So-net無料ブログ作成

おとぎ話(笑)18 [名作パロディー]

<金の斧・銀の斧>

ひとりの男が湖のほとりを散歩していた。
喉が渇き、自動販売機の前で小銭を出そうとしたら、うっかり財布を落とし、小銭が湖の中に落ちてしまった。
「ああ、僕の小銭が…」
すると湖の中から女神が現れた。
「おまえが落としたのは、500円玉か?100円玉か?それとも10円玉か?」
「それ全部です。全部で735円落としました」
「正直者だな。ではおまえには、いちばん高価な500円玉をやろう」
「いや、235円足りねーし」


<白雪姫>

白雪姫は毒リンゴを食べて、ぱたりと倒れてしまいました。
「わーん、白雪姫が死んじゃった」
小人たちが泣いていると、立派な王子様が通りかかりました。
「いったいどうしたんだ?」
「白雪姫が、毒リンゴを食べて死んでしまいました」
「おお、なんて美しい姫だ。かわいそうに。じゃあ」
「ちょいとお待ちを。キスしないんですか?」
「だって、毒リンゴ食べたんでしょう。唇に毒がついてるかもしれないし」
「たしかに…」


<都会のネズミ、田舎のネズミ>

都会のネズミが、田舎のネズミのところに遊びに来ました。
「よく来たなあ。ご馳走用意したで、食べてけろ」」
「ありがとう。うん、なかなか素朴な味だね。さすが田舎だ。でもさ、悪いけど僕の口には合わないな。なにしろ僕は、都会の三ツ星レストランにしか行かないからね」
「それ、東京の最高級レストランからネットで取り寄せたんだけど、口に合わないけ?」
「あ、ネットで…。あー、うん、そういえば、三ツ星の味だ。この煮物なんか特に上手いよ」
「その煮物だけは、母ちゃんの手作りだ」


<花咲かじいさん>

「今年の桜はいつごろ咲きますかね?」
「ちょっと待ってください。確認します」
「確認? 気象協会にですか?」
「いえ、花咲かじいさんです。もしもーし。ああ、つながらない。いい加減携帯持ってくれないかな。あのじいさん」


<北風と太陽>

北風と太陽は、どちらが強いか勝負をすることになりました。
「よし、あそこを歩く男のコートを脱がせた方が勝ちだ」
「望むところだ」
北風は、冷たい風をピューピュー吹かせました。
男は動じません。
太陽はギラギラと男を照りつけました。
男は動じません。
どんなに頑張っても、男はコートを脱ぎません。
「はあ、もうだめだ。今回は引き分けにしよう」
北風にも太陽にも動じない我慢強い男は、無心でスマホのゲームをしていました。

歩きスマホはやめましょう。


にほんブログ村