So-net無料ブログ作成
検索選択

子供過保護法 [風刺]

「いってきま~す」
太郎は元気に家を出た。

「こちらA地点、太郎くん、家を出ました」
「了解」

「こちらB地点、太郎くん、薬局の角を曲がりました」
「了解」

「こちらC地点、太郎くん、犬が怖くて立ち止まりました。どうしますか?」
「つないであるのか?」
「はい。頑丈な鎖でつながれています」
「なら問題ない。動物とのふれあいも大切だ。そのまま見守るように」
「了解」

「こちらD地点、太郎くん、大通りに出ます」
「車両は通行止めにしてあるのか?」
「はい、抜かりありません」

「こちらE地点、太郎くん、小学校の門の前にやってきました。
先生が迎えに来ました」
「間違えなく先生だな」
「はい、認識装置で確認しました」
「よし!任務修了だ。ご苦労であった」

******************

これは近未来の話。
子供手当てを駆使しても、少子化の波は止まらず、政府はついに新しい法案を定めた。

『子供過保護法』である。
今いる子供を危険から守るというもので、学校の行き帰りを大人が見張ることになった。

ただし子供の自主性を損なわないために、「はじめてのおつかい」方式をとることになった。
つまり、通行人や道路工事の作業員になりすまし、子供を見守るのである。

もちろん学校にも、用務員になりすましたSPが配備され、あらゆる場所で子供たちは守られている。

*************

「あなた、太郎は無事に学校に着いたらしいわ。今ケイタイにメールが来たわ」

「子供過保護法が出来てから子供の事故が減ってるみたいだな」

「そうなの。本当に助かるわ。ねえあなた、今度ゆっくり旅行でも行かない?」

「そうだな。まとまった休みがとれたら、海外にでも行くか」

「いいわね」

「だけど太郎は学校休めないだろう」

「太郎は大丈夫よ。だってよその大人が見ていてくれるもの」

「それもそうだな」

子供過保護法は、大人も過保護にしていた。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

鳩山家のこいのぼり [風刺]

「お父さん、風、吹かないね」
「そうだな、風、吹かないな」
「風、吹かないわね」

そんな会話をしているのは、こいのぼりの親子だ。
風がないので、だらんと、だらしなく垂れ下がっている。

「去年の秋には、いい風が吹いていたのにね」
「レイホウさんのおかげで、勢いがあったよね」
「あなたのせいじゃないわ。問題が多すぎるのよ」

「このままでは、他のこいのぼりと交代させられてしまうな」
「お父さん、がんばって!」

「あら?あなた、向こうに新しいこいのぼりが…!」
「ホントだ。ええと…立ち上がれ日本って書いてある」
「新しい割には勢いがないな」
「本当ね。もうくたびれてる感じね」

「あんなやつに負けてたまるか!」
「お父さん、その意気だよ!」
「あなたステキ!」

鳩山家のこいのぼりに、五月の風は吹くのでしょうか。
こいのぼり.JPG

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村