So-net無料ブログ作成
検索選択

25年目のクラス会

久しぶりに降りた故郷の駅は、閑散としていた。
6番のバス乗り場に行くと、懐かしい面影がベンチに座っていた。
「先生」
声をかけると、先生は「やあ」と右手を上げた。
「今日はクラス会だね」
「そうですね。卒業して25年目のクラス会です」
「みんな変わったかな」
「ええ、15歳だった少年少女が、40歳の中年ですもの」

 あの頃の先生は25歳の若い教師で、女生徒たちの憧れだった。
若い分、私たちの気持ちをよくわかってくれて、男子生徒にも人気があった。
私の初恋も先生だった。世界中で、先生が一番好きだった。
「俺もすっかりしょぼくれた中年オヤジだよ」
「先生は今でも素敵です。前にお会いした5年前のクラス会のときと、全然変わってないわ」
「君は元気なのか?」
「この5年間に、いろいろありました。両親が相次いで亡くなって、実家を売りました。3年前です。だからこの町に来るのは3年ぶりです」
「そうか。それは大変だったね。俺は、相変わらずだよ。教師を辞めてから、塾の講師で細々と食ってる」

バスは来ない。
タクシーの運転手が、退屈そうに欠伸をしている。
閑散とした駅のロータリーで、私たちは日暮れまで話をした。

「そろそろ、クラス会が終わるね」
先生の足元に、ポプラの長い影が落ちる。
バスは来ない。来るはずがない。6番の路線バスは廃線になった。
どちらからともなく、手を握り合う。
大きくて、ごつごつした大人の手が好きだった。
しばらくそんな余韻を楽しんだ後、私はゆっくり絡み合った手をほどいた。

「先生、もう終わりにしましょう」
先生は答えなかった。
「私、結婚します。優しい人です。こんな私でもいいと言ってくれました」
「そうか」

25年前、先生と私は愛し合った。
25歳と15歳の恋が認められるわけもなく、私たちは心中事件を起こした。
それは未遂に終わったが、それからすべてが変わってしまった。
先生は教師を辞め、私は遠くの親戚の家で、半分監禁されたような学生時代を過ごした。
5年に一度行われるクラス会の日、私たちはこうして、ふたりだけで逢っている。
私たちが、クラス会になど、呼ばれるはずがない。

「5年後は、もう来ません」
立ち上がった私を見上げる先生は、一気に老けた老人のように見えた。



にほんブログ村