So-net無料ブログ作成

12年目のお雛さま

もうすぐひな祭りだけど、お雛さまは飾っていない。
お父さんは仕事だし、お姉ちゃんは受験だし、お母さんは、もういない。
お母さんは去年、天国に行っちゃった。
わたしは鍵っ子。寂しいけど、口には出さない。
お父さんもお姉ちゃんも、頑張っているんだもん。

誰もいない部屋に「ただいま」って言った。
あれ? お雛さまが飾ってある。いったい誰が?
「おかえり。ああ、疲れた。7段はきついわ~」
振り向くと、お母さんがソファーで横になっていた。
「だから3段飾りでよかったのに、おじいちゃんが張り切るから」

「お母さん、どうしたの? 何でいるの?」
「お母さんね、生きてる時の行いがよかったから、2回だけ帰還できるのよ。ほんの数時間だけどね」
「ええ、そんな貴重な時間を、お雛さまを飾ることに使っちゃったの? もったいないよ。お母さんってさ、生きてる時から計画性がゼロだったよね」
「まあ、相変わらずキツイ子ね。もっと喜びなさいよ」
わたしたちは、声を出して笑った。
そういえば、お母さんがいたときは、いつも笑っていたな。

「このお雛さまはね、お母さんのお雛さまよ。お母さんが生まれたとき、おじいちゃんが買ってきたの。2LKの社宅に7段飾りよ。私に計画性がないのは、おじいちゃん譲りね」
わたしの家には、お雛さまを飾る部屋がある。
毎年、お母さんとお姉ちゃんとわたしで飾っていた。
「天国でね、おじいちゃんに言われたのよ。おまえがこっちに来ちゃったら、誰がお雛さまを飾るんだってね。お雛さまがかわいそうだって言うのよ」
おいおい、孫よりお雛さまかい。
わたしは、ちょっと空気の読めないとぼけたおじいちゃんを思い出して、思わず苦笑いした。

「来年からは飾ってね。あなたは中学生、お姉ちゃんは高校生になるんだから」
「わかった。わかったから、あとの1回は有効に使ってよね」
「うん、もう決めてる。二人が結婚して家を出た後、寂しいお父さんを慰めに来るの」
「えー、じゃあ、もう逢えないの?」
「大丈夫。いつも見守っているから」
「寂しいよ」
「お父さんとお姉ちゃんに、ちゃんと甘えなさい。大人ぶってるけど、まだ12歳なんだから」
ポロポロ涙が出た。お母さんが、わたしの髪をくしゃくしゃに撫でた。
「もう、やめてよ」
「あはは、じゃあね」
お母さんは消えた。夢だったのかなって思うほど、あっけなく消えた。

「あれ、お雛さまだ。あんた一人で出したの?」
帰ってきたお姉ちゃんが驚いた。
「来年は二人で飾ろうね」
お母さんに逢ったことは言わなかった。絶対悔しがるから。
帰ってきたお父さんも「おお!」と言った。
春みたいに明るくなった部屋で、久しぶりに3人でご飯を食べた。
お母さん、ありがとう。

KIMG0900.JPG
うちは7段じゃありません^^

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(8) 

nice! 7

コメント 8

まるこ

リンさん、こんばんは。

寂しさと温かさととても上手くミックスされた
物語でした。
お母さんの優しさ、感じられて。
でもその優しが感じられるほど、消えた瞬間に
グッとこみあげてくるものがある。

このお雛様はきっと代々、受け継がれていくんだろうな。

余談。。。
私はお雛様を飾れるほど家は大きくなかったので
そんなおうちがとても羨ましかった幼少期でした(笑)
by まるこ (2019-02-18 22:58) 

雫石鉄也

さすがです。たいへん良かったです。
少しウルッときました。
明るくさわやかなお話でありつつ、基調は哀しい話です。そのあんばいがすごくうまかったです。
りんさんのテクニックが冴えていました。
見事です。
by 雫石鉄也 (2019-02-19 14:23) 

SORI

リンさんさん こんばんは
自然と亡くなったお母さんとしゃべれるストーリーがすばらしいです。最後まで淡々と進んでいくのが特にいいですね。
by SORI (2019-02-21 18:23) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
私のおひな様は、紙でした。
飛び出す絵本的な7段飾りの紙のおひな様。
本物のおひな様は、大きな家でしか飾らないものだと思っていました^^
by リンさん (2019-02-24 22:50) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
お母さんは、あくまで明るくカラッとした人にしたくて、こうなりました。


by リンさん (2019-02-24 22:58) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
涙の別れだと、引きずってしまうので、あえてあっけないお別れにしました。
by リンさん (2019-02-24 23:00) 

dan

時節に合っているお話なので読む人も無理なく仲間になった
気持ちになれます。明るい、嬉しい、切ないをを共有できます。

いつも思うこと、リンさんはどんな人でもモノでもを
主人公に物語が書けることこれは才能以外の何物でもない。

「李」最優秀作品立ち読みしました。私は断然リンさんの方が
いいと確信しました。


by dan (2019-02-25 11:00) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
時節に合うものを書く方が、実は書きやすいんです^^
「李」を苗字と解釈することは、私には考えられませんでした。
今月は、ちょっと書けそうもありません。
来月頑張ります^^
by リンさん (2019-02-27 16:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。