So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ひまわり [公募]

夫の背中に、穴を見つけた。

最初はホクロだと思った。
だけど黒い小さな点は、日を増すごとに少しずつ大きくなっていく。
はっきり穴だと気づいたのは、直径が3ミリほどになったときだ。
くぼんでいる黒い空洞に、シャワーの水滴が吸い込まれて行くのを見たとき、思わず手を止めて覗き込んだ。何も見えず、ただの闇だった。

夫は半年前に事故に遭い、右手を失った。
それから私は、毎晩風呂場で夫の髪と背中を洗っている。生活はがらりと変わった。
夫はやり手の営業マンだったが、片手でも業務をこなせる部署に異動になった。
私はフルタイムの職場を辞めて、融通が利くパートで働き、左手しか使えない夫を支えた。

身体に穴があってもおかしくはない。鼻の穴、耳の穴、みんな意味があって、身体の内部と繋がっている。夫の背中の穴は、何処に繋がっているのだろう。

穴の直径が1センチになった。私は思い切って夫に言った。
「あなたの背中に穴が空いているんだけど」
「えっ? 何それ?」
私は、夫に手鏡を持たせ、合わせ鏡で背中を映した。
「何もないけど。変なこと言わないでよ」
夫が笑いながら手鏡を置いた。こんな大きな穴が、あなたには見えないの?

数日後、私は弟を家に呼んだ。自分の代わりに風呂で夫の髪と背中を洗って欲しいと頼んだ。
弟に、穴を確認してもらうためだ。
「背中に穴なんてなかったよ。……っていうかさ、あるわけないじゃん、穴なんか」
弟が、タオルで手をふきながら、揚げたての唐揚げをつまみ食いした。
「おかしいな。私は確かに見たのよ」
「姉さん、疲れてるんじゃない? だいたいさ、髪や背中、左手だけでも洗えるでしょ。食事だってさ、フォークやスプーンで食べられるものばっかり作ってさ、もっと自立させた方がいいんじゃない?」
弟が、唐揚げをもうひとつつまもうとしたところをピシャリと叩いた。
「あの人はね、新しい部署で慣れない仕事をしているの。家に帰ってきてまで無理してほしくないのよ」
弟は「ふうん」と、納得していない様子でキッチンを離れた。利き手を失くした人の気持ちなど、弟にわかるはずがない。

夫の背中の穴は、5センチに達した。肩甲骨を隠すほどの大きさだ。
中は相変わらず黒い闇で、何も見えない。
いつものように風呂場で背中を洗っていると、ヒューっという風のような音が聞こえた。
それは確かに穴の奥から聞こえる。私はそっと指を入れてみた。
力を入れたわけでもないのに、指がどんどん穴の中に入っていく。
まるで吸い込まれるように、指が、手が、そして私の体が、穴の中に入っていく。
ねっとりとした粘膜のような壁を滑り落ち、たどり着いたのはやはり闇だった。

何も見えないけれど、ここには悲しみが充満している。
ヒューっという音は、風ではなく誰かの泣き声で、呻くような嘆きの声と、やり場のない怒りに叫ぶ声。
「つらい」「せつない」「こんなはずじゃない」「死にたい」
絶望に満ちた世界。ああ、ここは、夫の心の中ではないか。
そう思ったら苦しくなって、私は声を上げてわんわん泣いた。
何もできない。髪と背中を洗うこと、食べやすい食事を作ること、それしかできない。
私は闇の中で泣き続け、いつの間にか眠っていた。

気がついたら、布団の上だった。夫が心配そうに私を見ている。
「私、どうしたの?」
「風呂場で倒れたんだ。ビックリしたよ」
「あなたが布団に運んでくれたの? 左手だけで?」
「うん。結構重かったから引きずった」
夫が笑った。この人は、いつも笑っている。
夫は思い出したように鞄から、紙を出して私に見せた。それは、ひまわりの絵だった。
「パソコンで描いたんだ。あんまり上手くないけど、味があるって評判なんだ」
「へえ、すごい。いい絵だね」
「おれ、社内広報のデザイン担当になったんだ。意外とセンスがいいらしい。給料は減ったけどさ、今の部署、嫌いじゃないよ」

確かに上手くはない。花びらも歪だし、葉っぱの形もちぐはぐだ。
だけど私は、このひまわりが、世界で一番好きだ。

夫の背中の穴は、その日を境になくなった。きっと最初からなかったのだ。
私が落ちたあの闇は、夫の心の中ではない。夫を憐れむ私の心だった。
私が思うよりずっと、夫は強くて明るい人だ。

「髪と背中を洗うの、今日で最後にするね」
まずは、ここから始めよう。夫は「了解」と、ひまわりみたいに笑った。

******

公募ガイドTO-BE小説工房の落選作です。
課題は「穴」でした。割と気に入っていたので、ちょっとがっかり。
SFや奇妙な話が多いと思いましたが、最優秀作は淡々とした日常を切り取ったような話でした。
そうか~そうきたか~(笑)
優しいお話だな~と思いました。
今月の課題は「彼岸」です。この前「お盆」を書いたばかりなので、似たような話にならないように気を付けよう^^


にほんブログ村
nice!(10)  コメント(14) 

nice! 10

コメント 14

傍目八目

素敵な作品でした! なんと言うか……凄いです。
TOBEはもう充分ではないですか? 
りんさんの、もっと長めの作品を読みたいです。

by 傍目八目 (2018-06-12 21:00) 

まるこ

リンさん、こんばんは。

ダンナさんの為に一所懸命に頑張っていながら
心のどこかでダンナさんの事、“かわいそう”って
決めつけてしまっていたんですね。

ダンナさんが思ってた以上に強くて明るい人で
良かった。
でもそういう風になったのも、
奥さんがしっかり支えていたからだと思う。
これからもっと良い夫婦関係になっていきそうですね。

とっても素敵なお話で、私は好きです^^
by まるこ (2018-06-13 00:01) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
心をテーマにした不思議な物語です。ハッピーエンドまで行かないけれども、ハッピーになっていく物語はいいですね。
by SORI (2018-06-13 07:05) 

ぼんぼちぼちぼち

強いダンナさんでやすね。
見習いたいでやす(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-06-15 11:35) 

dan

夫の背中の穴がどんどん大きくなり、最後にその穴に
入れた私の指が吸い込まれて体ごとねっとりした闇の中に
落ちていく。
読みながら、体がぞくぞくしてきてああ気持ち悪い。
人の深層心理を描いているのだろうか。
最後の夫婦の会話で重苦しさから解き放たれた気分になりました。
 でも何かしら りんさん凄い。

by dan (2018-06-15 14:31) 

棗

はじめまして、こんにちは。
時々こちらにおじゃましています。

りんさんらしく、穴の描写などはよかったと思います。
でも、初期段階で展開が読めてしまうので、そこが落選の理由かな、と。
エラそうな意見でごめんなさい。

ユーモアのあるお話も、読ませるお話もとっても上手なりんさん。
次も期待しています。
by 棗 (2018-06-16 09:41) 

リンさん

<傍目八目さん>
ありがとうございます。
気に入ってたんですよ~。残念。
TO-BEは、確かにもういいかなと思うときもありますが、書くと勉強になるんですよね。
100枚以下の作品から、徐々に頑張っていきます^^

by リンさん (2018-06-19 18:40) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
相手を憐れむ気持ちって、時には残酷なこともあるのかなと思います。

これからもっともっと、いい夫婦になれるといいですね。
by リンさん (2018-06-19 18:42) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
憐れむ心が生んだ世界だったのですね。
お互いのことがわかって、きっと幸せな人生を送れることでしょう。
by リンさん (2018-06-19 18:46) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
ぼんぼちさんも、とても強くて素敵な方だと私は思います。
by リンさん (2018-06-19 18:47) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
途中、何だかホラーみたいでしたね^^
夫の強さと明るさを表わすために、ひまわりの絵を持ってきました。闇の世界と真逆なものをと思ったのです。

by リンさん (2018-06-19 18:50) 

リンさん

<棗さん>
初めまして。
コメントありがとうございます。
読んでもらえて嬉しいです。

展開読まれてしまいましたか^^;
5枚のショートだと、そのあたりが難しいところですね。
これからもよろしくお願いします。
by リンさん (2018-06-19 18:52) 

あべせつ

私もロシアの少年が刑罰として穴を掘らされるのを、看守が助ける話を書いたのですが落選でした。

入選はつくづく難しいものだと思いました。

次回の彼岸についてですが
公募ガイドのツイートでは

TO-BE小説工房の6月の課題は「彼岸」。お彼岸を連想しますが、この岸は川(三途の川かな)の岸で、彼岸は岸の向こう側。反対は此岸(しがん)で、この世です(江戸っ子は「おしがん」と言う)。理想の境地という意味もあります。あ、ニーチェに『善悪の彼岸』があります。お彼岸の話じゃないよ。ヨルモ
by あべせつ (2018-06-22 09:44) 

リンさん

<あべせつさん>
ありがとうございます。
ロシアの少年の話、ショートにするには惜しい題材ですね。
長編にしてみたらいかがですか。

彼岸の話、なるほどと思いました。
まだ書けていませんが、間に合うかな。
by リンさん (2018-06-24 15:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。