So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

患者が愛した男 [公募]

あの人に会えると思ったんですよ。
現世では結ばれなかったあの人と、あの世で一緒になりたかった。
だけどあの人は、迎えに来てはくれませんでした。
お花畑が見えたんです。きれいな川が流れていて、あれが恐らく、三途の川だったのでしょう。
向こう岸で手招きしたのは、あの人ではありませんでした。
白い着物を着た女の人でした。
よく見たらその人は、あの人の奥様じゃありませんか。
物凄く怖い顔で、手招きをするのです。
「早く渡っていらっしゃいな。閻魔様とかけ合って地獄に落としてもらうから」
まるで鬼のような形相なのです。私、すっかり怖くなって引き返してしまいました。
それで気がついたらこの病院のベッドの上だったというわけです。

一命をとりとめた患者は、白髪の老婆だが、仕草や話し方がどこか艶めかしい。
若いころはさぞかし美人だっただろう。点滴を替えながら、私は患者に話しかけた。
「あの人って、誰のことですか?」
「私が生涯で、唯一愛した男ですよ。もう三十年も前の話ですけどね」
「奥様がいる方だったんですね」
「そう。今でいう不倫です。でもね、看護師さん、絶対に私の方が愛されていましたよ。ええ、それは間違いないわ」
患者は、自信たっぷりに言い切った。

その患者が運ばれてきたのは、三日前のことだった。
信号待ちの交差点で心臓麻痺を起こして倒れた。
幸い人通りが多く、処置が早かったために一命を取り留めることが出来た。
物腰が柔らかく、丁寧な言葉遣いの患者に好印象を持った。
あの不倫の話を聞くまでは。

私の父は不倫をしていた。母は随分と泣いていたし、そのせいで、ひどく辛い最期を迎えた。
母は死んでも父と不倫相手を許さないだろうし、それは私も同じだ。
あの患者が、昔の不倫を美しい究極の愛だと語るたびに、吐き気が込み上げるほどの嫌悪を感じたが、ベテランナースとして普通に接した。
患者に対しては、分け隔てなく誠心誠意尽くすのが私たちの仕事だ。

患者には、身内はいなかった。誰も見舞いに来ない寂しい女だった。
「ご両親は健在なの?」
朝の血圧を測っているときに、不意に聞かれた。細い腕が微かに動いた。
「母はとっくに亡くなりました。私が十八のときです。父は三年前に、この病院で看取りました」
「ご結婚は?」
「していません。たぶん、もうしません。両親の幸せな姿を見て育たなかったから、結婚に対する夢も希望も持ったことはありません」
「そうね。愛の形って結婚だけじゃないもの。結婚にとらわれることなんてないのよ」
患者は、また三十年前の不倫のことでも思い出したのか、うっとりしたような顔つきになった。
私はさっさと血圧計を片づけて病室を後にした。これ以上話すと、爆発しそうだった。

患者の退院が決まった。
薬や、通院の予定表を持って病室に行くと、夕焼けを見ながら患者が泣いていた。
「死にたかった。どうして私、助かってしまったのでしょう」
「そんなこと言っちゃだめですよ。生きたくても生きられない人だっているんだから」
私の母のように、という言葉は呑み込んだ。

「看護師さん、私を殺してくれませんか。点滴に何かの薬を混ぜれば、きっと誰も気づかない。ねえ看護師さん、あなただって、私を殺したいでしょう?」
患者は拝むように手を合わせ、私のネームプレートに視線を移した。

ああ、やはりそうかと、私は思った。三十年前に父と不倫したあげく、私の母を刺殺した女だ。
ありふれた名前だったから確証はなかったけれど、話すうちに芽生える黒い感情の理由がやっとわかった。
この女はきっと、最初から知っていたのだ。私が、愛した男の娘であることを。

「バカじゃないの。死んでも父のところへなんか行けないわ。あなたは地獄に落ちるのよ。父が母よりあなたを愛していたなんて、本気で思ってる? ただの遊びだった、許してくれって、墓の前で泣いていたわ。私はあなたを殺さない。あなたとは違うもの」

きれいな夕陽を隠すように、カーテンをピシャリと閉めて、私は速足で病室を出た。
もう会うことはないだろう。

彼岸花が、急斜面を赤く染めている。高台の墓には、父と母が仲良く眠っている。
父が本当に愛していたのが誰だったかなんて、そんなことはどうでもいい。
私は手を合わせ、あの女が天国に行かないことだけを祈った。

*****

公募ガイド「TO-BE小説工房」の落選作です。課題は「彼岸」です。
最近は佳作にも選ばれなくなりました。
最優秀作品、面白かった。こういうのを私も書きたかったな。


にほんブログ村
nice!(10)  コメント(10) 

nice! 10

コメント 10

ぼんぼちぼちぼち

怖い話でやすね・・・・・・・ぞーーーーっ(◎o◎:
by ぼんぼちぼちぼち (2018-09-09 13:57) 

dan

公募ガイドやっぱり難しいですね。
彼岸という課題に不倫は似合わない気がするのは
私の偏見?でしょうか。



by dan (2018-09-09 17:32) 

SORI

リンさんさん こんばんは
驚きの展開でした。因縁の出会いですね。看護師さんのお母さんに三途の川で出会って戻ってきた話の出だしも感心させられました。

by SORI (2018-09-09 20:34) 

雫石鉄也

小説には、だいたい主人公がいます。一人の時もありますし、複数の主人公の場合もあります。
主人公が複数の場合と、主人公と副主人公という場合もあります。
主人公は作者のテーマを具現化するキャラなワケですね。
そして、おおむね作者は読者に、主人公に感情移入してもらうように書きますね。
この作品は患者と看護師、どちらを主人公に設定して、お書きになったのですか。
私は、この作品、患者が副主人公で、看護師が主人公と読みました。副主人公は主人公を補佐する存在です。この作品の場合、作者たるりんさんは、女の執念怨念をテーマに書きたかったわけだと私は読みました。だったら、だから患者は怨念の対象者ということで副主人公たるつとめをはたしているわけです。
ですから、この作品、小説において「主人公」をいかに造形するかの、よいお手本となっていまます。
by 雫石鉄也 (2018-09-10 14:25) 

まるこ

リンさん、こんばんは。

なかなか感想が難しいお話でした。
何となく誰も救われてない気がするからかなー。
不倫してた女性も、いつまでも昔の幻を
追ったままで、後悔してるわけでもないし。

せめて主人公の看護婦さんは
いつか自分の幸せをつかんでもらえたらなーと思います。

応募作の結果はもちろん楽しみですが、
でも私はリンさんの書く作品が大好きです。
これからも応援しています^^
by まるこ (2018-09-13 23:49) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
人間の恨みは、幽霊より怖いですね。
by リンさん (2018-09-14 13:02) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
公募ガイドは、だんだんレベルが上がってきているように感じます。
彼岸と不倫は合いませんか。
なるほど。言われてみればあまりいい取り合わせではありませんね。

by リンさん (2018-09-14 13:06) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
冒頭のシーンが最初に浮かんで、そこから話を広げたのですが、母親が追い返さなければ、この人は生きていなかったかもしれませんね。
by リンさん (2018-09-14 13:08) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
おっしゃる通り、看護師を主人公に書きました。
そのうえで、恨まれるべき患者も、実は苦しんでいることを「殺してください」という場面で表してみました。
いずれにしても悲しい話ですね。

by リンさん (2018-09-14 13:13) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
そうですね。看護師さんはきっと、強く生きていくと思います。
患者の女も、罪を償って年老いて、思い出だけが全てなんですね。
悲しいです。

まるこさん、励ましの言葉ありがとう。
何よりうれしいです。
by リンさん (2018-09-14 13:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。