を消した。
おじさまは、泣いていた。きらきら光る波に消える魚のミイラに、小さく手を振っていた。

おじさまが人魚に恋をした話は、もしかしたら本当だったのかもしれない。
海と陸、引き裂かれたおじさまは、人魚によく似た美しい鱗を持った魚を、ずっと傍に置いていたのかもしれない。ミイラになっても、ずっと、ずっと…。

水平線に何かが飛び跳ねて、きらりと光った。
おじさまは、愛おしそうにそれを眺め、ふいに振り向いた。
「私が、七つの海をまたにかけ、冒険していたころの話を聞きたいかね?」
私は、反射的に手を叩いた。
「待ってました!」
おじさまは、昔みたいに勇ましく笑った。


にほんブログ村
nice!(13)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 14

SORI

リンさんさん おはようございます。
信じてくれる人がいて救われましたね。冒険の話は楽しかったことでしょう。
by SORI (2017-06-19 07:44) 

雫石鉄也

おじさん。父や母の兄弟。いいですね。父や母ほどうるさくないし、やさしくしてくれるし、親しいけれど大人ですから、子供の自分が知らないこと、いっぱいおしえてくれるし。血がつながっているから、自分との共通点もあるし。
私は、親戚が多かったから、おじさんがいっぱいいました。特に仲の良かったのが、父の弟、この叔父さんに熱帯魚の楽しさと飼い方を教わりました。たこ焼きんの焼き方も
http://blog.goo.ne.jp/totuzen703/e/8fe32c9e24b056bcb0ca0d83fd4ff9ed
この叔父さんに教わりました。ともかく楽しい叔父さんでした。
ところで、この作品のおじさん、漫画「クッキングパパ」に出てくる、パン屋の子供のおじさんではないですか。あの漫画に、こんなおじさんがでてきます。
by 雫石鉄也 (2017-06-19 13:32) 

ひと休み

すてきな、心温まるお話でした。
最後のシーン、美しい風景の中で、おじさんの切なさがじわっと心にしみこんで来ました。
「私」も優しいなあ。りんさんの分身でしょうね。
この作品、「りん傑作選」にぜひとも入れてください (^^♪
by ひと休み (2017-06-20 09:03) 

村上母

こんにちは。ステキなファンタジー! でした。読後感がいいですよね。風景も現れる。しばらくは、ひたります。
by 村上母 (2017-06-22 08:05) 

みかん

本当だったかもしれない
そんなふうに再び思わせてくれるお話に
じーんの来ました♪
by みかん (2017-06-22 11:09) 

dan

おじさまにまつわるいいお話です。
こういう大人を子供は好きなのです。
最後の段落余韻があってとてもいいです。
by dan (2017-06-22 23:13) 

まるこ

リンさん、こんばんは。
おじさまの話は全部出まかせだったのか、それとも本当だったのか。

それは聞く側の心次第かもしれませんね。
その話を“信じる事”で、それは“本当”になるのかもって思えます。
上手く言えないけれど、日常に揉まれながらもそういう純真さって失いたくないなーって改めて思いました。
by まるこ (2017-06-23 22:54) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
SORIさんは多くの国に行っているから、きっと楽しい話がたくさんあるでしょうね。
by リンさん (2017-06-24 06:59) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
ステキな叔父様がいるんですね。
私は「おこずかいをくれる人」くらいしか(笑)
たこ焼き、こだわってますね。
粉もソースも作るんですね。
家にもタコ焼き機がありますが、粉もソースも市販です。
ひっくり返すのは割と上手いです。
たこ焼き屋でバイトしたことがあるからです^^
by リンさん (2017-06-24 07:05) 

リンさん

<ひと休みさん>
ありがとうございます。
ラストはどうしようかと悩みましたが、ひと休みさんにそう言っていただけて、これでよかったんだな~と思いました。
りん傑作選…私も加えます^^


by リンさん (2017-06-24 07:10) 

リンさん

<村上母さん>
ありがとうございます。
ミイラが本当に人魚だったという結末も考えたのですが、あやふやな方がいいかなと思いました。
コメント、嬉しいです^^


by リンさん (2017-06-24 07:14) 

リンさん

<みかんさん>
ありがとうございます。
そうですね。本当だったのかもしれません。
おじさま、またいろんな話をしてくれるといいですね^^


by リンさん (2017-06-24 07:16) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
子供にも真剣に話してくれる大人はいいですね。
親戚からしたら、ちょっと困る人かもしれませんが。
by リンさん (2017-06-24 07:26) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
おじさまの話は普通に考えればありえないけど、信じることは楽しいです。
主人公の彼女は、そういう気持ちを思い出したんですね。

by リンさん (2017-06-24 07:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0