So-net無料ブログ作成

ペンギンデート [公募]

あの日と同じような服を選んだ。黒いコートに白いマフラー。
服装は同じでも、体型はあの頃とは似ても似つかない。
すっかり年をとってしまった。

「50年後に、ペンギンの前で逢いましょう」
なんて不確かな、なんて頼りない約束だろう。50年前、気が遠くなるような約束をした佐伯が来る気配はない。
動物園の閉園時間が近づき、冷たい風が通り過ぎた。

佐伯は、夫の同僚だった。
親の勧めで結婚した夫は、無口で思いやりに欠ける人だった。
飲み会の後はいつも同僚を連れてきて、酒やつまみを用意させられた。
新婚生活は苦痛の方が多く感じた。

そんな私に、唯一優しく接してくれたのが佐伯だった。佐伯はいつも私を気遣ってくれた。
台所に顔を出しては、「いつもすみません。料理を運びましょう」と手伝ってくれた。
「男が台所に入るものじゃないわ」と言うと、「奥さん古いなあ。これからは女性の時代ですよ」とさわやかに笑った。
おそらくこのとき、不覚にも私は恋に落ちたのだと思う。
佐伯が来るのを心待ちにしている自分に戸惑い、必死に否定してみたけれど想いは募るばかりだった。
もちろん誰にも知られてはいけない秘密の想いだ。
胸の奥に閉じ込めて決して開けてはいけない。
そんな日々が半年ほど続いた。佐伯はいつも優しかった。
後片付けを手伝ってくれたり、酔いつぶれた夫を布団に運んでくれた。
そのあとは、酔い覚ましのコーヒーを飲みながら楽しいおしゃべり。
その時間は、私にとって宝物だった。

しかしそんな輝く時間は、ある日突然消えた。佐伯が東京を離れることになったのだ。
「九州へ転勤になったそうだ。自分から志願したらしい」
夫の言葉に、私は動揺した。
「どうして? 佐伯さん、実家も関東なのに」
「さあ、東京を離れたい理由があるんだろう」
何かを含んだような言い方だった。夫は気づいているのか。
それならば、佐伯も私の気持ちを知って離れて行くのか。
胸が苦しくなり、気づけば「外で会ってほしい」と佐伯に電話をしていた。

私たちが一度だけデートをしたのは、真冬の動物園だった。
ひどく寒い日で、私たちは言葉を探しながら、少し離れて歩いた。
佐伯は、ペンギンの前で立ち止まった。
「あなたはまるでペンギンのようですね。黒いコートに白いマフラー。あそこでじっとしているペンギンとそっくりですよ」
「あらいやだ。私、あんなずんぐりじゃないわ」
私たちは笑いながら、少しだけ寄り添った。
「僕はこの先誰かと出会い、いつか結婚するでしょう。そしてあなたは、子供を産んで母になり、素敵に年をとっていくでしょう」
「ええ、そうね」

「50年後に逢いませんか」
唐突に佐伯が言った。
「50年後? 私ずいぶんなおばあさんだわ」
「僕だっておじいさんだ。でも、そのころになれば、もう逢ってもかまわないでしょう」
穏やかな遠い目をしていた。
「いい茶飲み友達になれそうね」
「では、50年後の今日、ペンギンの前で」
佐伯はそう言って、軽く手を振った。それが彼との別れだった。
冗談みたいな儚い約束を残して、佐伯は駅へと走り去った。

佐伯が言ったように、私はやがて母になり、思いのほか子煩悩な夫と穏やかに暮らした。
平凡だけど幸せな日々に、佐伯のことも思い出さなくなっていた。
年をとって、子供が巣立ち、夫を看取った。ひとりになると、なぜだか佐伯のことを思い出した。
もう恋ではない。ただ懐かしい思い出として、私は佐伯に想いを馳せた。
そしてあの頼りない約束を思い出した。

ペンギンは、どこを見ているのだろう。遠い故郷の夢を見ているのだろうか。
寒さをこらえながら思い出に浸っている私は、本当にペンギンみたいだと、ひとりで笑った。
ふと気配を感じて振り返ると、佐伯が立っていた。
「遅くなりました」と微笑む佐伯は、あの頃のままだ。あの時と同じ服装で、同じ顔で、何も変わっていない。
「ずるいわね。あなただけ若くて」
「すみません。でも、あなたが幸せそうでよかった。ふくよかになられて、幸せな証拠だ」
「まあ、いやな人。ますますペンギンみたいって言いたいんでしょう」 
佐伯は優しく笑った。そして静かに消えた。

本当は知っていた。佐伯はおじいさんにはならなかったこと。
彼は九州に転勤した2年後に病に倒れ、そのまま逝ってしまった。
「茶飲み友達になれなかったわ」
閉園を告げる音楽が、北風に乗って聞こえてきた。
冷え切った体をさすって、のろのろと歩き出す。
明日は夫の墓参りでもしようかと、何となく思った。

*****

公募ガイド「小説虎の穴」で佳作をいただいた作品です。
今回のテーマは、「老人が主人公の話」です。
この作品、自分ではとても気に入っています。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(16)  トラックバック(1) 

nice! 7

コメント 16

サイトー

佳作入選おめでとうございます!
もうリンさんの名前を見ない月のほうが少ないぐらいですね。
発表はあと3回。無くなるのが惜しいですね。
by サイトー (2014-12-13 08:35) 

SORI

リンさんさん こんにちは
亡くなったことを知りながら、待ち合わせの場所に来て出会えたのですね。不思議で、ホッとするようなすばらしい物語です。
by SORI (2014-12-13 14:36) 

dan

またまたおでとうございます。
これは最優秀でもいいのでは.....つい思ってしまいました。
密かな想いと、たった一度のデート、五十年後の約束。
「もう恋ではないただ懐かしい思い出」すべてしっくりきます。
私もとても気に入りました。

by dan (2014-12-13 19:57) 

海野久実

入選おめでとうございます。
なるほど〜
いいおはなしですね。
物語のアイデアとしては目新しいものではないのですが、それを支えているディティールの部分がちゃんと書かれているので素晴らしい作品になっていると思います。
奇抜なアイデアよりも小説の部分を大事にしなさいと言う事でしょうか。

虎の穴、あと三回でしたかね?
調べてみると、あと二回の発表を残すのみですね。
35回と36回。
僕は出せなかったんです。
なんか書く気力がなくて、アイデアを考えてはいたものの文章にすることができませんでした。
でも、この34回には出していました。
すっかり忘れていたんですけどね。
ちょっと手を入れてブログに載せようかなあ。

新しく小説の投稿のコーナーができることを願っています。


by 海野久実 (2014-12-13 19:58) 

雫石鉄也

良かった。感動しました。
海野さんのいうとおり、目新しいアイデアではありませんが、それでも読まされてしまいました。
これは、やはり、りんさんの文章力のたまものですね。
りんさんは、文章書きとしての、基礎体力が備わっているということですね。さすがです。
by 雫石鉄也 (2014-12-15 13:50) 

さきしなのてるりん

良いなぁ。こんな歳のとり方ってありそうで、無いような。あってみたい人っているもんね。今時分どうしてるかなぁって。
by さきしなのてるりん (2014-12-15 18:04) 

家間歳和

佳作おめでとうございます。
内容はもちろんのこと、タイトルもいいですね。
ペンギンデートという老境小説っぽくないタイトル。
10作の中で一番興味を引き、読みたくなるものでした。
虎の穴は終わってしまうようですが
1/9発売号で新たな掌編小説の募集告知をする予定とのこと。
まだ『予定』なので、どんな内容(一発物? 連載物?)に
なるのか分かりませんが、ちょっと期待ですね。
by 家間歳和 (2014-12-16 10:10) 

リンさん

<サイトーさん>
ありがとうございます。
「虎の穴」は、私にとってとても勉強になりました。
終わってしまうのは、本当に残念ですね。
by リンさん (2014-12-16 17:25) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
気の遠くなるような約束ですね。
でもそんな約束も、生きていればこそ、なんですよね。
by リンさん (2014-12-16 17:41) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
danさんに気に入っていただけて嬉しいです。
この人には、ずっと佐伯を思い続けるよりも、ご主人と幸せだったことを書きたいと思いました。
そのあたりをわかって下さってありがとうございます。
by リンさん (2014-12-16 17:49) 

リンさん

<海野久実さん>
ありがとうございます。
老境小説といいながら、半分は若いころの話なので、どうかなと思っていました。
だけど選評で取り上げていただけて「読後感がよい」と書いてあったので嬉しかったです。
虎の穴、あと3回ですね。
海野さんの作品も読んでみたいです。
by リンさん (2014-12-16 17:58) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
雫石さんに褒めていただくと、木に登ってしまいそうですわ(笑)
このブログを始めたことで、本当に勉強になっています。
今後ともよろしくご指導ください^^
by リンさん (2014-12-16 18:07) 

リンさん

<さぎしなのてるりんさん>
ありがとうございます。
こんな風に年を取る人、多いんじゃないかと思うんですが、どうだろ。
50年後に逢いましょうなんて、なかなか言えませんよね^^
by リンさん (2014-12-16 18:08) 

リンさん

<家間歳和さん>
ありがとうございます。
このテーマを見たときに、動物園のペンギンの前で穏やかにたたずむ老夫婦の絵がふと浮かんだんです。
内容は違ってしまいましたが、ペンギンからストーリーを広げて行きました。

新しい小説の募集が始まるんですか。よかった。
またお互いに頑張りましょうね。
by リンさん (2014-12-16 18:12) 

たまきち

りんさん 
じわっと目にあたたかいものがにじみました。

私が選考委員なら佳作でなくて 優賞にさせていただきます。
(選考委員の方には失礼ですが (^.^;))

個人的には この前のバスジャックよりこちらに感動しました。

by たまきち (2014-12-22 05:26) 

リンさん

<たまきちさん>
ありがとうございます。
私もこの話はとても好きです(手前味噌ですが)
バスジャックも読んで下さったんですね。
ありがとう^^
ブログでの紹介もしていただいて、いつもすみません^^
by リンさん (2014-12-23 07:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1