So-net無料ブログ作成
検索選択

おやゆび姫育成キット [コメディー]

夫が、チューリップの鉢植えと「おやゆび姫育成キット」を買ってきた。
夫はこういう変わったものが好きで、前にも「100万コに1コ、桃太郎が入っている桃」とか、「運がよければかぐや姫に逢える竹」とか買ってきた。
今回もどうせまがい物だろうと思いながらも、花がきれいだったから育てた。

育成キットはいたって簡単。
小さな粒を花の真ん中に置き、あとは特殊な培養液と水を与えるだけ。
子供だましだと思ったが、二日後、粒がうようよ動き出した。
それはだんだん形を変えて、人間に近づいていく。
前に姉に見せてもらった、胎児の画像に似ている。
そして三日後、チューリップの真ん中に、可愛らしい赤ちゃんが誕生した。
だけどそれは、なぜか上半身しかない。
「ねえ、どうして足がないのかしら」
「歩き回ると厄介だからだろう。あくまで観賞用だから」

夫は観賞用と言ったけれど、それは日に日に成長した。
どうやら1日1歳成長するらしく、生まれて2日目に言葉を話した。
「ママ」
なんて愛らしいのでしょう。
いつまでも花の上では安定が悪いので、専用の台座(オプションで1万円)に置いた。
成長しても大きさは親指ほどしかない。小さな人形みたいで、とても可愛い。
オプションで洋服も売っていたが、高いので自分で作った。
レースのワンピース、ピンクのドレス。
私とお揃いのブラウスも作った。チューリップの刺繡よ。
毎日違う服を着せた。着せ替え人形みたいで楽しい。
「ママ、可愛いドレスをありがとう」なんて言われると、抱きしめたくなる。

異変が起きたのは、育成を始めて15日目のことだ。
おやゆび姫の声が低くなり、口の周りにうっすら髭が生えた。
「あなた、おやゆび姫が変よ。ほらみて、髭が生えたわ。不良品かしら」
夫は「ちょっと待って」と、育成キットの説明書を取り出した。
「あ…、こいつ、オスだった」
「はあ? 男? 姫じゃないじゃん!」
「髭剃りは、専用の物を使ってくださいだって。オプションで3万2千円」
「冗談じゃないわよ!」

45日が過ぎた。
ロン毛で無精ひげのおやゆび野郎が、今朝も私に話しかける。
「ママ、おはよう。いい朝だね」
「おはよう、おっさん。二度とママって呼ばないでね」
「じゃあ奥さん、オプションでイケメンになる薬売ってるけどどう? 5万円で」
「もういい!!」

KIMG0100.JPG


にほんブログ村