So-net無料ブログ作成

桜の木の下 [コメディー]

花曇りの朝、愛犬のエリザベスと散歩に出ました。
公園の桜の花が見事に咲いて、思わず足を止めました。
すると、エリザベスが木の根元に向かって吠え始めました。
ワンワンワンワン。
めったに吠えないエリザベスが、やけにワンワン吠えるのです。
もしかして、これは……
花咲かじいさんのお話が浮かびました。
犬が吠えたところを掘ったら、大判小判がごっそり出てきた話です。

私はちょうどシャベルを持っていたので、桜の木の根元を掘りました。
ここ掘れワンワン♪ と歌いながら掘りました。
さて、何が出てきたと思います?

死体……と思ったあなた、ミステリー小説の読みすぎです。
タイムカプセル……と思ったあなた、青春ドラマの見すぎです。
土の中には、瓶がありました。
アンティークのおしゃれな瓶を想像したあなた、ロマンス小説の読みすぎです。
それは、海苔の佃煮の瓶でした。
蓋が錆びついて、ラベルが剥がれた汚い瓶でした。
何とか蓋をこじ開けたら、一枚の紙が入っていました。
熱烈な恋文だと思ったあなた、恋愛ドラマの見すぎです。
未来からの手紙だと思ったあなた、SF小説の読みすぎです。
それは、一枚の宝くじでした。

これが当たって大金持ち……と思ったあなた、人生ゲームのやりすぎです。
とっくの昔に期限切れでした。
これを埋めた人の背景には、どういう物語があるのでしょう。

1、 当たって、億万長者になるのが怖くて埋めた。
2、 外れてやけになって埋めた。
3、 いたずらで盗んだ宝くじが当たってしまって、換金できずに埋めた。

「私は3番だと思うんだけど、エリザベスはどう思う?」
「ワン」
「えっ、1番? そうかなあ」
「ワンワン」
「2番? うーん、埋める必要なくない?」
「ワンワンワンワン」
「ええ、4番があるの? なになに?」

まあ、考えても仕方ないことなので、私はまた瓶を埋めました。
さあ、お散歩を続けましょう、エリザベス。
こんな刺激的なお散歩も、たまにはいいものですね。

しかし翌日の新聞に、私、卒倒しました。
『〇〇公園の桜の木の下に1億円』という見出しです。
記事を読んでみると、まさに私が掘った桜の木の下に、1億円の現金が埋まっていたと書いてあったのです。
嘘でしょう? 期限切れの宝くじだったわよね?
ねえ、エリザベス。

「ワンワンワンワン」
(だから4番って言ったでしょ。4番はね、瓶はただの目印。その下に、大金が埋まっているの。公園の桜はたくさんあるから、忘れないように目印を埋めたの。海苔の瓶に外れくじを入れてね。すぐにわかるように、浅く掘って土をかぶせたの。あなたが見つけたのは、その瓶だったのよ。もっと深く掘れば1億円だったのよ。せっかく教えてあげたのにね)

「さあ、エリザベス。今日もお散歩に行きましょう。いいお天気ね」
ワンワンワンワン!
(まあ、ご主人さまは幸せそうだから、別にいいか)

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(9)  コメント(10) 

配達証明(空見の日) [競作]

もぐらさんの呼びかけで始まった「空見の日」
今年でなんと9回目。
始まりは2011年でしたね。多くの人が空に想いを馳せた年でした。
いろんな地域の空が、今年も集まるのかな。

KIMG0932.JPG
ひこうき雲、見えますか

KIMG0933.JPG

KIMG0935.JPG
午後5時50分の空。日が延びたな。

小説ブログなので、短いお話を一つ。

配達証明

空に手紙を書いた。

『お父さん、どうしてる?
そちらには、友達がたくさんいて楽しいかな。まさか毎日どんちゃん騒ぎ?
こっちは相変わらずよ。
小躍りするほど嬉しいこともあれば、世界中の光を消してしまいたくなるほど嫌なこともある。
だけどそれも、生きているからこそだね。そう思えば頑張れる。
もうすぐお彼岸ね。
お父さんの好きなお酒を持ってお墓に行くから、そのときだけは降りてきて。
ほんの数分でいいからね。
私たちの元気な顔を見て、ほんの少しお酒を飲んで(少しで済むかしら)それから空に帰ってね。絶対よ。待ってるからね』

2階のベランダから手を伸ばして、まだつぼみが堅い桜の枝にくくり付けた。
空の郵便屋さんが回収するまで、どうか雨が降りませんように。

やがて桜の花が咲き、はらりはらりと舞い始める。
桜の花びらに混ざって、私の部屋に小さな紙切れが舞い落ちる。

『配達証明書:お手紙、たしかに配達しました』

天国郵便局のスタンプ付き。
よかった。ちゃんと届いたのね。
お彼岸に間に合ったかどうかはわからない。
だけどね、手を合わせている間に、お供えしたお酒が少しだけ減っていたの。
これ、私だけのヒミツ。


もぐらさんのブログはこちらです。
http://koedasu.cocolog-nifty.com/blog/
みなさんの空は、どんな空だった?

nice!(9)  コメント(8) 

妄想王子様 [男と女ストーリー]

優馬センパイの指定席は、レースのカーテンが揺れる窓際の席。
いつも難しい本を読みながら、シナモンティーを飲む。
知的な横顔に、私はいつもウットリしてしまう。
ゆっくりとした優しい時間が流れる。
お水のお代わりを持っていくと「ありがとう」と微笑む。
それだけでいい。それ以上は望まない。
だって彼は、手の届かない王子様だから。

「おいアイ子、ラーメンと餃子、一番テーブルな。ぼうっとしてんじゃねーぞ」
ああ、もうお父ちゃんったら、素敵な妄想に入ってこないでよ。
「おい、ねえちゃん。醤油ラーメンとライス大盛」
「はいはい、おじさん確かネギ抜きだよね」
「おっ、わかってんじゃねーか。さすが跡継ぎだな」
「誰が継ぐか、こんなしょぼい店」

5分前まで優雅で上品な妄想をしていた私は、ラーメン屋の娘。
油ギトギトの窓と、漫画しかない本棚。
飲み物といえばビールかウーロン茶。
水のお代わりを持っていけば、一気に飲んで「もう一杯くれ」っていう客ばかり。
ああ、私の素敵な王子さまは、こんな店には来ないだろうな。
女子高で、夜と土日は店の手伝い。どこにも出逢いなんてありゃしない。

それは土曜の昼下がり。
客も落ち着いて、休憩に入ろうと思ったら、ネギ抜きおじさんがやってきた。
「いらっしゃい。おじさん、いまごろお昼?」
「いや、ちがうんだ。ちょっとねえちゃんに頼みがあってな」
「え? なに?」
「駅前に、白薔薇っている喫茶店があるだろ。そこで息子と待ち合わせしてるんだけどさ、代わりに行ってくれねーか」
「はあ? なにそれ。自分で行きなよ」
「いや、実はさ」
おじさんは、ぽりぽり頭をかいた。

おじさんは、10年前に家族を捨てた。
当時8歳だった一人息子が、何かのきっかけで父親の消息を知り、連絡してきたのだという。
「今更、どの面下げて会えばいいんだよ。おれ、まともな服の一枚も持ってないのにさ」
おじさんは、封筒を差し出した。
「たいした額じゃないけど、小遣いだ。あいつに渡してくれないか。ねえちゃんにも、後でお礼するからさ」
「わかったよ。で、その人の名前は?」
「優しい馬と書いて、優馬だ」
うそ!私の妄想王子と同じ名前だ。もっともこのおじさんの息子がイケメンである確率は限りなく低いけどね。

私はその足で、初めて喫茶白薔薇に行った。素敵なお店だ。
明るくて落ち着いた雰囲気は、私の妄想そのものだ。
窓際の席に、その人はいた。
難しそうな本を読んで、時おり時計を気にしてうつむく。
どうしよう。何となく、私の理想に近いんだけど。
「優馬…さん?」
「はい」
顔を上げた。やだ、カッコいい。しかも彼の飲み物は、シナモンティーだ。
私はドギマギしながら事情を話して封筒を渡した。
彼はふっと笑いながら、つぶやいた。
「相変わらず気が小さいやつだな」
「そうだね。ネギも食べられないしね。大人なのに」

彼は18歳。この春から、この街の大学に通っている。
母親が再婚して、今は幸せだということを、父親に伝えたかったらしい。
ネギ抜きおじさんに、その話をしたら泣き崩れた。
そして何度もお礼を言って、缶コーヒーを1本くれた。(缶コーヒーかよ!)
「もう会うことはないけど、元気ならよかったよ」
ネギ抜きおじさんはそう言ったけれど、また会う可能性は充分高い。
だって私、別れ際にラーメンのサービス券をあげたから。

あ、ちょっと待って。この小汚いラーメン屋に白薔薇王子が来る?
やばい!やばくない?
「ねえ、お父ちゃん、この店きれいに改装しない?」
「ばか、そんな金あるか。早くラーメン運べ」

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

nice!(6)  コメント(13) 

ソラシド [公募]

日曜日の昼下がり、君がピアノを弾いている。
その横で、五歳の春香が歌を歌っている。
僕たちの可愛い娘は、少し舌足らずのあどけない声で歌う。

「ドはドーナッツのド、レはレモンのレ」
ドレミの歌だ。まるでサウンドオブミュージックみたいだ。
そういえば君の笑顔は、あの女優に少し似ている。
幸せとは、きっとこういうひと時のことをいうのだろう。
君がプロポーズを受けてくれたときが人生の最高潮だと思っていたのに、それ以上の幸せがたくさんあることを、娘の春香が教えてくれた。

「ソ」のところで、春香が急に歌をやめた。
「ねえママ、ソだけが他と違うのはなぜ?」
「えっ?」
君は怪訝な顔で春香を見た。
「ドはドーナッツ、レはレモン、ミはみんな、ファはファイト、全部音符と同じ文字から始まるのに、ソだけが違うよ」
春香は、「ソはあおいそら~」と歌った。
「ねっ、ソだけが違う言葉で始まるよ。どうしてかなあ。あとね、空は青いだけじゃないよ。赤いときも黒いときも灰色のときもあるよ。ねえ、おかしいよね」

春香は、何にでも疑問を持つ子どもだ。「なぜ? どうして?」が実に多い。
僕はそういうところが素晴らしいと思っている。とても賢い子どもだ。
君はいつも答えに迷う。さて、今日はどんなふうに応えるのだろう。
「ねえ、ねえ」とまとわりつく春香と君を、僕はニヤニヤしながら見ていた。

君は突然、両手で鍵盤を思い切り叩いた。静かな部屋に、不協和音が鳴り響いた。
「知らないわよ。どうでもいいじゃない、そんなこと!」
一瞬の静けさの後、春香が大声で泣き出した。
君はピアノを離れてソファーに座り、苛立ちとモヤモヤを抑えきれずに震えた。
僕は春香の髪を撫で、「大丈夫だよ」と言った。
「ママは少し疲れているんだよ」と。

春香は泣き止まない。重い空気が部屋中のカーテンを暗い色に染めていく。
「春香のことは僕にまかせて」
僕の声を振り払うように、君は頭を抱えた。
頷くこともなく、こめかみを抑えて耳をふさいだ。
春香の泣き声だけが四角い部屋を支配していた。

やがて日が暮れて、赤い夕焼けがレースのカーテンをミカンみたいな暖色に染めた。
「見て、ママ、お空が赤いよ」
ようやく泣き止んだ春香が、君の腕をそっとつかんだ。
本当に、きれいな夕焼けだ。泣きたくなるような、きれいな夕焼けだ。

君はようやく立ち上がり、春香の小さな手を握った。
「本当にきれいな赤い空。目に染みるわ」
「目にしみる? 何がしみるの? 痛い?」
あどけない顔で見上げる春香に、君の心が丸く溶ける。
「どこも痛くないわ。悲しいだけよ」
「きれいなのに、悲しいの?」
「きれいだから、悲しいの」

君はしゃがんで、春香と目線を合わせた。そして優しく抱き寄せた。
「それでいいよ」
僕は後ろから、そっとふたりを見守った。もう見守ることしか出来ないからね。

「パパにも見せてあげようよ」
春香が祭壇から、僕の写真を持って来た。
三人で遊園地に行ったときに撮ったものを、切り抜いて引き延ばした写真だ。
僕は笑っている。その横で、君と春香も笑っていた。
楽しかった思い出から、僕だけが切り取られてしまった。
「ほらママ、三人で見てるよ。赤いきれいなお空を、ママとパパと春香の三人で見てるよ」
「そうだね」
君が、やっと笑った。
もう大丈夫だね。僕は空へ帰るよ。

ふたたび、美しいピアノの音が聞こえた。
春香が歌う。舌足らずのあどけない声で、可愛く歌う。
「シはしあわせよ」
幸せか……。誰にも聞こえない声でつぶやいた。
君と春香の幸せを、僕はずっと祈っている。永遠に、空の上から。

KIMG0514.JPG


公募ガイド「TO-BE小説工房」で佳作をいただいた作品です。
課題は「空」でした。
今回は次点だったので、選評もいただきました。
最優秀の話も、この話も、悲しいですね。空って、悲しいのかな。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(8) 

シートベルトをしめてください [ホラー]

深夜、僕は車を走らせた。
夕方から降り出した雨が、時おり強くフロントガラスを叩く。
今日の仕事はきつかった。
早く帰って一杯やりたいものだ。

しばらく走ったところで、不意に赤いランプが点いた。
『シートベルトをしめてください』
電子音が流れた。
「おいおい、シートベルトなら、ちゃんとしてるよ」

よく見ると、それは助手席側のサインだった。
助手席側のランプが点灯している。
『シートベルトをしめてください』
電子音が流れ続ける。
「助手席には誰も乗ってないよ。いよいよイカれたか? この車」
独り言を言ってみたけれど、点滅は続く。
『シートベルトをしめてください』
何度も何度も言う。

「うるさいな。誰もいないじゃないか」
僕は左手で、助手席のシートを叩いた。
あれ? 何かが手に触れた。
やけに冷たくて、濡れている何かだ。

恐る恐る、左を見た。
対向車のライトが、やけに眩しい光を放って助手席を照らした。
女がいた。
黒い服を着た、びしょ濡れの、髪の長い女だ。
青白い顔で、僕を見ている。

『シートベルトをしめてください』
『シートベルトをしめてください』
警報の電子音が早口になった。
赤いサインが、高速で点滅する。
どうしよう、どうしよう。この女、絶対に幽霊だ。
暑くもないのに汗が流れた。ハンドルを持つ手が震える。

『シートベルトをしめてください』
『シートベルトをしめてください』
うるさい。頼むから黙ってくれ。

とりあえず、僕は震える声で、黒い服の女に言った。
「シートベルトをしめてくれませんか」
女は、ゆっくり右手を延ばし、シートベルトをガチャリとしめた。

電子音が止んだ。赤い点滅も止まった。
よかった。
そう思った途端、僕のシートベルトがするりと外れた。
黒い服の女がクスリと笑って消えた。
次の瞬間、僕の車はガードレールを突き破った。
黒い闇に落ちていく。忌々しい電子音と共に落ちていく。

『シートベルトをしめてください』
『シートベルトをしめてください』
『シートベルトをしめてください』

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
nice!(7)  コメント(8)