So-net無料ブログ作成
検索選択

純愛日記 [男と女ストーリー]

2017年3月

卒業式で、大好きな先輩が答辞を読んだ。
凛々しい先輩を見るのは、今日で最後。
溢れる涙をこらえて、私は先輩の姿を目に焼き付けた。
「思い切って告白すれば?」
友達は言ったけれど、私は見ているだけで幸せだった。

家に帰ると日記帳を開く。
入学した日に、桜吹雪の中で先輩を見た日から毎日書き続けている日記。
先輩への想いが詰まった2年間の日記。
最後の想いを綴って日記帳を閉じ、鍵のかかった引き出しにしまった。

翌日、学校から帰ると、部屋の様子が微妙に違っている。
日記の鍵を入れた小物入れの蓋が少しずれている。
日記帳は引き出しにちゃんと入っていたが、誰かに見られたような気がした。
だけど母はパートでいないし、中学生の弟は部活で私より帰りが遅い。
きっと気のせいだ。私は日記を読み返して、先輩との思い出に浸った。

そんな思い出が、黒く塗りつぶされるような出来事が起きた。
先輩に彼女が出来た。
その彼女というのが、私に「告白すれば?」といつも言っていた親友だった。
「あんたが告らないから、あたしが言ったの。すぐにOKもらえたよ」
私はその夜、大泣きしながら日記帳をびりびり破って捨てた。
こんな思い出、もういらない。
切ない恋と儚い友情を、思い知った夜だった。

2042年3月

子供のころから書くことが好きだった私は、小説家になった。
一度大きな賞を頂いたけれど、その後はなかなか書けずにいる。
今手掛けているのは、純愛小説なんだけど…。
「先生、主人公、高校生ですよね。なんだか、中年女みたいなんですよね。もっとこう、ピュアな恋愛とか、書けませんか」
編集さんによる鋭いダメ出し。
青春物で賞をもらったから、次は純愛物をと意気込んだけれど、恋なんて何年もしていない。
そういえば、高校生の頃、すごくピュアな片思いをしていた。
その頃のことを思い出してみたが、そういう感情はもはやどこかへ消えてしまった。

そういえば、あのころ日記を書いていた。
あの日記、どうしたかしら。
実家に行って探してみたけれど見つからない。ああ、そうだ。嫌なことがあって、破って捨てたことを思いだした。

数年前から始まった、タイムトラベルサービス。
まだ開発途中で、過去にしか行けないのだけれど、確か滞在時間1分1万円だ。
利用してみようか。
日記帳を超小型高性能カメラで読み取って、戻ってくるまで10分もかからないだろう。出せない金額ではない。

私は、私が日記帳を破り捨てる前の2017年3月に戻った。
懐かしい部屋だ。17歳の私は、この部屋で泣いたり笑ったりしていた。
感慨に浸っている場合ではない。1分1万円だ。
引き出しの鍵の場所はもちろん知っている。
素早く事を終え、私は2042年に帰り、日記に詰まったたくさんの純愛を文字にしていった。

小説「純愛に死す」はベストセラーになった。
「この作品は、先生の体験が元になっているそうですね」
「はい、私は、この辛い失恋の後、なかなか次の一歩が踏み出せませんでした。脆くて切なくて純粋だったころの自分と、主人公を重ねて書いたものです」
「先生が未だに独身なのも、この純愛が関係あるのでしょうか」
「そうかもしれませんね」

2017年3月

びりびりに日記帳を破り捨てて大泣きしたらすっきりした。
さあ、次の恋しよう!


にほんブログ村

はつこい [ファンタジー]

僕の初恋は、姉のお雛様だった。
大きな屋敷にあるような七段飾りではなく、お雛様とお内裏様だけの一段飾りだ。
姉はお雛様を飾るたびに、「さわらないでよ」と言った。
だから僕は、少し離れたところから、お雛様を眺めるだけだった。

僕は小学生になった。
母と姉が出かけて、僕は子供番組を見ながらひとりで留守番をしていた。
「くすくす」と笑い声がした。
振り返ると、お雛様が笑っている。
見間違いかと思ったけれど、何度も笑う。
「テレビ、面白いの?」
「ええ、面白いわ。だってこの子、何度叱られても同じいたずらをするんだもの」
「そうだね。チャレンジャーだね」
「キミとは大違いね。キミは、お姉さんが私にさわるなと言ったら、本当にさわらないんだもの。良い子すぎてつまらないわ」
「さわって…いいの?」
「もちろんいいわよ」

僕は、お雛様に初めて触れた。近くで見ると、すごくきれいだ。
「きれいだな」
「ありがとう。お内裏様は、そんなこと言ってくれないわ」
「そうなの?」
「もともと愛なんてないのよ。政略結婚だから」
「せいりゃくけっこん?」
「キミにはわからないでしょうけど、昔はね、自分の気持ちなんて関係ないの。家のために結婚するのよ」
「ふうん」
そのとき、母と姉が帰ってきて、僕は慌ててお雛様を戻した。
「ただいま。あんた、お雛様にさわった?」
「さ、さわってないよ」
「そう。ならいいわ」

その後もお雛様は、僕がひとりのときに話しかけてきた。
たいがいはお内裏様の愚痴だった。
「あの人、何を考えているのかわからないの。ちっとも話さないしね。キミとのおしゃべりの方がずっと楽しいわ」
小学生の僕には、重い話だったけど、なぜかとても嬉しかった。
だけど月日が流れるにつれて、お雛様の愚痴はだんだん減っていった。
「あの人、無口だけど意外と優しいところもあるのよ」
「へえ」
「不器用なのよね。簡単に愛を口にする人より信頼できると思うわ」
「へえ」
「キミは、好きな子はいないの?」
「え?あっ、姉ちゃんが帰ってきた」
そんなふうに、僕たちの楽しい時間は過ぎていった。

姉は中学生になると、お雛様を飾らなくなった。
「どうして飾らないの?」
「勉強が忙しいの。お雛様どころじゃないわ。男のくせにお雛様を飾りたいなんて、あんた、もしかしてオカマ?」
姉の言葉に傷つきながらも、いつしかお雛様を飾らないのが当たり前になり、僕の人知れぬ初恋は終わりを告げた。

さらに月日は流れ、姉は結婚して男の子ふたりの母になった。
その後僕も結婚して、秋に女の子が生まれた。
「まあ、初節句ね。お雛様を買わなくちゃね」
母の言葉に僕は、姉のお雛様を思い出した。
「おれ、姉ちゃんのお雛様が欲しいんだけど」
「あんな古いお雛様より、新しいのを買ったら」
母は言ったけれど、僕はどうしても姉のお雛様がいいと言った。
妻もそれでいいと言ってくれた。
姉は「別にいいけど。あんた、小さいころお雛様にさわらせてもらえなかったのが、よほど悔しかったのね」と笑った。

久しぶりに会ったお雛様は、やはりきれいだった。
もうしゃべることはなかったけれど、見るたびに甘酸っぱい想いが甦る。
娘が3歳になった穏やかな春、家族でお雛様を飾った。
「ねえパパ」
お雛様をじっと見ながら娘が言った。
「せいりゃくけっこんって、なに?」

1456288232226.jpg


にほんブログ村

長い乾杯 [コメディー]

ご指名をいただきました長井です。
僭越(せんえつ)ながら、乾杯の音頭をとらせていただきます。

あきらくん、みさきさん、ご両家の皆さん、本日はまことにおめでとうございます。
あきらくんが我が社に入社いたしましたのは、5年前の4月のことでございます。
桜はまだ3分咲きといったところでした。
入社して一週間のころ、桜は満開になり、恒例の花見をすることになりました。
私はあきらくんに場所取りをするように言いました。
新入社員が最初に任される大役なのです。
すると、あきらくんは言いました。
「なんで場所取りとかするんすか? それって業務と関係あるんすか? だいたいこのクソ寒いのに外で花見って、頭悪いっすよね」

私はいたく感心しました。
上司に向かって堂々と意見を言えるなんて、私たちの時代では考えられません。
こいつは大物だと思いました。

その後、あきらくんは大きな契約をとってきました。
聞けば御父上が、地元ではかなり有名な建設会社の社長さんだそうで、コネを使いまくってとった契約だったそうです。
何はともあれ我が営業部の成績がぐんと上がったのは、嬉しい限りでございます。
この場を借りて、お父様にお礼申し上げます。
その後、契約書の数字を一桁間違えたり、商談中にスマホでアイドルの画像見ていたりしましたが、ご心配なく。
こっそりフォローしているのは、この私ですよ、お父様。

新婦のみさきさんは、とても聡明なお嬢さんです。
玉の輿を狙って合コンに行き、見事にできちゃった婚まで漕ぎつけた努力と執念には感服いたしました。
教会の挙式では、元カレが乱入するという珍事もございましたが、強面の方々が丸く収めてくださりホッといたしました。
「ちょーあせった~、マジかんべん」と、つぶやくみさきさんに、ちょーウケました。
あっ、失礼いたしました。

えー、おふたりが幸せな家庭を築かれることを心より願いながら、カンパイ!
あれ? みなさん、もう飲んでる…
「なげーよ」
「マジかんべんだっつうの」


にほんブログ村

社長夫人と僕

社長夫人は、社長が不在の時を狙って会社に来る。僕に会うために。
今日は昼休みにやってきた。
「あら、あなたひとり?」
「社長は出張です(知ってるくせに)」
「まあ、愛妻弁当? ちょっとおかず少なくない?」
「放っておいてください」
「ねえ、今夜うちに来ない? あの人いないから」
「行きませんよ。嫁が待っているんで」
「朝昼晩、嫁の食事じゃ飽きるでしょ。たまには浮気しなさいよ」
弁当のプチトマトを、赤い口紅をたっぷり塗った口に放り込み、
「甘くないわね。安いトマトね」
「放っておいてください」

社長夫人は、ずっと社長の愛人だった。
2年前に本妻が亡くなって、正妻の座についたのが半年前だ。
社長と前妻との間に子供はなく、再婚に反対されることもなかったが、会社の中には、あまり快く思っていない社員もいた。
事務の中川さんが昼休みを終えて戻ってきた。
社長夫人が僕の隣に座っているのを見て、あからさまに嫌な顔をした。
中川さんは、社長の再婚を快く思っていないひとりだ。

「おじゃましました」
腰をくねらせて社長夫人が帰ると、中川さんは大きくため息をついた。
「狙われてるんじゃない? 浅田くん。誘惑された?」
「いえ、そういうんじゃないです」
「前の奥様は品のいい方だったのに、あのケバイ女が社長夫人だなんて、会社の恥ね」
中川さんは社長夫人の香りを消すように、窓を開けた。
ひんやりした風が入り込み、僕は少し身震いをした。
「浅田くん、社長夫人に気に入られるのもいいけど、誘いに乗ってクビにならないようにね」
「まさか」

僕はこの会社で経理の仕事をしている。
高卒だけど、会社の配慮で夜間の経理専門学校に通わせてもらった。
中川さんは、そんな僕を少しやっかんでいる。

数日後、社長夫人がまたやってきた。僕はコンビニで買ったパンを齧っていた。
「あら、今日は愛妻弁当じゃないの? ついに嫁に逃げられた?」
「ちがいます。ちょっと具合が悪いだけです」
「風邪?」
「いえ、つわりです」
「あらまあ、おめでたなの。やだ、早く言ってよ」
社長夫人が隣に座って、ささやくように顔を近づけてきた。
「じゃあ今晩うちに来ない? ほら、いろいろ不自由でしょ」
「不自由なんてしてませんよ」
「敬語やめなさいよ。ふたりきりなんだから」
社長夫人の指が僕の髪に触れたとき、中川さんが帰ってきた。
社長夫人は立ち上がり、「じゃあね」と手を振った。
中川さんは、軽蔑するように僕を見た。

社長夫人と僕が不倫をしていると噂が流れたのは、翌日のことだ。
僕と社長夫人が顔を近づけて親密そうに話す写真が、会社の掲示板に貼り出されていた。
おそらく中川さんの仕業だ。
「浅田くん、おとなしそうに見えてなかなかやるね」
「社長に特別扱いされて、いい気になってるんじゃね」
「浅田はクビだな」
うわさ話にうんざりしているところに、社長がきた。
「キミ、子供が出来たそうじゃないか。おめでとう」
ニコニコしながら僕の手を握った。
「困ったことがあったら言いなさい。家内も心配していたよ」
「ありがとうございます」

そんなやりとりを見ていた中川さんが、居ても立っても居られない様子で僕と社長の間に割って入った。
「社長、浅田くんは社長を裏切っているんですよ。奥様と不倫しています」
そう言って写真を見せた。
一瞬間を置いて、社長が大声で笑いだした。
「仲睦まじい写真じゃないか。不倫の訳ないだろう。妻と彼は親子なんだから」
「お、親子?」

そう。社長は母の愛人だった。
そういう関係に反発した時期もあったけど、金銭的な援助も受けたし、好待遇で社員にしてくれた。
何よりこの会社は、いずれ僕の物になる。
その日まで、せいぜい母と仲良くしてくださいよ、お義父さん。


にほんブログ村

TO-BE小説工房、最優秀 [公募]

公募ガイド「TO-BE小説工房」で、最優秀賞をいただきました。
課題はカメラでした。
嬉しいことに、3度目の最優秀です。

上手く書けても書けなくても、とりあえず毎回出そうと決めています。
課題に沿って書くのは、すごく勉強になるし、このような賞をいただくと、
本当に励みになります。
これからも、よい報告ができるようにがんばります^^

作品は、公募ガイド3月号で読むことができます。
タイトルは「忘れ物」です。
よかったら、読んでみてください。

KIMG0041.JPG


にほんブログ村

暦の上では

「梅の花が咲いたよ」と、母からの電話。
「今年は早いねえ。だけどまあ、暦の上では春だからね」
「まだ2月だよ」
「立春過ぎたら春なのよ。暦の上ではね」
「ふうん」
「ところであんた、帰ってくる気はないの?」
いつもの会話。こっち(東京)で就職するって言ったはずなのに。
田舎が嫌で東京の大学を選んだのに、何が悲しくて地元で就職するんだよ。
電話を切って、スマホをベッドに放り投げた。

就職はまだ決まらない。だけど絶対帰らない。
こっちには付き合って2年の恋人もいる。
彼女は大学のゼミが一緒で、やはりまだ就職が決まっていない。
でもお互いにバイトをしているし、いざとなったら一緒に暮らしてもいい。
僕はあまり焦っていなかった。

ところが、母から電話があった数日後、彼女から突然別れを告げられた。
「ごめんね。私、札幌に帰ることになったの」
「え? どうして」
「地元で就職するの。実は、もう決まってる」
最初からそういう約束で東京の大学に通わせてもらったと、彼女は泣きながら何度も謝った。
「なかなか言い出せなくてごめんね。今までありがとう」

僕はワンルームの小汚いアパートで、ごろんと寝ころんだ。
シミのある天井を眺めながら、ここにいる意味を考えた。
就職は決まらない。彼女はいない。こっちに残る意味ってあるかな。

そんなとき、再び母から電話があった。
「梅の花が咲いたよ」
「この前聞いたよ」
「この前よりたくさん咲いたのよ。このところ暖かいでしょう。なにしろ…」
「はいはい、暦の上では春なんでしょ」
「その通り」
いつもは鬱陶しい会話が、なぜか優しく思えた。

「ねえ母さん、俺、帰ろうかな」
思わずぽろりとつぶやいた。
「あら、梅の花は東京でも咲いているでしょう。それに帰ってくるなら、もっと満開になってからの方がいいわよ」
母が望んでいる言葉を口にしたのに、軽くスルーされた。
2泊3日の帰郷とでも思ったのだろう。ちょっとウケる。
苦笑しながら電話を切った。

そんなわけで、僕は今日も面接に行く。
住宅街の片隅に、梅の木があった。
いつもは気にも留めないのに、立ち止まって花を数えてみた。
思ったより多くの花が咲いている。
「暦の上では春なんだな」
誰にともなくつぶやいて、背筋を伸ばす。
風はまだ冷たいけれど、僕は前を向いて歩き出した。


にほんブログ村

不公平な2月 [コメディー]

世の中は不公平だ。
それを知ったのは、小学生になった2月のあの日。

僕と隼人は赤ん坊の時からずっと仲良しで、幼稚園では一緒に孫悟空の役をやったし、勉強も運動も、同じくらいに出来た。
それなのに2月14日、隼人はランドセルに入りきれないほどのチョコレートをもらった。
「オレには?」と言ったら、
「なんで山田君にあげるの~? バレンタインチョコは好きな人にあげるんだよ~」
と言われた。
そうだったのか。いつも母ちゃんと姉ちゃんが当たり前のようにくれたから、女が男にチョコをくれる日だと思っていた。
ん? つまり、クラスの女子たちは、隼人を好きで僕を好きじゃないってこと?
よく見ると、確かに隼人はかっこいい。
世の中って不公平だな。

その後も、2月14日、隼人はたくさんの女子にチョコをもらって告白された。
僕は相変わらず、母ちゃんと姉ちゃんと保険のおばさんにもらったチョコをチビチビ食べた。
中学、高校と野球部に入った。
モテない理由を坊主頭のせいにしたかったからだ。
だけど一緒に野球部に入った隼人は、坊主頭にもかかわらずやっぱりモテていた。
不公平だ。

そして僕は大学生になった。
成績が同じくらいの隼人とは、大学も一緒だった。
いい加減離れたいとも思ったけれど、やっぱり気の合う親友同士だ。
一緒にいると楽しいけれど、引き立て役になっているようで、たまに切なくなる。

「ねえ、山田君、合コンしようよ」
女の子から、やたらと誘われる。
「私女の子集めるからさ、山田君は男の子集めて。それでね、ぜったい隼人君に声をかけて欲しいの。ね、お願い」
つまり、みんな隼人狙いだ。だったら隼人に声をかければいいのに、「ムリ、胸キュンで死ぬ」だってさ。

合コンではもちろん隼人のひとり勝ち。
だけど隼人は誰にもなびかない。クールなところがまたモテる。

「あーあ、隼人はいいなあ。今年もいっぱいチョコをもらうんだろうな」
「え、なに山田、チョコ欲しいの?」
「そりゃあ欲しいよ。誰かオレに本命チョコくれないかな」
「そうか。チョコってそんなに欲しいものなんだ」
ちくしょう。モテるやつの余裕の発言だな。

19歳の2月14日、今年も母ちゃんと姉ちゃんと保険のおばさんの3チョコだと諦めていた僕だったが、ついに、ついに、生まれて初めての本命チョコをもらった。
ずっと僕のことが好きだったと言ってくれたその人は、モデルみたいなきれいな顔をした18年来の親友だった。

嬉しいよ。いや、ホントに嬉しいけどさ、
なあ隼人、オレはいったいどうすりゃいいのさ。

KIMG0031.JPG


にほんブログ村