So-net無料ブログ作成
検索選択

説明の多い立ち食いソバ店 [コメディー]

立ち食いソバの店の前に、長い行列が出来ていた。
よほど美味しいのだろうか。
並んだとしても、立ち食いソバなら回転も速いし、さほどでもないだろう。
そう思って、いちばん最後に並んだ。

しかし行列はなかなか減らない。
しかしここまで待つとどうしても食べたい。
根気強く小一時間ほど待って、自分の番が来た。

「いらっしゃいませ。立ち食いソバへようこそ。お客様、おひとりさまですか?」
「はあ」
「当店のご利用は初めてでいらっしゃいますか?」
「はあ」
「では、当店のシステムをご説明いたします。まず、こちらの券売機で、お好きなメニューをお選びください。たとえば、かけそばでしたら300円でございますので、百円玉を3こ、こちらの投入口にお入れください。500円玉、千円札はお使いいただけますが、五千円札、一万円札はご遠慮くださいませ。それから、もうすっかり忘れ去られている二千円札もご遠慮ください。300円を入れますと、かけそばのボタンが光ります。料金が定額に達しない場合は光りませんので、必要な金額を追加してご利用願います。さて、ボタンのランプが光りましたら、そこを人差し指、もしくはその他の指で押していただけますと、こちらの取り出し口より『かけそば』と書かれた券が出てまいりますので、それをカウンターにお出しください。おつりがある場合は、こちらの返却口をご確認ください。万が一取り忘れるようなことがありましたら、次の方が得をしてしまうシステムになっております。もしもトラブルになりましても、当方では一切関知いたしませんのでご了承ください。なお、当店はより多くのお客様にご利用いただくために、立ち食い方式をとらせていただいております。足が疲れる、だるい等の理由で座りこまれますと他のお客様に大変ご迷惑となります。当店は、完全前払い制度でございますので、お食事が終わりましたらそのままお帰り下さい。もしも満腹感を得られなかった際には、お手数ですが最初からお並びください。お客様の場合、少々体格がよろしいので、最初から大盛りにすることをお勧めいたします。大盛りの場合は50円を多く投入いただきまして、こちらのボタンを押してください。それから、お水はセルフサービスとなっております。本日は、フランスの硬水にミントをあしらったものをご用意いたしております。それでは、ごゆっくり当店自慢のソバをお召し上がりくださいませ。なお、本日シェフのご挨拶はご遠慮願っております。なにかご質問はございますか?」
「いや…」
「では、お次の方どうぞ」

こりゃ、行列出来るわ。


にほんブログ村