So-net無料ブログ作成

サンタクロースからの手紙 [競作]

やけに寒い夜だった。世界中の子供たちのもとに、一通の手紙が舞い下りた。
それはサンタクロースからの手紙で、子どもたちは目を輝かせた。
興奮しながら封を切り、字が読めない子は親にせがみ、ワクワクしながら手紙を読んだ。
しかし読み終わった子どもたちは、一様に顔を曇らせた。

『よい子のみなさんへ。悲しいお知らせです。
わたしはもう、ずいぶんなおじいさんです。重いプレゼントを運ぶのも、ソリに乗るのも一苦労です。プレゼントを配る気力もありません。もう引退します。ごめんね。サンタクロースより』

これには世界中が大騒ぎ。
翌朝の報道番組は、トップニュースで伝えた。
「サンタクロースが来なかったら、プレゼントはどうするんです?」
「何とか引退を思いとどまってはくれないだろうか。世界中の首脳が頼めば何とかなるのでは?」
「サンタクロースがどこに住んでいるのか、誰も知りませんよ」
「では、プレゼントは親があげることにしたらどうでしょう」
「それでは格差が生まれる。親のいない子はどうするんだ」
「宅配業者に依頼したらどうでしょう」
「コストがかかる。サンタクロースは無償だったが、依頼となるとそうはいかない」
「そんな予算は出せませんよ」

議論に議論を重ねても結論は出ず、とうとうクリスマスイブがやってきた。
街は心なしか沈んでいる。
子どもたちの顔からは、笑顔が消えた。
教会で祈っても、家族でケーキを食べても、プレゼントがもらえない悲しみは拭えない。

しかしクリスマスの朝、目覚めた子供たちの枕元には、ちゃんとプレゼントがあったのだ。
きれいにラッピングされて、子どもたちが欲しいと願ったものが置いてあった。
「わーい、サンタクロースは引退しなかったんだ!」
子どもたちは大はしゃぎ。
もちろんテレビもトップニュースでこれを伝えた。
「サンタクロースは引退していませんでした。しかも、子どもたちが欲しいと思っていたものを送ってくれたのです。なんて素晴らしい」
「サンタのサプライズだったのかな。まったく人騒がせだ」

誰よりも驚いたのは、南の島でバカンスを楽しんでいたサンタクロースだ。
「うそだろ! わしはプレゼントなど配っておらんぞ」

さてさて、プレゼントを子どもたちの枕元に置いたのは、いったい誰でしょう。
とある街頭インタビューに答えるお父さん。
「ABC放送です。子どもたちにプレゼントをあげたのは、親御さんではないかという意見も出ていますが」
「ええ?サンタクロースだろ。俺はプレゼントなんかあげてないぜ」
カメラにウインクをして笑顔で立ち去るお父さん。

お父さんか、お母さんか、おじいちゃんか、おばあちゃんか、はたまた親切な優しい他人か、誰が送ったかなんて、どうでもいい。
だって本物のサンタクロースを見た人は、誰もいないのだから。


******
毎年恒例「もぐらさんとはるさんのクリスマス」に向けて書いた作品です。
クリスマスが楽しみですね。
クリスマスパーティは、こちらです↓
http://xmas-paty.seesaa.net/


にほんブログ村
nice!(10)  コメント(6)