So-net無料ブログ作成

サトコの湖 [ミステリー?]

子供の頃の話をします。
私には、2歳下の妹がいました。サトコという名前です。
サトコは5歳の夏、家族で出かけた湖に落ちて溺れてしまいました。
父が飛び込んでサトコを岸にあげましたが、もう心臓が止まっていました。
「サトコ、死なないで」
私たちは必死で蘇生を試みましたが、息を吹き返すことはありません。
携帯電話などない時代でしたから、救急車を呼ぶこともできず、とりあえず車に戻って病院に連れて行こうと思ったときです。
どこからか、ひとりの僧侶が現れました。
「その子を助けてあげましょう」
僧侶はお経のような、呪文のような言葉をつぶやき、サトコの胸を強く押しました。
サトコは「ブハッ」と水を吐き出して、目を覚ましたのです。
「ああ…お坊様、なんてお礼を言ったらいいか」
両親が振り向くと、そこにはもう誰もいませんでした。
不思議な話です。

サトコは、そのときのことを憶えていません。
私たち家族は、湖に行くのをやめたこと以外は、何も変わらずに暮らしました。
いっしょに学校へ行き、眠りにつくまでおしゃべりをして、私たちは、とても仲のよい姉妹でした。
10年が過ぎました。サトコは15歳になりました。
ある夜のことです。
サトコが夜中に突然起き上がりました。
同じ部屋で寝ていた私は驚いて、「どうしたの?」と聞きました。
サトコは扉を開けながら、「湖に行く」と言いました。
何も覚えていないはずのサトコが、「私が死んだ湖に行かなきゃ」と言うのです。
「何言ってるの? だいたい、歩いていける距離じゃないよ」
私はサトコの腕をつかみましたが、するりとかわして部屋を出ました。
両親を起こしに行きましたが、ふたりとも催眠術にかかったように起きません。
サトコを追って外に出ると、10年前にサトコを救ってくれた僧侶が立っていました。
サトコは何の躊躇もなく、僧侶に寄り添いました。

「お坊様、サトコをどこに連れて行くのです?」
「運命に従っていただくのみです」
「運命? だって、お坊様がサトコを救ってくださったのでしょう」
「はい。わたしはあの日、運命に逆らいました。あなた方があまりにお気の毒に見えたからです。おかげで、わたしは罰を受けました。10年間、闇の中で辛い修行をしました」
サトコは、いつのまにか小さな子供に戻っていました。
「さあ、行きましょう。あの湖へ」
「ダメだよ」私はサトコの腕をつかみました。
サトコは、あどけない笑顔を見せて私の手をほどきました。
そして、闇に消えてしまいました。

私の泣き声を聞きつけた両親が、慌てて出てきました。
さっきまであんなにぐっすり眠っていたのが嘘のようです。
「どうしたの?」
「サトコが、サトコが行っちゃった」
「サトコの夢を見たのか。もう10年も経っているのに」
「何年たっても、忘れることなんかできないわよ」
これは夢だと思いました。朝が来たらいつものようにサトコがいると思いました。
だけど翌朝私が見たのは、仏壇の中で笑うサトコの写真でした。
それは10年前の、5歳のサトコでした。

私は今、湖にいます。
あれからどれだけの年月が流れたでしょう。
孫がサトコの年を追い越すほどに年を取りました。
湖は、サトコの事故がきっかけで柵が作られ、すっかり整備されています。
私は思うのです。サトコはどこかで生きているのではないかと。
あの僧侶とふたりで、この湖の周りで遊んでいるのではないかと。
「おばあちゃん、はい、これ」
孫が、リンドウの花を摘んできてくれました。
「まあ、きれい。ありがとう」
「あのね、サトコちゃんっていう子にもらったの」
孫がにっこり笑いました。幼い日のサトコに、よく似た笑顔です。

ほらね、サトコはやっぱりここにいます。


にほんブログ村
nice!(9)  コメント(8) 

nice! 9

コメント 8

まるこ

リンさん、おはようございます。
不思議な状況で助かったサトコ。
最後にはどんなオチが待っているのだろうって
思ってましたが・・・。
運命に逆らって・・・でもやっぱり運命には逆らえず。
逆に“私”の10年は夢だったのか。。。
不思議がいっぱいで面白かったです^^
by まるこ (2017-09-06 10:04) 

雫石鉄也

うん、これはぜひとも、ショートショートではなく、短篇にして欲しいですね、
後半、
>サトコは、そのときのことを憶えていません。
以降は、たいへんに良かったです。お話が意外な展開に、広がっていますし、ラストのしめも良かったです。
ただ、後半の素晴らしさに比べて、前半が少し弱いです。
書き出しから
>不思議な話です。
は、説明文です。ですから、読んでいて平板な印象を受けました。小説は論文ではないので、説明文が極力避けるべきです。説明の代わりに描写をするのです。
by 雫石鉄也 (2017-09-06 13:56) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
姉だけが体験する不思議なお話です。両親には10年間生きていた記憶が残っていないのですね。
by SORI (2017-09-07 12:42) 

ぼんぼちぼちぼち

一気呵成に読んでしまいやした。
悲しくてちょっと不思議で怖い話しでやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-09-07 17:48) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
私にとっては確かに存在した10年なのに、全てが夢のように消えてしまいました。
それが運命とは言え、悲しいですよね。





by リンさん (2017-09-08 18:15) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ご指摘ありがとうございます。
確かに、文章を短くしようとするあまり、前半が雑になりました。
ブログだと、あまり考えずに書いてしまうので、ご指摘いただいて読み直して「そうか」と思うことが多々あります。
今後ともよろしくお願いします。

by リンさん (2017-09-08 18:18) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
そうなんです。両親もいっしょに成長を見ていたはずなのに、記憶が消えてしまいました。
人生で2度我が子を失うよりは、このほうがいいと思ったのです。
by リンさん (2017-09-08 18:21) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
主人公がおばあさんになって湖を訪れ、妹を思い出したという設定です。もしかしたら、すぐ近くにいるかもしれません。
5歳のサトコが^^
by リンさん (2017-09-08 18:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。