So-net無料ブログ作成

怖い話 [ホラー]

宿泊学習の夜、みんなで輪になって、順番に怖い話をしていった。
みんなそれなりに、怖い体験をしているんだなと感心しながら聞いていた。
「おい、次はおまえの番だ」
みんな一斉に僕を見た。
「怖い話なんて出来ないよ。そんな体験ないもん」
「自分の体験じゃなくてもいいんだよ。誰かに聞いた話とか、何かあるだろう」
「うーん、じゃあ、おじさんの話をするよ」
僕はそう前置きをして、話し始めた。

僕のおじさんは、昼間はゴロゴロ寝てばかりいるんだ。そして夜になると出かける。
ろくに食事も摂らないから、痩せて青白い顔をしていて、幽霊みたいなんだ。
うちの離れに住んでいるんだけど、子どものころから「おじさんには近づくな」って言われていたから、一度も話をしたことがない。
ある夜、塾の補習で遅く帰った僕は、家の前でおじさんと鉢合わせしたんだ。
「おじさん、どこに行くの?」
僕は、思い切って話しかけた。
「飯を食いに行く。おまえも行くか?」
おじさんは、意外と普通に話しかけてきた。ママに言ったら絶対にダメって言われるから、僕は黙ってそのままおじさんについて行った。

おじさんは、赤いネオンが輝くクラブに入った。
「おじさん、ここ、子どもが入っちゃダメなところでしょ」
「大丈夫だ。おまえなら大丈夫だ」
何が大丈夫なのか分からなかったけど、おじさんに続いて店に入った。

「あら、いらっしゃい。今日はいい娘が入っているわよ」
薄暗い店で、髪の長い女の人がカウンター越しに言った。
「3日ぶりだ。さっそくいただこう。この子にも、何か飲ませてやってくれ」
「なあに? あんたの子ども?」
「兄貴の子だ。まだ目覚めていない」
「ふうん」
おじさんは、若い女と奥の部屋に入っていった。
何だか嫌な感じだった。
おじさんが、奥の部屋で何をしているのかわからないけど、きっといやらしいことだろうと思った。
来るんじゃなかったと後悔しながら、女の人が出してくれたジュースを一気に飲んだ。
それはひどく不味くて、だけど妙に気持ちがよくて、もしかしたら変な薬が入っていたのかもしれない。だからすぐに吐き出そうとしたけれど遅かった。
「ははは。最初はそんなもんさ」
女の人が笑った。
おじさんが奥の部屋から出てきた。若い女はいなかった。
ふうっとため息をつきながら、僕の隣に座った。
「おじさん、怪我してる。口から血が出てるよ」
「ああ、おれの血じゃない」
「えっ?」

おじさんは、吸血鬼だったんだよ。その店で、若い女の血を吸っていたんだ。
生血を吸わないと、生きていけないんだって。
うちの先祖に吸血鬼がいて、ごくまれに生まれてしまうらしいんだ。吸血鬼がね。

「これが僕のおじさんの話。どう? 怖かった?」
「なあんだ。作り話かよ。吸血鬼なんているわけないもんな」
「え、本当の話だよ。ほら」
僕は口を開けて、生え始めたばかりの牙を見せた。
あの夜、女の人が出してくれた人間の血を飲んで、僕はすっかり目覚めたんだ。
「ねえ、誰か血を吸わせてくれないかな。さっきからずっと我慢してるんだ」
途端にみんな、悲鳴を上げて出て行った。
僕の話、そんなに怖かった?

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(8) 

nice! 7

コメント 8

SORI

リンさんさん こんばんは
実体験の話が一番怖いですね。uys<自らが吸血鬼だったとは!
by SORI (2019-08-01 05:10) 

まるこ

リンさん、こんばんは。
ようやく少し落ち着いて、ブログを読みに来れました。

が。ジャンルがホラー。
覚悟して読みましたよ(笑)
最後はやっぱりゾゾってしましたが^^;

これまでの未読は少しずつ読んでいきまーす^^
by まるこ (2019-08-02 23:52) 

dan

私もホラーは苦手です。
馬鹿々々しいと思いながら本気で怖がっています。
映画やテレビでも見ません。
リンさんのは一応読みます。

by dan (2019-08-06 16:06) 

ぼんぼちぼちぼち

牙見せられたら、みんな一目散に逃げちゃいやすよね〜
昔のどこかの国の王様は、ほんとに美女の生き血をすすっていたとか、乳首を切り落としてそこに口をつけて、、、
by ぼんぼちぼちぼち (2019-08-07 16:14) 

リンさん

<SORIさん>
ありがとうございます。
吸血鬼話が真実だとは、誰も思わなかったでしょうね^^

by リンさん (2019-08-07 19:16) 

リンさん

<まるこさん>
お久しぶりのコメントありがとうございます。
時間があるときにまた来てね。
ホラーでゴメン^^;
by リンさん (2019-08-07 19:17) 

リンさん

<danさん>
ありがとうございます。
あまりに暑いので、怖い話を書いてみました。
苦手なのに読んでくれてありがとうございます^^
私は怖いの、嫌いじゃないです。
by リンさん (2019-08-07 19:21) 

リンさん

<ぼんぼちぼちぼちさん>
ありがとうございます。
うわー、これより怖い話ですね。
その国王、生きるために血を吸ったのか、それとも趣味なのでしょうかね^^
by リンさん (2019-08-07 19:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。