So-net無料ブログ作成
検索選択

離婚届・婚姻届 [男と女ストーリー]

バツイチ同士の再婚で、彼も私も子供がいないし、双方の親も他界している。
障害は何もない。彼はちょっと頼りないけど優しい人だ。
とりあえず一緒に暮らし始めて、あとは籍を入れるだけだった。

ところがここで問題が起きた。
彼の離婚届が、出されていなかったのだ。
つまり彼はまだ、離婚をしていない。

彼は元妻に電話をした。
「え? 出し忘れたって、どういうことだよ。もう5年も経っているんだぞ。いや、確認しなかった俺も悪いかもしれないけど、出し忘れって、なんだよ、それ」
不機嫌そうに電話を切った彼は、ため息混じりに「ごめん」と言った。
「だらしない奴なんだよ。私が出すって言いながら、忘れたんだって。しかもどこかへ失くしたらしい。本当にダメな奴なんだ。だから別れたんだけどね」
「それで、どうするの?」
「明日、うちに来るって。離婚届をその場で書いてもらうよ」
「そう」
「会うのが嫌だったら、君は出かけてもいいよ」
彼はそう言ったけれど、私が留守の間に元妻が来て、あちこち見られるのも嫌だ。
私は、二人の離婚届の署名に立ち会うことにした。

翌日、午後6時に来るはずの元妻は、30分を過ぎても来ない。
「ルーズな奴なんだよ。だから別れたんだ。仕事が忙しいとか言って朝飯も作らないし、掃除もいい加減だし」
彼の元妻に対する悪口は、どんどんエスカレートする。
いつだって仕事優先で、妻としての役割を果たさなかったとか、車の運転が荒いとか、自分よりも高収入なのを鼻にかけていたとか。
なんだか、聞けば聞くほど、彼が小さい男に見えてくる。

元妻は、6時40分を過ぎたころにやっと来た。
「ごめんなさい。遅れちゃって」
彼が言うほどだらしない印象はない。
上品なスーツを着て、薄化粧だけど美人だった。
彼女は私に気づくと、丁寧にお辞儀をした。
「忙しい時間にごめんなさいね。離婚届を書いたらすぐに帰りますから」
感じのいい人だった。

彼女の後ろから、小さな男の子がひょっこり顔を出した。
彼女は子供の頭を撫でながら言った。
「この子を保育園に迎えに行ってたから遅くなってしまったの」
「君の子供? 結婚したのか?」
彼が驚いて聞いた。
「結婚するわけないでしょう。離婚していないんだから。さあ、ごあいさつして」
母親に促され、子供が可愛い声で挨拶をした。
「はるきです。5歳です」
「5歳?」
彼が青ざめた。確かめるまでもなく、はるき君は彼にそっくりだ。

「別れた後で妊娠がわかったの。でもね、捨てないでくれってすがりつくあなたを追い出しておいて、妊娠したから帰ってきてなんて言えないじゃないの」
すがりついた? 彼が?
「出産準備やら仕事の調整やらで忙しくてね、離婚届出し忘れちゃったのよ」
彼女はそう言うと、素早く離婚届に名前を書いて印を押して帰った。
「じゃあ、あとはヨロシク」

離婚届を見つめながら、彼は明らかに動揺している。
「わざとじゃない?」と私は言った。
「彼女、わざと離婚届を出さなかったのよ。あなたが帰ってくると思って」
「そうかな…」
「追いかけたら」
私は、離婚届を丸めて捨てた。今度は私があなたを追い出す。

彼が元妻、いえ、妻の悪口を言い始めたときから、わずかな嫌悪感を拭いきれない。
それは放っておいたコーヒーのシミみたいに、消えることはないような気がする。
抽斗にしまった婚姻届けを出す日は、もう永遠に来ない。
溜息をつきながら捨てた。ゴミ箱の中で、離婚届と婚姻届がぶつかり合って弾けた。


にほんブログ村