So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ピンときた [公募]

不動産会社に勤める矢野詩織は、逞しい営業力で女性初の営業課長になった。
彼女の武器は高学歴でも、特別なスキルでも、魅力的な容姿でもない。
彼女の武器は、直観力だ。
「ピンときた」が詩織の口癖で、いい物件、いいオーナー、いいクライアントを一瞬で見極める力を持っていた。
詩織がピンときた客は、百パーセントの確率で商談が成立する。
逆にピンとこない客や物件からは、さっと引く。まったく無駄がないのだ。

「矢野さん、駅前で居酒屋をやりたいという知人がいるんだが、何とかならないかね。出来れば居抜きで探してくれないか」
「部長、駅前は無理ですよ。空いているテナントはないし、どの店も繁盛しているから大金を積まれても売りませんよ」
ピンとこない話は、例え部長からの依頼でもきっぱり断る。できる女に忖度はない。

部下を誘って、飲みに行くことも多い。酔うと部下は無礼講になる。
「課長の直観力はホント凄いっす。尊敬するっす。だけど何で独身なんすか? ピンとくる男、いないんすか?」
「君、その発言はセクハラよ」と軽くかわしながらも、詩織は思う。
どうして私の直観力は恋愛には効かないのかしら。
仕事ばかりで気づけば三十代半ば。そろそろピンとくる男が現れてもいいのではないかと。

抜けるような青空が広がる秋晴れの日、詩織はついに、ピンとくる男に出逢った。
詩織はその日、部下の女性社員の結婚披露宴に出席した。
「20代で結婚する」と公言していた彼女は、28歳でIT企業のエリート社員とゴールインした。
詩織は「ご祝儀を出すのは何度めかしら」などと、およそめでたくないことを考えながら、豪華な料理に舌鼓を打っていた。
ふと顔を上げると、隣のテーブルの男と目が合った。

「ピンときた」

男は、特に詩織の好みのタイプではない。
だけど直観力を信じる彼女は、彼をじっくり観察した。食べ方がきれいだ。
清潔感もある。
そして彼が新郎の先輩としてスピーチに立ったとき、この直感は間違いないと確信した。
彼は実に話が上手かった。
淀みなく、笑顔を絶やさず、品のいいユーモアで会場を沸かした。頭のいい人だ。
「後輩に先を越されてしまいました」と言っていたので、独身なのは確実。
年齢は恐らく詩織と変わらない。

彼が席に戻ると、詩織はすかさずビールを注ぎに行った。
素敵なスピーチだったことを告げ、名刺を差し出した。
「へえ、課長さんですか。若いのに凄いな」
男性の9割が言う「女性なのに凄い」という言葉を彼が言わなかったことに、詩織はますます好感を抱いた。
すると彼から、思いがけない誘いがあった。
「この後、ふたりで飲みに行きませんか」
詩織は、少し悩む振りをしながら、心の中でガッツポーズをした。

街は夕暮れ、ふたりは駅前の居酒屋でグラスを合わせた。
古民家を改装したような、なかなかしゃれた店だ。
店選びのセンスもいいと、また好感度がアップした。
「実はここ、母の店なんです。祖父母の家を改装して十年前に居酒屋にしたんです」
カウンターの奥で、老婦人が会釈した。彼の母親だ。
いきなり母親と対面だなんて、結婚も視野に入れているということか。
最低でも三3か月はお付き合いをして、仕事と家庭のバランスも考えないと。
そんな気の早いプロセスを考えていた詩織に彼が言った。

「この店を売りたいんです。出来れば居抜きで。母はもう引退するので、いい不動産屋を探していたんです。矢野さんから名刺をもらったとき、僕、ピンときたんです」

ついさっきまで結婚までのプロセスを考えていた詩織は、たちまち仕事モードになった。
部長の知人が探していた駅前の居酒屋と、条件がぴたりと一致している。
これはいける。

一カ月もしないうちに商談は成立した。
売り手からも買い手からも部長からも感謝され、いい仕事をしたと詩織は思った。
それなのに、晩秋の風がやけに心に染みるのは、ピンときて運命だと思った彼が、アドレスの交換もしないまま海外赴任になってしまったからだ。
結婚どころか、恋愛にすら発展しなかった。
けっきょく詩織の直感は、仕事にしか反応しないということだ。

年が明け、部長の知人が始めた居酒屋で、営業部の新年会が開かれた。
なかなかいい店だ。いい酒を置いている。料理も洒落ている。
何より家庭的な雰囲気が実にいい。
古民家再生プロジェクトに力を入れようかしら。詩織は腕組みをして考える。

「課長、何考えてるんすか。飲みましょうよ」
「ちょっと待って。今ピンときたの」

*****

公募ガイド「TO-BE小説工房」の落選作です。
課題は「ピン」
阿刀田先生も選評で書いていました。色んなピンがあって難しい。(題を決めるのは阿刀田先生ではありません)
本当に何を書いていいのかさっぱりでした。

11月は何かと忙しく、なかなか創作時間がとれません。
ぼちぼち書いていきますね。


にほんブログ村
nice!(7)  コメント(8) 

nice! 7

コメント 8

まるこ

リンさん
こんばんは。

どういうオチになるのかなって思って、楽しく読み進めました。

最後まで読んで思ったけど、
彼と目が合った瞬間の“ピンときた”は
結局は最初から仕事に対する“ピン”だったんですよね。
彼女は異性に対する“ピン”だと思ってたみたいだけれど(笑)
面白かったです。

これからいろいろ忙しい時期に入りますが、
またリンさんの物語を読めるのを楽しみに待っています^^
by まるこ (2018-11-11 00:24) 

dan

私はこの話面白いと思いました。仕事の出来る女性も
やっぱり恋とか結婚に期待するそれもピンと来て。

最優秀作読みました。あらゆる「ピン」がテーマなんですね。
ならリンさんの方がいいなあ。
by dan (2018-11-11 20:06) 

雫石鉄也

面白かったです。なかなか良くできたショートショートですね。
ちゃんと伏線もはってあるし、その伏線を生かしたオチ。読者の予想を半分だけすかした結末。半ひねりの結末です。みごとです。
by 雫石鉄也 (2018-11-12 13:32) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
そうなんです。詩織さんの「ピン」は、恋愛には効かないんですね。まあ、頑張っていれば、きっといつか素敵な出会いがあります^^
ちょっと落選続きですが、いい報告が出来るように頑張ります!

by リンさん (2018-11-14 15:32) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
そうなんです。いろんなピンがあって、選ぶ方も大変だったかもしれません。
danさんが審査員だったらな~(笑)
by リンさん (2018-11-14 15:34) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
「ピン」の話がなかなか浮かばなくて、締め切り直前に思いつきました。
まさに、「ピンときた」でした。
by リンさん (2018-11-14 15:40) 

ぼんぼちぼちぼち

面白かったでやす。
仕事にはピン!ときても男運のない主人公、ちょっと可哀相、、、って思っちゃいやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2018-11-21 21:33) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
頑張っていれば、いつかきっといい出会いがあるかも^^
by リンさん (2018-11-22 19:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。