So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新盆の夜 [公募]

入道雲を従えた緑の山が、いつもよりも大きく見える。
まるで目の前に迫ってくるように見えて、真子は手を伸ばしてみた。
何だか届いてしまいそうな気がして少し怖くなる。
木の幹にしがみついたセミは、命を惜しむように鳴き続けて、猫は日陰を探しながらあくびをしている。

大好きな夏休みだけど、真子は退屈を持て余し、縁側で足をブラブラさせていた。
居間にはたくさんの親戚たちがいて居場所がない。
継ぎ足しの段違いなテーブルには、お寿司や天ぷらや、多くのご馳走が並んでいる。
赤い顔の男たちと、おしゃべりに夢中な女たち。
お母さんは台所と居間を行ったり来たりで忙しそうだし、お父さんはみんなと一緒になってビールを飲んでいる。

襖が外された奥座敷には祭壇が作られ、黒ぶちの写真の前には、たくさんのお菓子や果物が並んでいる。
「どうせ食べられないのにね」と真子はつぶやいた。
お葬式の時はみんな泣いていたのに、今日はずいぶんと賑やかだ。
真子にとって初めての新盆は、何だかとても不思議だった。

真子は、離れのおじいちゃんの部屋に行った。
おじいちゃんはこのところ体調を崩し、食事があまり摂れない。
客に気を遣わせては悪いと、自ら望んで離れの部屋にいた。
「おじいちゃん」
「おお、真子、来てくれたのか」
「おじいちゃん、ひとりで寂しくない?」
「なあに、窓を開ければみんなの賑やかな声が聞こえる。それだけで充分だ」
おじいちゃんは布団から「よっこらしょ」と起き上がった。
真子はおじいちゃんが大好きだ。仕事が忙しい両親に代わって、おじいちゃんがいつも傍にいてくれた。

真子の家は果樹園を営んでいる。夏から秋にかけて大忙しで、真子も毎年収穫を手伝った。
梨、ぶどう、栗。たくさんの人が買いに来る。インターネットでの注文もある。
お父さんはいつも汗まみれで働いていて、お母さんは笑顔で接客をしている。
だけど今年は収穫が少ないせいか、お得意様以外の注文を断っている。
お父さんは天候を恨むように空を見上げて、お母さんの顔からは笑顔が消えた。

だけど今日の新盆には、真子が大好きな果物がたくさん並んでいる。
「ねえ、おじいちゃん、果物なら食べられる?」
「うーん、どうかなあ」
「持ってきてあげようか」
「いや、お客さんに出したものだ。おじいちゃんはいらないよ」
「それなら、祭壇に上がってる果物を持ってきてあげる。どうせ誰も食べないんだもん。おじいちゃん、一緒に食べよう」
おじいちゃんは小さく笑った。
「お母さんに見つかるなよ」
「大丈夫。わたし、つまみ食いの名人だもん」
真子は、おじいちゃんにVサインをして、跳ねるように部屋を出た。

居間では、相変わらず大人たちが騒いでいた。誰も真子に気づかない。
お母さんがチラリとこちらを見たけれど、「奥さん、お醤油ある?」と声をかけられて台所に行った。
真子はその隙に、祭壇から梨とぶどうをひょいとつかんで部屋を出た。
「おじいちゃん、持ってきたよ」
真子が縁側から上がり込むと、弱弱しい風に風鈴が頼りない音を立てた。
「ああ、うまそうだ」
おじいちゃんは、ぶどうをひとつ、口に入れた。皮ごと食べられるマスカット。
お母さんの提案で始めた新しい品種だ。今ではすっかり人気商品になっている。
「甘いなあ」
おじいちゃんは、ゆっくり口を動かしながら、涙を流した。
太陽が傾き始め、客たちがひとり、またひとりと帰っていく。
何人かが離れまで来て、おじいちゃんに挨拶をしていった。

客が帰ると、お父さんとお母さんは奥座敷に並んで座り、祭壇の写真に手を合わせた。
「あれ? 梨とぶどうがなくなっている」
「あら本当だ。きっとあの子が食べたのね」
「真子は食いしん坊だからな」
二人は顔を見合わせて、寂しく笑った。
「違うよ。離れのおじいちゃんに持って行ったんだよ」
背中に向かって言ったけれど、真子の声は届かない。
お父さんとお母さんには、真子の姿も見えない。

「離れのお義父さんを呼んでくるわ。今日はこっちで休んでいただきましょう」
「そうだな。今夜は三人で、真子の話でもしよう。僕たちが大好きだった真子の話を」
「そうね」
真子は少し拗ねて、「三人じゃなくて四人よ」と言ってみたけれど、やっぱり声は届かない。
新盆の夜は、静かに、ゆっくり過ぎていく。

***
公募ガイドTO-BE小説工房の落選作です。
課題は「盆」でした。
去年の夏、初めて家族の新盆を迎え、昼はとても賑やかで、夜はしんみりだったことを思い出して書きました。
ちょっと悲しい話だったな。


にほんブログ村
nice!(7)  コメント(15) 

nice! 7

コメント 15

雫石鉄也

はい。これはなかなかなショートショートです。故人はおじいさんと思わせておいて、実は。
前半の祭壇の写真がだれなのかが描写されていなかったのが良かったです。だれだろうと気になるところですが、そこはりんさんの筆力で気になりませんでした。みごとです。
by 雫石鉄也 (2018-07-10 13:27) 

SORI

リンさんさん こんばんは
静かに流れていく描写についつい引っ張り込まれてしまいました。真子さんの初盆だったのですね。でも不思議と自然に心地よく物語が伝わってきました。
by SORI (2018-07-11 22:20) 

雫石鉄也

このコメント欄で、当該作品のネタばれなコメントを時々、みかけます。
この作品の場合、だれの初盆であったかが重要なポイントです。それをばらすようなコメントはひかえるべきだと、私は考えます。
コメントを先に読んで本文を読む方もおられましょう。そうすると本文を読む興趣がそがれてしまいます。
せっかくのりんさんの作品です。大切にしたいですね。
by 雫石鉄也 (2018-07-12 09:21) 

傍目八目

 あくまで私の感じ方(&りんさんがコメント承認の際に迷ったら一意見として)ですが……
 本文(作品)を読んだ上でのコメント(感想)だと思っているので、ネタばれは気になりません。作品未読の方は「あら、残念」と思うかもしれませんが、既読の方のネタばれした上での感想の方が、私は楽しいです。「そうだよね!」とか「ほう、そんな見方が」という感じで。
 私は基本的にコメントする時は、作者であるりんさんに対してなので、そもそも「ネタばれ」という概念がないのかもしれません。この辺は、きっと人それぞれですね。気になるのはむしろ「自分ならこう書く」コメントなのですが……りんさんが良しとしているので、良しなのでしょう。
by 傍目八目 (2018-07-12 22:06) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
おじいちゃんが弱ったのも、果樹園の仕事を減らしているのも、そういうことだったのです。
切ないですね。

それから、コメントへのご配慮、ありがとうございます。
傍目八目さんが書かれているように、本文を読んだ上でのコメントだと思うので、気にはなりません。
確かにコメントから読む人も、まれにいるかもしれません。
私はTO-BEの最優秀作品を読むとき、選評から読んで、内容がわかってしまったことがあります。
だけどこのブログの場合は、あまり気にせず、自由に感想を書いていただけたらと思っています。
雫石さんが私の作品を思ってくれて、本当にありがたいです。
今後ともよろしくお願いします。
by リンさん (2018-07-14 09:59) 

リンさん

< SORIさん>
ありがとうございます。
あまり暗くならないように気を付けて書きました。
お盆の頃の様子が伝わったら嬉しいです。
by リンさん (2018-07-14 10:03) 

リンさん

<傍目八目さん>
ありがとうございます。
参考になりました。
私のブログを真剣に読んでくださる方がいて、どのコメントもありがたく嬉しいです。
>自分ならこう書くコメント…確かに的外れなものもたまにありますね(笑)
そういうのも、ありがたく受け取っています。
by リンさん (2018-07-14 10:19) 

dan

新盆思い出しても悲しみがこみあげてきます。
私はかなり後の方まで真子ちゃんの新盆だと
気がつかなかったので、またやられたという感じです。
冒頭の四行好きです。するどい人はここで真子ちゃんの
新盆だと分かるのでしょうね。
穏やかな光景だけど新盆の雰囲気が感じられて素敵です。

by dan (2018-07-14 11:41) 

あべせつ

私もお盆に帰省する若い女性主人公の視点で書き、実はその女性の新盆だったというオチで投稿したのですが、落選でした。
ひょっとしたら、このオチパターンの投稿が多かったのかもしれません。

Tobeの有料添削が始まったときに、二回お願いをしたのですが、先生はいつも「ラストの意外性が命。あなたは星新一を読みなさい」と書かれていました。

星先生の作品は全巻拝読していますし、阿刀田先生のコーナーなのにと思っていましたが

今月号の阿刀田先生の選評では「筆力をかった」
先月のでは「タイトルがいい」などと
先生の選評の方が「そう来たか!」でありました(笑)
by あべせつ (2018-07-15 07:10) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
そうなんです。
冒頭の4行で、何となく匂わせてみたんです。
去年の我が家の新盆は、親戚が集まってとても賑やかでした。
賑やかな方が、故人も嬉しいかもしれませんね。
by リンさん (2018-07-15 16:27) 

リンさん

<あべせつさん>
ありがとうございます。
そうですか。
添削コースでそんなことを。
確かにショートショートと言えば星新一ですけど、最優秀に選ばれた作品は、必ずしもオチが効いている作品ではないように思います。
タイトル、筆力、意外性、きっとどれも大切なんですね。

by リンさん (2018-07-15 16:38) 

ぼんぼちぼちぼち

真子ちゃんやさしいでやすね。
もうすぐおじいちゃんも真子ちゃん側でやすね。
おっと、不謹慎な発言、失礼しやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2018-07-15 17:30) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
真子ちゃんのやさしさに、おじいちゃんの寂しさも少しは紛れましたね。

by リンさん (2018-07-16 10:51) 

まるこ

リンさん、こんばんは。

暑い夏の風景、少し慌ただしく賑やかな
お盆の様子が見えてくる前半。
そんな大人達の空間を退屈に感じ、
飛び出してきたお転婆な真子の様子が
とても愛らしく思いながら読んでいたら。。。
さすがリンさん。
このオチになるとは。
最後、ぽつりと取り残された真子と、
風鈴がチリリンってなってる場面が浮かんできました。
by まるこ (2018-07-17 21:01) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
ちょっと悲しかったですよね。
お盆だから、普通に家にいたのかな。
16日には、きっと帰ってしまうのね。
by リンさん (2018-07-19 17:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。