So-net無料ブログ作成
検索選択

コスモスの丘で [男と女ストーリー]

久しぶりの休日だ。
たまった洗濯物を干し終えて、太陽に向かって大きく伸びをした。
「いい天気だし、どこか行く?」
まだ夢の中のマサルに声をかけても返事はない。
ずっと残業続きだったから、ゆっくり寝ていたいのだろう。
自分も働いているから、マサルの気持ちがよくわかる。
「たまには、ひとりで出かけてみようかな」
コスモスの丘はどうだろう。結婚前にふたりでよく行った場所だ。
たしか美味しい蕎麦屋があったはず。

マサルを起こさないように支度をして、車に乗り込んだ。
結婚して3年。最近は互いに仕事が忙しくて、一緒に出掛けることもない。
「おひとりさま」も流行っていることだし、疲れている夫をわざわざ起こして連れ出すこともない。何事もひとりで楽しめる自分になろう。
私は、なんだか冒険に行くようでわくわくしていた。

コスモスの丘は、家族連れやカップルで賑わっていた。
ちょうどコスモスが見ごろで、多くの人がスマホで写真を撮っていた。
自撮りしてみようかな。カメラを自分に向けたが、どうもうまくいかない。
「撮りましょうか?」
若いカップルの女性が声をかけてきた。
「ありがとうございます」
写真を撮ってもらい、礼を言うと、女性は少し気の毒そうに「おひとりですか」と聞いた。
「ええ、まあ」
「ここって、カップルで来ると、永遠に結ばれるんですよ」
「そうなの?」
「はい。だから、頑張ってくださいね」
え…? 何を?
私は思わず左手の指輪を隠した。この人ぜったい私を憐れんでいる。
そういえばさっきから私、カップルばかりをじっと見ていた。
寂しい30女に見えたのかしら。
遠ざかる若いカップルを見送ると、たまらなく可笑しくていつまでも笑った。

売店でコーヒーを買って、今度は家族連れをじっと見た。
そろそろ子どものことも考えないと、女性にはタイムリミットがある。
子どもができたら、マサルの帰りも少しは早くなるかな。
女の子が投げたボールが、ころころと転がってきた。
取って手渡すと、あどけない声で女の子が言った。
「おばちゃん、ひとりなの?」
ん? おばちゃん? きみのママよりたぶん若いけどね。
という言葉を飲み込んで、「ひとりだよ」と答えた。
「じゃあこれあげる」と、女の子はイチゴのキャンディをくれた。
ぱたぱたと女の子が走り去った後に、少し溶けたキャンディが残った。
私って、そんなに寂しそうに見えるのだろうか。

本でも持ってきて読めばよかった。
ただじっと、カップルや家族連ればかり見ているから愛に飢えた女に見えるんだ。
それならコスモスを見よう。
爽やかな秋の風に揺れる可憐な花。可憐なのに芯が強い花。
「君はコスモスみたいだね」って、結婚前にマサルが言ってくれたっけ。
遠い昔のことみたいだ。
ぼんやりしながらコスモスを眺めていたら、見覚えのある男が近づいてくる。
「え? マサル?」
マサルが息を切らしながら走ってきた。
「どうしたの?」
「電話しても出ないから、きっとここだと思って」
「電話。あっ、マナーモードにしてたから気づかなかった」
「ごめん」と、突然マサルが頭を下げた。
「なに? あなた何かしたの?」
「忘れたわけじゃないんだ。今日が結婚記念日だってこと」
「へ?」

今日が結婚記念日ということを、すっかり忘れていたのは私の方だ。
マサルは、いつまでも起きない自分に腹を立て、私がプチ家出をしたと思ったらしい。
コスモスの丘はふたりの想い出の場所だから、ここに来れば会えると思ったようだ。
ひとりの休日を満喫するつもりだったのに、結局ふたりになっちゃった。
まあ、でも、ひとりでいても私、マサルのことばかり考えていたんだけどね。

「お蕎麦食べる?」
「そういえば腹減った」
私たちは腕を組んで、コスモスの道を歩いた。
さっきの若いカップルと、キャンディをくれた子どもの姿を探したけれどいなかった。
「私のダンナさまよ」と自慢したかったのに。残念。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

心の記憶 [ミステリー?]

僕たちは草原に来ている。
雨が上がったばかりで草が濡れている。
彼女はサンダルを脱いでスカートの裾をたくし上げた。
踊るように草の間を歩く彼女の髪に太陽の光が降り注ぐ。
ふと立ち止まった彼女が指さす先に、大きな虹が出ていた。

そこでいつも目が覚める。同じ夢を何度も見ている。
あそこがどこで、彼女が誰なのか、僕は知らない。
だけど心当たりはある。
僕は中学生のときに心臓の移植手術をしている。
きっと、僕に心臓をくれた人の心の記憶だと思う。
それは日を増すごとに鮮明になり、ぼんやりだった彼女の顔も、今でははっきりわかる。

「ねえ、あなたもスニーカーを脱いで裸足になりなよ。気持ちいいよ」
そう言って笑う彼女の顔が、どんどん僕に近くなる。
いつも笑っているような優しい目をしている。

「ちょっと、早く起きて」
体を揺すられて目を覚ました。
目の前に、たった今まで見ていた夢の中の女性がいる。
夢と同じ顔で笑っている。
「だ、誰?」思わず飛び起きた。
「やだ、冗談言わないで。愛する妻の顔を忘れたの?」
「妻?」
「もう、怒るわよ。寝ぼけてないで、顔洗ってきて」

そうか、これはまだ夢の中だ。
どうりで、まるで知らない家だ。
知らない家なのに、僕はすんなり洗面所へ行き顔を洗う。
鏡に映った顔を見て、思わず息を止める。
別人だ。鏡の中の男は僕じゃない。
夢だ。これは夢なんだ。

「アキ」と、僕は彼女を呼んだ。
夢の中の僕は、当然のように彼女の名前を知っている。
「ユウちゃん」とアキは僕を呼んだ。もちろん僕の名前じゃない。
「ユウちゃん、ドライブ行こう。素敵な草原を見つけたの」
草原? ああ、夢の中に何度も出てきた草原か。

僕は車を運転する。
17歳の僕は運転免許を持っていないのに、何の躊躇もなくエンジンをかける。
夢の中で僕は、実に悠長に車を運転する。
突然、大粒の雨がフロントガラスを打ち付けた。
「やだ、天気予報外れだわ」
アキが顔を曇らせる。それでもなぜか楽しそうだ。
「すぐ止みそうだよ」
そう、雨がすぐに止むことを、僕は知っている。

雨が止んだ草原に、大きな虹が出た。
僕とアキは裸足になって、いつまでも虹を眺めた。
「生きているって素晴らしい」と、強く思った。

目が覚めた。
長い夢だった。
ベッドで眠る夫が、目覚める可能性はゼロに近い。
「ねえ、ユウちゃん、不思議な夢を見たわ。あなたから心臓をもらった少年の夢よ。夢の中で、少年はあなたの夢を見ていた。ね、変でしょう」

迷っていたけれど、夫の意志を尊重しよう。
きっと誰かが、あなたの命を引き継いでくれる。
夢の中の少年かもしれないと、私は思う。
だって病室の窓から見える虹が、夢の中の虹と同じくらい大きい。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

ペアルックデート [男と女ストーリー]

敦くんにデートに誘われた。
男の子との初デートは、おしゃれなカフェって決めていた。

高校までずっと女子高で、大学も女子大。
男の子とろくに話せないまま20歳になって、さすがに焦って他校のサークルに参加した。
ぽつんと座っていた私に、敦くんが話しかけてくれて、優しい人だなと思った。
帰り際、「ルミちゃん、土曜日ヒマ?」って聞かれた。

すごく迷って服を選んで、髪型決めるのに30分。
それなのに、駅で待ち合わせた敦くんに、青いTシャツを渡された。
「それ着て」
敦くんも青いTシャツを着ている。
え? もしかしてペアルック? 初デートでペアルック?

連れていかれたのは、サッカー場だった。
まわりはすべて、青い服。とんだペアルックだ。
サッカーなんてさっぱりわからない。
青い服と白い服の選手が入り混じってちょこまか動いているだけ。
敦くんは、「よし、そのまま行け!」とか「今のオフサイドじゃないだろう!」とか、興奮しながら叫んでいる。
オフサイドって、なに?

「ちょっと、今のどこがファールなの!」
隣に座った女の人が、まわりに聞こえるような声で言った。
敦くんがそれに反応して、私を挟んで彼女と話し始めた。
「あの審判、誤審が多いよね。前の試合でも、ほら、〇〇が倒されたとき…」
「そうそう、あのときは訴えてやろうと思ったわよ」
「あっ、〇〇が抜けた。チャンスだ」
「きゃー、そのままシュートよ!」
青い服の人が蹴ったボールが、網に入った。
何が起こったかわからないほどの歓声と、騒音にしか思えない怒涛のどよめき。
敦くんと、隣の女の人が立ち上がって手を叩いている。
何だか、私だけ別世界にいるみたい。

「のど渇いちゃった」
私のつぶやきに敦くんが気づき、
「あっ、ごめん。前半が終わったらハーフタイムに何か買ってくるよ」
前半? 後半もあるの? ハーフタイムって、なに?

どうやら、そのハーフタイムとやらに入ったようで、みんなが立ち上がった。
「トイレ行ってくる」と立ち上がって、正直もう帰っちゃおうかと思った。
でも敦くんの車で来たから帰り道分からないし。
涙目でトイレを終えて手を洗っていたら、「ねえ」と声をかけられた。
さっき隣に座っていた女の人だ。
「あなたサッカーに興味ないでしょう。彼氏に無理やり連れてこられたカンジ?」
「いえ、無理やりっていうか…、ブルーフェアリー行こうって言われて、あたし、素敵な名前のカフェだと思ったの。まさかサッカーチームの名前だなんて思わなかったんだもん」
ぽろぽろと涙が出てきた。
女の人は「ぷっ」と吹きだした。
「やだ、カワイイ」
「バカにしてます?」
「いいえ。でもね、そのTシャツ、似合ってるわよ。あなたが思っているよりずっと。彼とあなたもね」
女の人は笑いながら出て行った。確かにこの色は、嫌いじゃない。

席に戻ると、敦くんが淡いブルーのドリンクをくれた。グラスの端に南国の花があしらわれている。きれいな色だ。
「このスタジアム限定のカクテルだって。ルミちゃん、こういうの好きそうだから」
「ありがとう。こういうの大好き」
敦くんが私のことを、ちょっと知っててくれて嬉しい。

極度の緊張とカクテルのせいで、後半戦はずっと寝てた。
「終わったよ」って起こされた。5-0で勝ったらしい。
あのあと4点も入ったってことは、敦くんと隣の人は4回立ち上がって拍手したのか。
それでも起きなかった私って……。
完全に嫌われたと思ったけど、敦くんは優しかった。
「サッカーに興味なかったんだね。ごめん。この近くに女の子が好きそうなカフェがあるんだって。さっきサポーターの人に聞いたんだ。行ってみる?」
「うん。行きたい」
サポーターって、もしかしてあの女の人かな?

私は車の助手席に身を沈めて、敦くんの横顔をそっと見た。
好きなチームが勝って嬉しそうな顔。なんだか可愛い。
あなたのことを、もっともっと知りたい。
「ねえ敦くん、オフサイドってなに?」
まずは、ここからかな。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

遊覧船に乗って [ファンタジー]

お父さんと遊覧船に乗ったの。
ドラゴンの形の遊覧船だった。
私はまだ小さかったから、船首に付いたドラゴンの顔が怖かった。
「どこに行くの?」ってお父さんに聞いたら、
「お母さんのところだよ」って言った。
お母さんに逢えるなら、ドラゴンの顔が怖くても平気だと思った。

遊覧船は、ゆっくり空へ舞い上がった。
あれ? 海じゃないの? って思った。

ぐんぐん上がって、いつの間にか辺りは真っ暗。
真正面にお月さまが見えた。
いつも遠くから眺めるお月さまが、すごく近くに見えた。
遊覧船は月に向かって進んでいたの。

月に着いたら、お母さんが手を振っていた。
白いドレスを着て、月の女神みたいにきれいだった。
「ほら、お母さんにお別れしなさい」
お父さんに言われて、私も手を振った。
抱きしめてほしかったけど、船から降りることは許されなかった。
「バイバイ、お母さん。また逢いに来るよ」
声が届いたかどうかはわからないけれど、お母さんはずっと笑っていた。
だから私も笑って手を振り続けたの。

あの遊覧船は、ずっと夢だと思っていた。
なぜなら目覚めたとき、私はちゃんとお布団で寝ていて、起きたらお父さんがいつものように新聞を読んでいた。
お仏壇にはトルコ桔梗の花が飾ってあって、写真のお母さんが笑っていた。
「な~んだ、夢か」って言いながら、牛乳を飲んで学校へ行ったわ。

だけどね、あの出来事が夢じゃなかったって、今ならわかるわ。
だって、あなたたちが遊覧船に乗って、私に逢いに来てくれたんだもの。

ここはお月さま。
私たちはここで、星になるための準備をするの。
星になったら逢えないから、大切な人に最後のお別れをすることが出来るのよ。

ありがとう。来てくれて。
あらあら、まだ小さな孫が、キョロキョロしているわ。
ドラゴンの顔を見て泣かないように、ちゃんと抱っこしてあげて。
「バイバイ」
私は、あのときのお母さんみたいに、笑顔で家族とお別れしたの。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

人生最後の贈り物 [公募]

人間には寿命がある。それは仕方のないことだ。
あまり知られていないが、寿命が近づくと、どこからか封書が届く。
きれいな水色の封筒には、天使の羽根で書かれたような、あなたの名前が記されている。
封筒の中には、真綿のような白い表紙のカタログが入っている。
タイトルは『人生最後の贈り物』。

高木は、三年前に妻を亡くしてひとり暮らし。
息子夫婦に一緒に暮らそうと言われたけれど断った。
住み慣れた町を離れたくなかったし、嫁に気を使うのも嫌だった。
しかしここ数か月は体調が悪く、息子夫婦の世話になることも考えなければ、と思い始めていた。

高木宛に水色の封書が届いたのは、そんな秋の早朝だった。
起き抜けのテーブルに、不思議なほど自然に置かれていた。
高木は戸惑いつつも封を開けた。
「人生最後の贈り物? なんだ、これは?」

カタログを開くと、紫色のインクで書かれた丁寧なあいさつ文があった。

『慎ましく愛情深い人生を送ってきた貴方に、最後の贈り物です。カタログの中から気に入ったものをひとつ選んで、返信用のはがきに番号をご記入ください。最期まで幸せなときを過ごせるよう、心よりお祈りいたします』

そろそろお迎えが来るということか。高木は妙に納得しながら、頁をめくった。
一頁めに、豪華なディナーの写真があった。
こんな食事を、一度はしてみたいと思っていた。
飲んだこともない高価なワインとシャンパン。
厚いステーキに添えられたフォアグラ。旨そうだ。
しかしこのところ、いかんせん食欲がない。半分も食べられないだろう。
高木はため息をついて頁をめくった。

二頁めには、旅の写真があった。高木は、海外旅行など一度も行ったことがない。
妻が病弱だったから、旅行といっても近場の温泉がせいぜいだ。
ハワイでゴルフ、パリで美術館巡り、豪華客船で世界一周。どれもこれも魅力的だ。
しかし高木は、妻と出かけた温泉以上の想い出を作りたいとは思わなかった。
夕陽に染まる山間の宿と、妻の笑顔が高木のいちばんの想い出だ。

三頁めには、可愛い赤ん坊の写真があった。「初孫」と書かれている。
少し高木に似ている気がする。息子夫婦に子供はいない。
友人から孫の話を聞くたびに、羨ましいと思ったのは事実だ。
しかし、そういう人生を選んだのは息子夫婦だ。
老い先短い自分の願望で、彼らの人生を変えてはならない。

四頁めには、級友たちの写真があった。
どのようにして手に入れたのかわからないが、高木の学生時代の写真であった。
これにはさすがに心が動いた。
最後に級友たちと酒を酌み交わすことが出来たらどんなにいいだろう。
しかし高木は、三年前の妻の葬儀に遠方から駆けつけてくれた友人たちのことを想った。
みんな足が不自由だったり、持病があったりする中、無理をしてきてくれた。
何度も足を運ばせるのは忍びない。高木の方が出向くのは、体力的に自信がない。
これもだめかと頁をめくった。

五頁めには、写真はなかった。ただ、大きな読みやすい字でこう書かれていた。
『あたたかく、おだやかな死』
これだ、と高木は思った。もうこれ以外望むものはない。
高木はカタログを閉じて、同封されていた返信用のはがきに、「№5」と書き込んだ。

すると、それと同時にはがきが煙のように消えた。
カタログも封筒も、一緒に消えてしまった。
高木は、右手に握りしめたボールペンで頭を掻きながら「寝ぼけてたのか?」とひとり言を言った。

それから数か月後、高木は静かに息を引き取った。
息子夫婦と、妹夫婦や甥や姪たちに囲まれて、実にあたたかく、おだやかな最期だった。

「あなた、今までお疲れさまでした」
まるで定年退職をしたときのように、先だった妻が高木を迎えた。
「あなたも№5を選んだのね」
「そうだ。おまえも?」
「ええ、それ以外に望むものなどないわ」
「そうだな」
「あなたが№6を選ばなくてよかったわ」
№6があったことを、高木は知らなかった。五頁までしか見ていなかったからだ。
何だろう。気になったが後の祭り。
高木は妻の手を取って、あたたかくおだやかな風の中を歩き出した。

№6は、「絶世の美女との一日デート」であった。
女性の場合は美女が美男子になるのだが、不思議なことに殆どの人間は、五頁めで手を止めてしまうのだった。人生最後に願うことは、きっとそういうものなのだろう。

*****
公募ガイドTO-BE小説工房で落選だった作品です。
テーマは「贈り物」でした。
これは、オチが決まらなくて書き直しをくり返したものです。
そういうのはたぶんダメだろうなと思っていました。
夫婦が黄泉の国で出会って終わりの方がよかったかもしれません。
どうでしょう?

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

毎日ネコノミクス [コメディー]

喫茶店で、二人の女がテーブルをはさんで座っている。
ひとりは大のネコ好きの女(自称:永遠の18歳)
ひとりはネコアレルギーの女(アラフォー)

「あなた、うちの主人とどういう関係なの?」
「だから~、さっきから言ってるじゃにゃいですか。鈴木さんとわたしは、ただのネコ友にゃんです」
「ネコ友?」
「奥さんがネコアレルギーだから、鈴木さん、ネコカフェに通ってるんですよぉ。そしてわたしも、ペット禁止のマンションに住んでいるから、ネコちゃんに会いたくてネコカフェに行ってるんですぅ。そこで知り合っただけにゃんです」
「うそよ。夫を返してよ。このどろぼうネコ!」
「え、どろぼうネコ[黒ハート] いや~ん、わたし、ネコですか」
「なに喜んでるのよ。猫なで声なんか出して気持ち悪い」
「え、ネコなで声[黒ハート] 私の声、そんなにカワイイ?嬉しいんですけどぉ」
「だから褒め言葉じゃないわよ。変な人ね」

「奥さん、コーヒー飲まにゃいんですか?」
「放っておいて。猫舌なのよ」
「え、奥さん、ネコ舌[黒ハート] いいにゃあ~、ネコ舌[黒ハート]
「何がいいのよ。あのね、あなたまだ若いんだから若い人とつきあいなさいよ。主人のような猫背の中年男、どこがいいの?」
「え、鈴木さん、ネコ背[黒ハート]きゃわいい~。好きになっちゃうかも~」
「やめてよ。とにかく主人とはもう会わないで」
「だったら鈴木さんのおうちでネコちゃんを飼ったらいいじゃにゃいですかぁ。そしたら鈴木さん、ネコカフェに来にゃくなりますよ」
「だから、私はネコアレルギーなのよ」
「お庭にネコちゃん専用の小さなおうちを建てればいいじゃにゃいですか」
「猫の額ほどの庭にどうやって建てるのよ」
「え、ネコの額[黒ハート] きゃわいいお庭ですね。今度見に行っていいですかぁ」
「ダメに決まってるでしょう」

「じゃあ、今度、奥さんも鈴木さんといっしょにネコカフェに来ればいいんですよぉ。そうすれば、わたしたちがただのネコ友だってわかりますよぉ」
「行かないわよ。さっきから言ってるけど、私はネコアレルギーなの」
「それ、もう治ってるんじゃにゃいですか?」
「どうして?」
「だって、ここ、ネコカフェですよ」

ニャー、ニャー、ニャー

「にゃんてこった!」

f0227323_1950485.jpg
*写真は、はるさんちのそらくんです

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

ひとつの説 [ミステリー?]

1972年:日本
男は、閉店間際に現れた。客はもうひとりもいない。
ニット帽に大きなサングラスをかけている。
男は懐から黒いものを取り出した。
それが銃だとわかったのは、彼が上に向けて一発放ったからだ。

男は窓口の女性行員に大きな旅行カバンを渡し
「このカバンに入るだけの金を詰めろ」と言った。
ひとりの男性行員が、非常ベルを鳴らそうとした。
男は、容赦なく男性行員を撃ち殺した。
「ひい」と女性行員は札束をカバンに詰めた。
男はそのカバンを手にすると、なぜか忽然と姿を消した。
逃げたのではない。煙のように消えてしまったのだ。
そして男が消えたと同時に、撃ち殺された男性行員が、何事もなかったように起き上がった。天井に放った弾痕もない。
すべてはもとどおり。ただ、金だけが消えていた。

「これが、20世紀最大の謎と言われている銀行強盗事件だ。男はどこから現れて、どこへ消えたのか。君たちの説を聞きたい」
「先生、その男は、異次元もしくは科学技術の発達した未来から来たんじゃないですか。瞬間移動で時空を超えたんですよ」
「そういう説が最も多いのは事実だ。だが疑問がひとつ。撃たれた行員が傷もなく生き返ったのはどう説明する?」
「時間を戻したんじゃないかな。犯行の前に」
「それはおかしい。時間が戻ったら金も戻っているはずだ」
「そうそう。男の存在も行員たちの記憶から消えているはずだ」
「じゃあ、撃たれた行員は男の仲間だったんですよ。先に来ていて、銀行に紛れ込んでいたんです。男の凶暴さを印象つけるために、わざと撃たれて見せたんですよ。もちろん実際に弾は当たっていない」
「じゃあ天井の弾痕はなぜ消えたんだ?」
「うーん」
「あ、先生、CGとか使ったんですよ。プロジェクションマッピング的な」
「そうだ。銃も本物じゃない。撃ったときのシミュレーションが出来る訓練用だ」
「実際の銃の怖さを知るためのものか。あるかもしれないな」
「なるほどね。どれも興味深いな。おっと時間だ。続きはまたどこかで話そう」

この手の話は学生にウケる。
実際には何もわかっていないのだから、いろんな説が飛び交う。
教授は大学のカフェテラスで昼食をとった。

「先生、さっきの授業面白かったです」
ひとりの女生徒が前に座った。
「でも先生、あの事件は、そんなSFチックなものじゃないんですよ」
「君の説を聞こう」
「あれは、行員たちの狂言です」
「ほう」
「行員のひとりが銀行の金を横領しました。その人は親の借金を抱えて大変で、仕方なく銀行のお金に手を付けました。それはとても悪いことだけど、同僚たちはひどく同情しました。そして、仲間を助けるために、みんなで強盗に金を奪われるという狂言を考えたのです」
「しかし無理だろう。上司だっているし」
「ちょうどいなかったのです。本店で会議があって、上司は全員いませんでした」
「だけどひとりくらい反対者がいただろう」
「いいえ。なぜなら盗んだお金は、みんなで山分けしたからです」
「うまくいくとは限らない」
「実際うまくいきました。何かの効果音で作った銃声音を通行人に聞かせたのもいい作戦です。ただ、それで通報を受けた警察が、思いのほか早く来てしまったのが計算外でした。犯人が突然消えてしまったと、オカルトめいたことを言ってしまったのはそのせいです」
「男性行員が撃たれのは?」
「さあ、それはおそらく、20世紀最大の謎などと言われ、話が肥大していくうちに生まれた作り話でしょう。都市伝説的なものですよ」
「うーん。やけにリアルな説だな」
「それから先生、これもひとつの説ですが」
「なんだね」

女生徒は、急に声をひそめた。
「そのときの行員のひとりは、私のおばあちゃんです。もう半分ぼけてるけど、昔のことはよく覚えているんですよね」
「まさか本当に?」
「床下の壺の中に、おばあちゃんのへそくりがあるんですよ。聖徳太子の一万円札がたくさん。怖くて使えなかったんじゃないでしょうか」

「あくまでも、ひとつの説ですが」と付け加えて、女生徒はふふっと笑った。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村