So-net無料ブログ作成

雨の図書館

昼下がりの図書館に、雨音だけが響く。
心地よい照明と、時を刻むような音についつい眠くなる。
沙羅は、そんな眠気を振り払うように立ち上がった。
返却された本を棚に戻していると、やや乱暴な靴音が聞こえた。

カウンターに戻ると、髪の先からしずくを垂らした男が立っていた。
「雨宿り、いいっすか?」
「あ、ええ、もちろん」
沙羅が男にタオルを渡すと、洗顔後のように豪快に顔を拭き、髪のしずくを拭き取った。
「あの、やみそうにないですよ。よかったら傘をお貸ししましょうか?」
「ありがとう。でもいいや。ちょっとだけサボらせて」
「サボる?」
「朝から営業回りで疲れちゃってさ。ねえ、この本、読んでいいの?」
「はい、もちろんです」
「お勧めは?」
「好みがありますから。お好きなジャンルは何ですか?」
「うーん。漫画かな。ワンピースとかある?」
「漫画ですか。漫画はないですね」
「そっか。じゃあさ、1時間経ったら起こしてくれる?」
「はあ?」
男は、奥の椅子に座り込むと、あっという間に眠ってしまった。
「ちょっと、困るわ」
よほど疲れているのか、沙羅の声は男の寝息に消された。
「まあいいか」
図書館には、他に誰もいない。
一緒に勤務するはずの先輩は、子どもが熱を出して帰ってしまった。

利用者は来ない。ひどい雨だもの。
沙羅は、幾つかの絵本を取り出して、男の前に座った。
『100万回生きたネコ』『はらぺこあおむし』『あらしのよるに』
まるで寝ている子どもに聴かせるように、ゆっくりと読んでいった。
「100万年生きたネコがいました」
次の週末、幼児向けの読み聞かせ会がある。その練習だ。
漫画しか読まない男に聴かせるにはちょうどいい。

4冊読み終えたところで、ちょうど1時間経った。
「1時間経ちましたよ」
沙羅が声をかけると、男はゆっくり目を開けた。
「魔法かなんか使った? 目覚めがすげえ爽やかなんだけど」
「さあ?」
男は、大きく伸びをして、ネクタイを締め直した。
雨は、だいぶ小降りになっている。
「ありがとう。ここ居心地いいね。また来るよ」
「次はちゃんと本を借りてくださいね。漫画以外の」

男は、帰り際に振り返り、笑いながら言った。
「あのさ、オオカミの声は、もっとダミ声の方がいいんじゃないの」
「あら、起きていたのね」

沙羅は赤面しながら男を見送って、静寂が戻った図書館の空気を吸い込んだ。
大好きな本の匂いが、ゆっくりと入り込んでくる。
「雨の図書館も、なかなか楽しいわ」

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(6)  コメント(13) 

nice! 6

コメント 13

傍目八目

 良いお話でした。ドラマチックではないのに、ドラマが見えます。「客」は「利用者」の方がいいかも?
by 傍目八目 (2019-06-17 21:56) 

まるこ

リンさん、こんばんは。

気分が滅入る梅雨の時期に、とても爽やかな読後感。
何かほっこり。すごく良かったです。
もしかしてこの2人、恋の進展なんかあったりする?
前作に続き、キュンキュンさせられたよ^^
by まるこ (2019-06-17 23:24) 

雫石鉄也

おもしろかったです。さらっと書かれたスケッチといったところでしょうか。
こういう男女が1人づつ出てくる作品の場合、この二人が、このあとどうなるのかが気になるところです。この作品のように、雨宿りした営業マンと図書館の司書、それだけの関係で、あとはなにもなし。
で、なにもなしなら、なにもないよと、読者を安心?させなくてはなりません。男がもう二度とこの図書館には来ないのか、また、司書の沙羅が男にどういう感情を持ってるか。ラスト1行で沙羅の感情はあるていどわかるのですが。
by 雫石鉄也 (2019-06-18 14:21) 

ぼんぼちぼちぼち

あらあ、その男性、大人でやすなあ。
100万回生きた猫、残酷だけど名作でやすよね。
確かユーチューブで萩原流行さんの朗読が聴けると思いやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-06-18 20:33) 

dan

こういうの無条件に好きです。
図書館と雨と彼と彼女。ああ続きを書きたい。ふふふ。
ここで終わっているからいいのですよね。
by dan (2019-06-19 19:17) 

dan

今日街へ出たので「きりん」立ち読みしてきました。
最優秀よかったです。私では思いつきもしない内容。
でもリンさんも惜しかった。タッチの差でしたね。
実力は先生も認めているのですもの。
これからも期待しています。

by dan (2019-06-20 17:33) 

リンさん

<傍目八目さん>
ありがとうございます。
ああ、利用者でしたね。
客って書いた後、なんか違和感あったんですよね。
直しました。ありがとうございます。
by リンさん (2019-06-20 23:04) 

リンさん

<まるこさん>
ありがとうございます。
雨がふらなかったら、絶対に出逢わなそうなふたりですね。
恋に発展することを、私も願っています^^
by リンさん (2019-06-20 23:08) 

リンさん

<雫石鉄也さん>
ありがとうございます。
そうですね。
今後の展開を、読者の想像にゆだね過ぎましたか^^
この時点ではまだ何とも言えませんが、予感はある、というところです。続編が書けたらそのときに。。。

by リンさん (2019-06-20 23:21) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
100万回生きたネコは、最後が感動ですよね。
名作だと思います。
萩原流行さんの朗読、今度聴いてみます。
by リンさん (2019-06-20 23:24) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
この後の展開、お好きに考えてくださいね^^

キリンの最優秀作品は、不思議な話でしたね。
私もこういう発想はありませんでした。
とても勉強になります。

by リンさん (2019-06-20 23:30) 

SORI

リンさんさん こんにちは
ちょっと不思議な雰囲気でありながら、自然に流れていく時間を感じさせてくるのがいいですね。先を想像させてくれる余韻もすばらしいです。
by SORI (2019-06-21 16:48) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
図書館に不似合な男ですが、こんな出会いもいいかなと思いました。
by リンさん (2019-06-21 18:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。