So-net無料ブログ作成

僕は森に帰る

10歳まで、森の奥でおじいちゃんと暮らしていた。
毎日木に登ったり、川で泳いだり、花を摘んだりして過ごしていた。
おじいちゃんは無口だけど優しくて、いろんなことを教えてくれた。
森から一歩も出なかったから、おじいちゃん以外の人間を殆ど知らなかった。

10歳のある日、見知らぬ大人たちが来て、僕とおじいちゃんを引き離した。
「君は達也くんだね」と聞かれて、自分の名前を初めて知った。
おじいちゃんからはいつも「ちび」と呼ばれていたからだ。
後で聞いた話だと、僕は2歳の時に行方不明になり、迷い込んだ森でおじいちゃんと出会って一緒に暮らした。
学校へ行っていない子供がいることを聞きつけた誰かが、役場に通報して僕は保護された。

僕は両親のもとに帰った。
読み書きも出来ず、世間の常識も知らなかった。
家庭教師とカウンセリングを毎日受けて、何とか学校へ通えるようになった。
勉強は全然だめだったけど、運動神経はずば抜けていたから一目置かれたし、学校自体は嫌いじゃなかった。
それでも自分の名前と両親を認識して、生活に慣れるまで3年かかった。
だけど僕は、森が恋しかった。
ここの暮らしが本物だとは、どうしても思えなかった。

行けるレベルの高校へ行き、陸上でいくつかの成績を残した。
何人かの女の子とデートもしたし、友達と遊びにも行った。
母の料理はおいしかったし、父の話を聞くのも好きだった。
それでも僕は、森に帰りたかった。

18歳になったとき、家出をした。ずっと決めていたことだ。
僕は森をめざしたけれど、場所がまるでわからなかった。
家出から3日目に保護されて家に帰された。
母は泣き崩れ、父は激しく叱った。
「森に帰りたいんです」と僕は言った。
父に初めて殴られた。そして父は悲しそうな顔で言った。
「わかった。連れて行ってやる」

日曜日、父の車で森に行った。
母は無理して笑いながら、サンドイッチを作ってくれた。
すごく遠いと思っていた森は、車で1時間ほどのところだった。
途中で車を止めて奥まで歩くと、懐かしい森の匂いがした。
いつも泳いだ川があり、鳥のさえずりが絶え間なく聞こえた。
「もうすぐじいちゃんの家だ」
僕は走った。おじいちゃんと暮らした丸太小屋が見えた。
だけどそこに、おじいちゃんはいなかった。
家の中は荒れていて、だれも住んでいないことは歴然だ。
父が、汗をぬぐいながらぽつりぽつりと話し始めた。

「おまえは2歳の時にキャンプの途中でいなくなった。どうやってこんな深い森に迷い込んだのかわからないが、おまえはあの老人に保護された。10歳まで育ててくれた老人には感謝している。あの人がいなかったら、死んでいたかもしれないからな」
「うん」
「感謝はしたが、どうしても許せなかった。すぐに警察や、誰かに相談してくれたら私たちは8年間も離れずに済んだ。だからおまえには、二度と会わせたくなかった」
「おじいちゃんをどこかに連れて行ったの?」
「施設に入れたんだ。いくらか精神を病んでいたし、ずいぶんな年寄りだったから、彼のためにもそのほうがいいと思ったんだ。だけど、新しい暮らしに慣れずに、病気になって亡くなってしまった」
父の背中が震えていた。静けさを破るように蝉が鳴いた。

「おじいちゃんは、この森でしか生きられなかったんだ」
僕は、父の目をまっすぐに見て言った。
「そして、たぶん僕もそうだよ」

心地よい風が木々を揺らした。鳥がいっせいに空へ飛び立った。
父はうなだれながらひとりで帰った。最後に振り向いて
「達也、お前の家は森じゃない。お前が帰るのは、お父さんとお母さんの家だからな」
と、念を押すように言った。

父が帰った後、母が作ったサンドイッチを食べた。美味しくて涙が出た。
丸太小屋を片付けて、火を熾した。父の悲しそうな顔が、いつまでも消えない。
木と木のあいだから見える星が、やけに滲んで見えた。
「ちび」
ふと、おじいちゃんの声がした。
「ちび、お前の家はここじゃないだろう」
優しくて、穏やかな声だった。

僕は丸太小屋で一晩過ごし、翌朝森に別れを告げた。
さようなら、おじいちゃん。僕は自分の意志で、両親のもとへ帰るよ。

家に帰った僕は、10歳の時に言えなかった言葉を両親に言った。
「ただいま」
くしゃくしゃの笑顔で迎えられ、僕たちはこの日、本当の家族になった。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

最後のドライブ [男と女ストーリー]

次のカーブを曲がったところで車を停めて。
私そこで降りるから。
海が見えるきれいな場所でお別れしましょう。
今まで苦しませてごめんなさい。
邪魔者は消えるから、あの娘とうまくやってね。

あなたとのドライブ、本当に楽しかった。
心地よい音楽に、なめらかなハンドルさばき。
いろんな景色を見せてくれたわ。
本当に好きだったのよ。
だけどもうおしまい。
あなたに彼女がいること、最初から知っていたわ。
逢うたびにあなた、つらそうだった。
だからもう、解放してあげる。

ほら、海が見えてきたわ。
そこのカーブを曲がったらお別れね。
ほら、ガードレールの下に花が供えてあるでしょう。
そこで停めて。
さようなら。
私の分まで幸せになってね。

バタン

「あれ?今後ろのドア開かなかった? わあ、後部座席のシートが濡れてる。だけど不思議だな。あんなに重かった肩がすーっと軽くなった。憑き物が落ちたみたいだ」

あーあ、またこの場所に戻ってきちゃった。
だけど地縛霊なんてまっぴらよ。
あら、そこのあなた、霊感強そうね。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

梅雨明けプロポーズ [コメディー]

梅雨が明けたばかりの海で、彼と光る波を見ていた。
「梅雨が明けたね」
「そうね」
「梅雨も明けたし、そろそろ結婚する?」

突然のプロポーズ。
たしかに付き合って3年だし、私も来年30だし、いいタイミングだと思う。
だけど、天気の話のついでみたいに言うことかしら。
何だかムカついて、返事をしなかった。
帰りの車はひとことも話さなかった。
「ちょっとムードがなかったかもしれないけどさ、そんなに怒る?あ、焼きそば食いながら言ったのがまずかった?もしかして青のり付いてた?」
ああ、つくづくムードのない人。

家に帰って、お姉ちゃんに泣きついた。
「ええ?別にいいじゃん。プロポーズなんてそんなものよ」
「でもさ、一生に一度なのよ」
「一度とは限らないんじゃない。あたしなんて3度もプロポーズされたわ。もうすぐ4度目もあるかも」
…そうだった。3度目の出戻りをしたお姉ちゃんに相談したのが間違いだ。

親友のユミに電話をした。
「やだ、なにそれ、サイテー!そんなプロポーズするような男やめちゃいな。結婚なんてやめなよ。一緒に独身つらぬこうよ。今すぐ別れな。別れたらさ、一緒に旅行いかない?あたしパンフレット集めておくよ。沖縄と北海道どっちにする?」
…彼氏いない歴5年のユミに相談したのが間違いだ。

はるかに電話しよう。はるかは結婚しているから、適切なアドバイスをくれるだろう。
「え?梅雨が明けたから結婚?何言ってるのよ。梅雨が明けたら洗濯でしょう。あと布団を干してタオルケットを洗って…こら、こぼすんじゃない。あ、ごめん、子供がジュースこぼした。で、何だっけ?」
…子育て真っ最中のはるかに相談したのが間違いだ。

会社の後輩に電話しよう。
「へえ、先輩プロポーズされたんですかぁ。寿退社するんですかぁ?勘弁してくださいよぉ。お局様の機嫌がまた悪くなっちゃう。え?結婚するかしないか迷ってるぅ?わあ、もうすぐ30なのに余裕ですねぇ。まだ出会いがあると思ってるんですかぁ」
…そうだった。こういうやつだった。なんで相談しちゃったんだろう。

最後は、やっぱりお母さんに相談しよう。
「え?梅雨明けたの?知らなかったわ」
…いや、問題そこじゃない…。

ああ、やっぱり自分で決めるしかないよね。
ううん、本当はわかってる。気持ちはとうに決まっている。
私は彼に電話をした。

「あの、さっきの返事だけど、明日は海の日だし、OKよ。結婚しましょう」
「なんだって?祝日と結婚を一緒にするな!」
えええ~!!!!

う.jpg

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

アリとキリギリスの教訓? [名作パロディー]

あ.jpg

アリは夏のあいだ一生懸命働いて、たくさんの食べ物を蓄えました。
しかしキリギリスは遊んでばかりいたので一文無しです。
冬になり、ひもじいキリギリスは、アリに食べ物を分けてもらいに行きました。
しかし、けんもほろろに断られ、寒空をうなだれて帰っていきました。

というのが、イソップさんの教え。
だけど本当はね、キリギリスさん、なかなかしたたかだったのよ。

「帰れ、帰れ、遊び人のおまえに食わせる物はない」
「しかしアリさん、私はこのままではアリさんの家の前で死んでしまうでしょう。アリさんたちは私が死ぬと知りながら助けなかった。それって未必の故意で罪に問われませんかね?」
「罪に問われてはかなわないな。仕方ない。食べ物を分けてやるからさっさと帰れ」
「しかし住むところがありません。借金のかたに取られました」
「そんなこと知るか」
「アリさんの家の前で死にますよ。それって…」
「ああ、わかったよ。未必の故意だろ。そこの隅っこを貸してやる。一晩だけだぞ」
「ありがとうございます。ではちょっと、女王様にご挨拶を」
「ばか、勝手に行くな」
「いえいえ、そういう仁義は通さないと。私はこう見えてけっこう常識を重んじるんです」

「女王様、お邪魔します」
「誰じゃ、お前は」
「キリギリスという野暮な虫けらにございます。実は縁あって泊めていただくことになりまして、女王アリさまにぜひ献上品をお渡ししたくて、無礼を承知で参上しました」
「献上品とは何じゃ?」
「夏に女王バチとねんごろになりましてね、プロポリスを分けてもらったんですよ」
「女王バチだと?」
「はい。しかし女王バチといっても、女王アリ様に比べたらてんで不細工ですよ」
「ふふん、調子のいいことを言いおって。それで、プロポリスとは何じゃ」
「美容と健康に効果があります。美しい女王アリ様には無用とは存じますが、ますます綺麗になるのは悪いことではないでしょう」
「キリギリスとやら、なかなか面白いやつじゃ。羽根のベッドを与える。好きなだけいるといい」

そんなわけでキリギリスは、アリが運んできた食事を食べ、羽根のベッドでゆっくり眠り、女王アリの話し相手をしながら楽しく暮らした。
しかしキリギリスは、だんだん太陽が恋しくなってきた。
「穴蔵生活も飽きたな。春になったらまた女王バチのところに転がり込むか。土産はこの羽根のベッドにしよう」

そして春がやってきた。
「すっかりお世話になっちゃって。ありがとうございました」
「どうしても行くのか」
「太陽の光を浴びないと死んでしまいますからね」
実はこの暮らしに飽きたとは言わず、いかにも名残惜しそうに穴を出た。
いや、出ようとした。
出ようとしたが出られなかった。
ぜいたくな暮らしに、キリギリスはすっかり太ってしまったのだ。
「あれ、やばい、出られない」

「女王様、ベッドの羽根がなくなっています。キリギリスが盗んだんです」
気づかれる前に出て行ってしまおうと思ったのに、すっかりばれてしまった。
「この泥棒!」
そしてさらに…。

「女王様、昆虫警察が来ています。何でもハチの巣からプロポリスを盗んだ犯人を捜しているとか」
「あ、やべえ、そっちもばれた」

そんなわけで、キリギリスは逮捕され、昆虫刑務所で一生を終えた。
だけどアリの家の前で死ぬよりはマシだったんじゃない?
これって、教訓になってる?

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

交差点 [公募]

人生には、表と裏がある。
例えば僕は、太陽がさんさんと輝く表通りを歩いている。
裕福な家に生まれ、勉強も運動も申し分なく出来た。
友人にも慕われ、一流大学を出て一流企業に勤め、ルックスだって悪くない。
だからモデルのような美人の恋人がいる。

一方、公園のベンチでワンカップをすすっているこの男。
いかにも裏街道でくすぶっていそうだ。
顔も髪も汚れすぎて年齢がわからない。
僕が持っているものを、この男は何ひとつ持っていないだろう。

携帯が鳴った。彼女から「ごめん、遅れる」というメール。
美人だけど時間にルーズだ。公園で待ち合わせなどしなければよかった。
苛立ちまじりに立ち上がった拍子に、隣に座った男のワンカップをこぼしてしまった。
「あ、悪い、悪い」と財布から千円札を取り出すと、男はニヤリと笑った。
「あんた、昔の俺みたいだ」
男はポケットを探って小さな石を取り出した。どこにでもあるような薄汚れた石だ。
「昔は光るダイヤだった。あの交差点ですり替わるまでは」
「あんた、なに言ってんの?」
「まるでメビウスの輪だ。交差点でねじれて、表と裏が入れ替わった」
歯のない口で男が笑った。気味が悪い。僕は千円札を男に投げつけて背を向けた。

「あんたもせいぜい気をつけなさい」
何に気をつけろというのだ。ホームレスごときに忠告される筋合いはない。
千円恵んでやっただけでもありがたいと思え。
安い酒が染みついた上着は、気分が悪いのでゴミ箱に捨てた。
新しいジャケットを買って街のカフェに移動した。彼女とは結局逢えなかった。

土曜の夜は大学時代の仲間と飲みに行った。
仲間といっても上辺だけの付き合いだ。
会社の愚痴や女をナンパした話、低レベルな彼らと飲むのは、一種の社会勉強だ。
勝ち組だの負け組だの考えたこともないけれど、彼らは間違いなく僕より劣る。

午前0時、タクシーを拾えなくて歩いた。
人通りのない交差点の真ん中に、女が立っていた。髪の長い痩せた女だ。
いくらか酔っていたこともあり、僕は彼女に声をかけた。
「危ないよ」

女は振り向き、「探し物をしています」と小さな声で言った。
「指輪を落としてしまいました。大切な指輪なんです」
今にも消えそうな声だった。僕はスマホのライトをかざしながら一緒に探した。
外灯が点滅して一瞬消えた。そのとき、光るものを見つけた。
ダイヤだ。僕はそれを拾いあげ、「あったよ」と振り向いた。

そこに、女はいなかった。
激しいクラクションを鳴らして、車が目の前を通り過ぎた。
僕は慌てて歩道に戻り、女を探したけれどやはりいなかった。
握りしめたダイヤは、外灯の下で見るとただの汚れた石だった。
僕はそれを放り投げ、夢から覚めたように歩き出した。
月がいつもよりぼんやりしている。

翌日、会社に僕の席がなかった。
不思議に思って訊ねた同僚は気まずそうに目を逸らした。
上司が僕を見て眉をひそめた。
「どうして来てるんだ。おまえはこの春リストラされただろう」
「え? 何の冗談ですか? どうして僕がリストラなんです?」
上司は冷ややかな顔で僕の肩を叩いた。
忙しそうに動く時間の中で、僕だけが取り残されている。
警備員に外へ出され、社員証を取り上げられた。訳がわからない。

恋人は着信拒否で電話にも出ない。実家に帰ってみれば家が競売にかけられていた。
父が友人の保証人になり、すべての財産を失ったという。
アパートに帰ればボヤ騒ぎ、しかも覚えはないが僕の部屋から火が出たという。
住むところを失った僕に、友人たちは冷たかった。
「大変だな」と口先だけで言いながら、理由をつけて泊めてはくれない。
次の飲み会で、彼らは言うだろう。「惨めな奴だ。あんなふうにはなりたくないな」と。

仕事は決まらず、住むところもなく、貯金は底をついた。
あんなに明るい道を歩いていたのに、太陽は僕のために輝いていたのに、気づいたらすっかり表通りから外れていた。
季節は容赦なく過ぎて、冬を迎えた。ネットカフェに泊まる金もなく、寒さに震えながら公園をふらついた。
ゴミ箱に捨てられた上着を見つけた。寒さ凌ぎに拾いあげると、それは一年前に僕が捨てた上着だった。
酒の染みが付いただけで捨てた上着。
袖を通してポケットに手を突っ込むと、小さな石が入っていた。
あの日、交差点で放り投げた石だ。

「まるでメビウスの輪だ」
あの日、男が言った言葉だ。ねじれて表と裏が入れ替わった。
陽が暮れる公園で、僕はただ生きることだけを考えていた。

******

公募ガイド「TO-BE小説工房」で、落選した作品です。
テーマはメビウスの輪。
ちょっと平凡な話かなと思いながら応募しました。
なかなか書けずにギリギリまで考えました。この手のテーマは苦手だ~^^;
今月のテーマは「人類最後の男」です。さっぱり書けてませ~ん。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

愛人弁当 [ミステリー?]

はい、私がやりました。
めった刺しにしてバラバラにして林に埋めました。
憎かったんです。あの人を愛しているだけに、憎かったんです。

動機ですか?
それは、あの人がお弁当を食べずに捨てたことです。
毎日毎日、私が愛をこめて作ったお弁当を、あの人は捨てました。
毎日捨てました。
弁当箱ごと会社のごみ箱に捨てるのです。

最初は、嫌いなものが入っていたのかと思い、メモを書きました。
「嫌いな食材があったら言ってね」と。
メモごと捨ててありました。
「どうして捨てるの?あなたのために作っているのに」
とメモを書きました。
「頼んでねーよ」と殴り書きがありました。

あの人は、私のお弁当を食べずに、何を食べていたと思います?
上司や同僚と外でランチ、それなら許せます。
コンビニで買ったおにぎりやカップ麺、それもまあ許せます。
あの人は、他の女が作った弁当を食べていたのです。
栄養も何も考えていない、冷凍食品と添加物だらけの弁当です。
私のお弁当のほうがはるかに美味しく体にいいのに。
その女は妻という立場に甘え、たいして美味しくもない手抜き弁当を作っています。
それなのに、あの人は残さずそれを食べます。
悔しかった。

だから私はナイフでめった刺しにしました。
まずはウインナーを、それから冷凍のから揚げ、茹でただけのブロッコリー、缶詰のツナとプチトマト。
全部粉々に切り刻みました。そして裏の林に埋めました。
二度とあの人の口に入らないように。
そして空になった弁当箱に、自分が作って持ってきたおかずを詰めました。
営業会議が終わるまでの間に、すべてを済ませました。

お昼休み、あの人がお弁当を広げました。
少し離れたデスクから、ドキドキしながら見ていました。
「あれ?」とあの人が言いました。
「弁当の中身が入れ替わっている」

大騒ぎになりました。
どうやらあの人は、かねてより社内でのストーカー被害を訴えていたようです。
ストーカーって、私のことですか?

慎重に事を進めたつもりでしたが、目撃者がいて、私は部長に呼ばれました。
そうです。私がやりました。
「だけどそんなに悪いことでしょうか。あなたの奥さんが作る弁当より、私のお弁当のほうが絶対美味しいわ」
あの人に向かって言いました。
するとあの人は、不機嫌な顔で答えました。
「まずそうで悪かったな。弁当は毎朝俺が作っている。朝が弱い妻の分と二人分」

ああ。まさかの弁当男子。
ますます好きになってしまいそう。どうしましょう。

無題.png

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

ユカリのお願い [コメディー]

「ささの葉さ~らさら のきばに揺れて~♪お星さまキ~ラキラ…♪」
近所の子供が歌いながら笹飾りを飾っているわ。
ああ、今日は七夕か。
ん?あの星、本当に光ってない?
あれ?大きくなった。こっちに来るわ。

「どうも、願い星です。ユカリさん、あなたの願い事を叶えましょう」
「え?どういうこと?」
「短冊に書かれた100万件を超える願い事の中から、厳選な抽選を行いました。その結果あなたの願い事が選ばれました。おめでとうございます」
「わたし、願い事なんか書いたかしら?」
「○○町○番地のショッピングモールで、2015年6月28日午後5時45分に書いています」
「ああ、そういえば書いたかも。女子会の帰りにみんなで行って、その勢いで書いたんだわ」
「では、そういうことで。あなたの願い事はもうすぐ叶います」

願い星は、それだけ言うと消えてしまった。
だけどわたし、何を願ったか憶えていないの。
あの日は、昼間からワインを飲んで、いい気分に酔っ払って書いたのよ。
『宝くじが当たりますように』かな。
『彼氏が出来ますように』かな。
『海外旅行に行けますように』かな。
『なでしこが優勝しますように』だったかしら。
『世界平和』『無病息災』『家内安全』
ああ、ぜんぜん憶えてないけど、願いが叶えばわかるわね。
なんだかのどが渇いたわ。水の買い置きあったかしら。

**
2015年6月28日午後5時45分。
女子会でワインを飲みすぎたユカリが書いた願い事。
それは、
『水が飲みたい…ユカリ』

***
あー、よかった。水の買い置き、ないと思ったらあったわ。
わたしの願い事、叶うのはいつかしら。ゴクゴク。あーおいしい。
(たった今、叶いました)

t.jpg

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村