So-net無料ブログ作成

置手紙 [公募]

置手紙をテーブルの上に置いた。書いているうちに泣きそうになった。

明日の朝、家を出て行く。家族が寝ている間にこっそり出て行く。
お父さん、高校まで出してくれてありがとう。
お母さん、いつもおいしいご飯をありがとう。
弟の祐介、お兄ちゃんはもう帰らないかもしれない。お父さんとお母さんを頼んだぞ。

最低限の荷物をカバンに詰めて、始発に乗るため夜明け前に家を出た。
大学受験に失敗したことを、僕はチャンスだと思った。
やっぱり僕にはダンスしかない。東京に行って、プロのダンサーになる。
去年上京したダンス仲間のサトシ先輩が、事務所に紹介してくれるという。
「東京はすげーぞ。いろんなところにチャンスが転がってる」
と興奮して言った。だから僕は自分を信じて賭けてみようと思う。

まだ薄暗い庭に、李の花が白く浮かんで見えた。満開だ。
春の花と言えば、わが家では桜ではなく李だった。
この花が、毎年僕たちに笑顔をくれた。泣かないと決めたのに、涙が出た。
でも、もう振り返らない。一張羅の革ジャンの襟を立て、駅まで一気に走った。

東京に着いたのは午前八時半で、通勤時間と重なって信じられないほどの人がいる。
サトシ先輩の住む駅まで、身動きできない超満員電車に揺られ、吐き出されるように降りた。
一息ついて、サトシ先輩に電話をかけた。
「おう、啓介。受験ダメだったって? 風のうわさで聞いた。えっ? こっちに来てる? マジか。じゃあ駅まで迎えに行く。午後からバイトだけど、カフェで茶でも飲もうぜ」

すっかり垢抜けていると思ったサトシ先輩は、あまり変わっていなかった。
先輩が住む町も静かで、駅前に小さな商店街があって、僕の町と大して変わらない。
「なに、その荷物」
先輩が、僕のボストンバッグを指さした。
「家出してきたんだ。俺、ダンサーを目指すことにした。サトシさん、前に言ってたでしょ。事務所に紹介してくれるって」
「ええ~、マジで? いやいやおまえ、親御さんが心配するだろう。今すぐ帰れ」
「なに先生みたいなこと言ってるの。俺は本気だよ。家族には、置手紙を残してきた」
「あのね、啓介君。プロのダンサーなんて、そんなに甘い世界じゃないよ」
「だってサトシさんは成功したんだろう? ステージで踊ったんだろう? 新聞の切り抜き、見せてくれたじゃないか」
「あれは、祭のイベントで、たまたま踊っただけ。そんでたまたま写真撮られて新聞に載っただけ。俺、もうダンスやってねーから」
「だって、事務所は?」
「やめたよ。みんな半端なく上手いやつばかりだ。啓介、やめとけ。おまえ程度じゃプロにはなれない。俺が保証する」
「保証するなよ」

泣きそうだった。
僕たちの中で一番上手かったサトシ先輩が通用しない世界に、飛び込む勇気はない。
結局コーヒー二杯とカルボナーラを奢ってもらって店を出た。
「ちゃんと大学行けよ。おまえは俺より頭がいいんだから」
「うん。先輩も東京で頑張って」
「あのさ、さっきから東京って言ってるけど、ここ、埼玉だから」
先輩は、笑いながら見送ってくれた。なんだ。ここは埼玉か。
やけに空いている電車の中で、一人で笑った。

家に着いたのは夕方だった。真っ赤な夕焼けが町を包んでいた。
一泊ぐらいしようと思ったけれど、結局帰ってきた。
置手紙までしたのに、東京、いや、埼玉でお茶しただけだ。

夜明け前は白く浮かび上がっていた李の花が、オレンジ色に染まっている。
「おかえり」と微笑んでいるように見える。
家の中から笑い声が聞こえた。やけに楽しそうだ。
家出した僕が、心配じゃないのか。
カラスの声に背中を押され、気まずさを纏って家に入った。

「あっ、おかえり兄ちゃん。早かったね」
「あら、二年くらい帰らないかと思ったわ」
「頭、丸めてないんだな」

家族が笑いを堪えるように言う。
テーブルの上には、僕の置手紙がある。所々赤ペンで直してある。
「啓介、誤字脱字、多すぎよ」
「僕の漢字ドリル貸そうか?」
「修行が足りんな」

家族の含み笑いが気になる。モヤモヤしながら手紙を読み返した。

『お父さん、お母さん、僕は出家します』

あっ、「家出」を「出家」と書いている。そういうことか。
だからって、笑うことないじゃないか。僕は本気だったのに。

「夕飯は、精進料理にする?」と、お母さんがまた笑った。
ひどいよ。
李の花だけが、僕を慰めて優しく揺れた。


*******

公募ガイド「TO-BE小説工房」で佳作をいただきました。
久しぶりの佳作。課題は「李」難しいですよね。
あまり身近じゃないし。
最優秀作品は、いい話でした。私には書けないな。。。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(8)  コメント(14) 

nice! 8

コメント 14

dan

 おめでとうございます!待ってました。
爽やかで優しくて温かくて、ちよっと可笑しくて素敵な作品です。
それに李の花がとてもいい感じです。私好きです。
最優秀作品是非読んでみます。









by dan (2019-02-10 11:26) 

傍目八目

 最優秀賞作品はお上手でしたけれど、りんさんの作品もまた素敵です。私は「李」書けませんでした。と言うよりも、もはや戦線離脱状態。
 継続は力なりという言葉を噛み締めております。
by 傍目八目 (2019-02-10 20:29) 

まるこ

リンさん、こんばんは。
佳作、おめでとうございます!!

人生そう甘くはないシビアさを感じさせられつつ、
どこかさわやかな感じがする終わり方がとても素敵。
これから春に向かって、啓介くんもきっと新しい何かに
出会えそうな予感です^^
by まるこ (2019-02-11 23:09) 

ぼんぼちぼちぼち

面白かったでやす!
あっし的には「ここ埼玉だから」がツボでやした。
ちなみに、西荻窪に住んでる人間は「私、吉祥寺に住んでるの」と言うことが多いでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-02-14 11:27) 

雫石鉄也

うまいですね。さすがです。
これだけの短い枚数の中に濃密なドラマを創りだしています。
それにサトシ先輩もいい人で、家出という深刻なことをアハハと笑い事ですますラストも見事です。
たいへんに後味の良い作品でした。
by 雫石鉄也 (2019-02-14 14:13) 

ymgoo73

こんにちは!
ご挨拶が遅れてしまいましたが、先日、某賞の贈呈式にて、お隣の席でご一緒させていただいた者です。
あのような馬ははじめてで、力んでおりましたので、話しかけていただいたときは、ほんとうに嬉しかったです。
ぜひレセプションも、参加したかったところです…
よければ、またお話聞かせてください。
りんさん、たくさんの作品を書かれ、入選もしているようで、憧れるばかり。
これからゆっくり味わわせていただきますね(о´v`о)
by ymgoo73 (2019-02-15 16:59) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
久しぶりの佳作でした。
やっぱり明るい話にしようと思って、ちょっとユーモラスにしてみました。

by リンさん (2019-02-15 19:17) 

リンさん

<傍目八目さん>
ありがとうございます。
最優秀、ああいうのを書かれると、まさにお手上げです。
李さんという知り合いがいるので、私もそちらで攻めてみたらよかったかな(笑)
テーマによって、全く浮かばないときってありますね。
私、今月ヤバいです。
by リンさん (2019-02-15 19:20) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
こういう家で育つ子は、きっと悪い子にはならないと思います。
がんばれ!
by リンさん (2019-02-15 19:21) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
埼玉、千葉はお隣ですから、間違えてる人多いかも^^
吉祥寺…たしかにイメージいいですね。

by リンさん (2019-02-15 19:25) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
家族は啓介のことをよくわかっているんですね。
家でしても絶対に帰ってくると信じていたのでしょう。
こういう家族って、いいですね。
by リンさん (2019-02-15 19:28) 

リンさん

<ymgoo73さん>
こちらこそ、先日はお話しできてよかったです。
ブログ読んでくれてありがとうございます。
あなたのお話読みましたよ。
すごく面白かったです。
子どもに聞かせたいお話ですね。(うちの子はもう大きいけど^^)
よかったらまたぜひ、読みに来てくださいね。
by リンさん (2019-02-15 19:32) 

SORI

リンさんさん おはようございます。
読んでいて心が温まるストーリーに感激しました。
佳作ではもったいない、いい物語です。
by SORI (2019-02-18 08:42) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
主人公は、いい家族と先輩に恵まれて、きっと素敵な将来になるでしょうね。
by リンさん (2019-02-19 17:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。